LA発!海外ドラマ最新情報

ロサンゼルス在住ライターが現地から最新ニュースをレポート

Vol.95 映画版「ザ・ソプラノズ」、制作の可能性は果たして...?

去年の6月にシリーズが終了して以来、映画版制作の噂が何度か出ている「ザ・ソプラノズ」だが、今度は、ドラマの中でトニーたちがたむろするバダビンのロケーションとして使われたストリップ・クラブのマネージャーが、映画版撮影を考慮して、内装を変えたりしないようにしていることを明らかにした。実際にはサテンドールという名前のストリップ・クラブのマネージャー、ニック・ダーソは、或る情報筋からの電話を受けて改修を中止したと語る。ダーソ曰く「内部の事情に詳しい人間から映画が作られる予定だということを聞いたから模様替えは止めにした。情報源を明かすわけにはいかないが、脚本を準備中だという人間から電話があったんだ」とのこと。「ザ・ソプラノズ」の映画化企画が進められているという噂について、「ザ・ソプラノズ」を放映したHBOの代理人は相変わらず全面的に否定しているが、ダーソはそれでも万一の可能性を考えて改修は先延ばしにするつもりだそうである。ダーソは「仮にこっちが模様替えしてしまった後でも、彼らがここを撮影に使いたいなら、金をかけていくらだって手を入れることができる。でも、わざわざそんなことをさせることもないだろう。待つだけ無駄かもしれないけど、とにかく待ってみようと思う」と語った。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/03/20】

Vol.94 ヘイデン・パネッティーア、初アルバムを出すことに

HEROES/ヒーローズ」の不死身のチアリーダー、 クレア・ベネットを演じているヘイデン・パネッティーアが、今年中にデビュー・アルバムを出すことになった。 現在、18歳のパネッティーアは、過去3年間、アルバム製作に取り組んできたが、先日の脚本家組合のストライキのおかげで「HEROES/ヒーローズ」も新しいエピソードを作れなくなって時間ができたので、レコーディングにかかることができたとのこと。
パネッティーアは、15歳の時にレコーディングを始め、そのうちの1曲「Try」は、映画「テラビシアにかける橋」のサウンドトラックにも使われている。
ただし、今回のアルバムは3年前に歌った曲とは違うそうで、パネッティーアも「私だって、あれからすごく成長したんだもの」とコメントしている。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/03/10】

Vol.93 イーディ・ファルコ、コメディ・ドラマに挑戦

ザ・ソプラノズ」のカーメラ役で今年の俳優組合女優賞を受賞したイーディ・ファルコが、コメディ・ドラマに主演することになった。この番組は、有料ケーブルTV局、ショータイムが制作するダーク・コメディで、題名は未定だが、ファルコはニューヨークに住む世間擦れした看護婦を演じる予定とのこと。ファルコは、「ザ・ソプラノズ」が去年の6月に本国アメリカでの放映が終了してからは、シットコム「30 Rock」にゲスト出演したりしていたが、本人は「『ザ・ソプラノズ』ではすごく上質で充実した仕事をさせてもらっていたので、その後、ワクワクするような刺激的なプロジェクトを見つけるのはとても難しい」と語っていた。成金ライフスタイルを満喫していた“極道の妻”から看護婦という最も地道な職業に就いているヒロインへ、そしてマフィアの世界を描くシリアス・ドラマからブラック・ユーモアに満ちたコメディへと飛躍・挑戦するファルコに要注目!である。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/02/20】

Vol.92 ジュリアナ・マルグリーズ、ママになる

ER 緊急救命室」のキャロル・ハサウェイこと、ジュリアナ・マルグリーズが、1月17日、弁護士の夫君、キース・リーバータール氏との間の第一子を出産した。夫妻からはベビー誕生について発表は無かったが、孫の誕生がよほど嬉しかったのか、マルグリーズの母親が自分のボイスメールの応答メッセージに「私たちに可愛い男の子が生まれました!全て順調です。彼の名前はキーラン・リンゼイ・リーバータール。詩的な名前でしょ?」という喜びの声を入れておいたものだから、芸能メディアにバレてしまった次第。マルグリーズとリーバータールは去年の11月10日にマサチューセッツで結婚式を挙げているが、逆算すると、御腹の大きい花嫁さんだった...!?とにかく、おめでとうございます。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/02/10】

Vol.91 ヘイデン・パネッティーアの新作映画での役は...?

HEROES/ヒーローズ」で不死身のチアリーダー、クレア・ベネットを演じているヘイデン・パネッティーアが、「ホーム・アローン」、「ハリー・ポッターと賢者の石」等で知られるクリス・コロンバス監督の新作映画「アイ・ラブ・ユー、べス・クーパー(原題)」に出演することになったが、なんと、またしてもチアリーダー役とのこと。パネッティーアが演じるのは、主人公である高校生の男の子が卒業生総代のスピーチで愛の告白をするチアリーダーのベス・クーパー。パネッティーアは、「HEROES/ヒーローズ」のクレアを演じる前にも「チアーズ!3」でチアリーダーを演じており、“チアリーダー女優”なんて呼ばれそう?

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/01/20】

Vol.90 「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」のポピー・モンゴメリー、ママになる

WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」のサマンサ・スペードこと、ポピー・モンゴメリーが、12月23日、ロサンゼルスで男児を出産した。モンゴメリーは未婚だが、ベビーの父親は、モンゴメリーの恋人で俳優のアダム・カウフマン。ベビーは、体重3290gの健康体で、パパの苗字をもらってジャクソン・フィリップ・カウフマンと名づけられた。モンゴメリーとカウフマンは、3年以上前、独立プロダクション作品「Between」(2005)で共演したのをきっかけに交際を続けてきている。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2008/01/10】

Vol.89 「HEROES/ヒーローズ」のアリ・ラーター、婚約

HEROES/ヒーローズ」で、多重人格に悩むシングル・マザーのニキ・サンダースを演じているアリ・ラーターが、12月中旬、長い間交際してきた恋人で俳優兼スタンダップ・コメディアンのヘイズ・マッカーサーとの婚約を発表した。マッカーサーは、主にシットコムやコメディ番組で活躍してきたが、最近では、長身でガッチリした体格を活かして、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン主演の映画「The Game Plan」にフットボール選手役で出演している。ラーターにとってもマッカーサーにとっても、これが初めての結婚になる。結婚式の日取りは未定とのこと。おめでとうございます!

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/12/22】

Vol.88 「ER 緊急救命室」、300本目のエピソードを放映

12月6日、「ER 緊急救命室」の300本目のエピソードが放映された。14年前、「ER」がデビューした際、レギュラー出演していた俳優たちは全て“退職”してしまったが、その14年間に、「ER」にゲスト出演した後に売れっ子スターになった俳優たちも少なくない。「ER」の古いエピソードを観たら、例えば、キルスティン・ダンスト、シャイア・ラブーフ、ザック・エフロン、ダコタ・ファニング、エミール・ハーシュなどといった若手スターの初々しい顔が発見できるはず。「ER」は、現在、全米プライムタイムで放映中の番組の中で最長寿番組というわけではないが(最長寿番組は「LAW&ORDER」)、エミー賞にノミネートされた回数では歴代のテレビ・ドラマの中で最多(120個)である。(うち受賞は22個)

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/12/10】

Vol.87 「アメリカのテレビ界を象徴する50人」

アメリカの芸能誌、エンターテイメント・ウィークリーが、アメリカのテレビ界を象徴する50人を選んで発表した。1位には、1962年から1992年にかけてNo.1トークショーの司会を務めたジョニー・カーソンが選ばれた。トップ10の残りは以下のとおり。
2.ルシル・ボール、3.オプラ・ウィンフリー、4.ビル・コスビー、5.ウォルター・クロンカイト、6.キャロル・バーネット、7.メアリー・タイラー・ムーア、8.ジェリー・サインフェルド、9.ホーマー・シンプソン、10.ディック・クラーク。
トップ10に選ばれた10人のうち、出演番組が現在も放映中なのは、オプラとホーマーだけというのがちょっと寂しい。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/11/22】

Vol.86 「GOSSIP GIRL」、フルシーズン放映決定

The OC」のクリエイター、ジョシュ・シュワルツの新番組"GOSSIP GIRL"が、今シーズン初のフルシーズン(9月~5月)放映決定番組になった。セシリー・フォン・ジーゲザー著の同名ベストセラー・シリーズを基にした"GOSSIP GIRL"は、ニューヨークのアッパー・イーストサイドに住むリッチなティーンエージャーたちのセレブっぽい日常を描くドラマ。シュワルツは"GOSSIP GIRL"をテレビ・ドラマに翻案するにあたり、「ニューヨークの若い世代が主人公のドラマというアイディアがすごく気に入った。ニューヨークは世界で一番エキサイティングな街だし、ティーンエージャーというのは人生で一番エキサイティングな時代だからね」と語っている。"GOSSIP GIRL"では、「The OC」でシュワルツと製作総指揮にあたったステファニー・サベージが、再びエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/11/10】

Vol.85 ブラッドリー・ウィットフォードがBBCのドラマに出演

ザ・ホワイトハウス」のジョシュ・ライマンことブラッドリー・ウィットフォードが、BBC2で放映されるミニシリーズ "Burn Up"に出演することになった。ウィットフォードにとっては初めてのイギリスのテレビ番組出演となる。"Burn Up"は、経済的成功と環境保全に対する責任という問題をめぐり、信念や思惑が衝突する石油会社の重役、環境保護運動家、政治家たちを描くドラマで、ウィットフォードは、節操に欠ける石油業界のロビイストを演じる予定とのことである。共演はネーヴ・キャンベルとルパート・ペンリー・ジョーンズら。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/10/20】

Vol.84 「ナイトライダー」、再び

1980年代の人気ドラマ「ナイトライダー」を、テレビドラマとして再登場させる企画が進行中である。企画を練ってプロデュースを手がけているのは、TVシリーズ「The OC」や映画「ボーン・アイデンティティ」、「Mr. & Mrs. スミス」の監督、ダグ・リーマン。2008年の秋に放映が予定されている2時間のパイロット・エピソードを演出することも考慮中だとか。パイロット・エピソードがうまくいけば、シリーズとして続いていくことになるそうだ。放映局はNBCで、同局は1970年代の人気ドラマ「バイオニック・ジェミー」をリメイクした「バイオニック・ウーマン」が今シーズン、好調なスタートを切ったのに気を良くしてというわけではなくて、バラエティ紙に依ると、今年の夏、公開された大作「トランスフォーマー」に触発されたところが大きいとのこと。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/10/10】

Vol.83 トム・ハンクス、JFK暗殺のドキュメンタリーをプロデュース

トム・ハンクスのプロダクション会社プレイトーン・プロダクションが、有料ケーブルTV局HBOと共同で、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件を扱ったドキュメンタリーをプロデュースすることになった。「リクレーミング・ヒストリー:ジ・アサシネーション・オブ・プレジデント・ジョン・F・ケネディ」と題されたこのドキュメンタリーは、10部構成のミニシリーズで、マンソン・ファミリーによるテート=ラ・ビアンカ殺害事件裁判で検察官を務めたヴィンセント・ブリオシ著のノンフィクションを基にしており、ブリオシが監督も務める。プレイトーンとHBOは、「フロム・ジ・アース/人類、月に立つ」や「バンド・オブ・ブラザース」など優れたシリーズを過去に共同製作した実績がある。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/09/20】

Vol.82 ケヴィン・スミス、「ヒーローズ:オリジンズ」を監督する

「クラークス」や「ドグマ」などの監督作品で、また、最近では「ダイハード4.0」の究極オタク、ワーロックを演じていたケヴィン・スミスが、超人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」のスピンオフ"HEROES: Origins"の初回エピソードを監督することになった。折りしもアメコミの大手出版社DCコミックスが、「HEROES/ヒーローズ」のグラフィック・ノベル化を検討中であることを、つい先日、発表したばかりで、自他称ともにアメコミ・オタクのスミスは、"HEROES: Origins"の監督には最適の人選である。
"HEROES: Origins"は、オリジナル版「HEROES/ヒーローズ」が“中休み”を取る2008年の冬シーズンに放映される予定で、オリジナル版のストーリーとは交錯しない独自のストーリーを持ち、毎回、新しい“ヒーロー”=スーパー・パワーを持つ人物を紹介。そして、終了時にインターネットを通じてファン投票を行い、"HEROES: Origins"に登場した“ヒーロー”の中で最も人気の高かった人物を、2008年-2009年の「HEROES/ヒーローズ」第3シーズンに新たに参加させるという仕掛けにになっているらしい。2007年-2008年のシーズンは、「HEROES/ヒーローズ」のファンにとっては、たまらない新シーズンになりそうである。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/09/10】

Vol.81 「ザ・ソプラノズ」をネタにちゃっかり一儲け?

6月の本コラムで、「ザ・ソプラノズ」が撮影されたロケーションを周るツアーについてレポートしたが、残念ながら、その1つ、“サトリアーレの豚肉店”として使われていた建物が取り壊されることになった。オーナーのマニー・コステイラ氏は、建物のファサードに使われていた白い石のブロックを、“「ソプラノズ」に出て来たサトリアーレの豚肉店の記念品”として証明書付きで1個25ドル~50ドルにてインターネットで発売する予定だとか。また、コステイラ氏は、その跡地にアパートを建てることを計画しているが、そのアパートにも「ザ・ソプラノ」という名前を付けるつもりだそうだ。「ザ・ソプラノズ」に敬意を払っているのか、人気ドラマをネタにちゃっかり一儲けということなのか。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/08/20】

Vol.80 全米TV批評家協会賞発表

7月21日、ビバリーヒルズで、TV批評家協会賞が発表された。番組大賞に当たる“Program of the Year”には、「HEROES/ヒーローズ」が選ばれた。他には、「ザ・ソプラノズ」が、ドラマ賞に当たる“Outstanding Achievement in Drama”と“長期に渡り、文化的あるいは社会的なインパクトを与えた番組”に与えられる“Heritage Award”をダブル受賞したのが注目された。個人賞では、コメディ部門で、去年始まった、コメディ番組の製作舞台裏を描くシットコム"30 Rock"のアレック・ボールドウィンと、ドラマ部門で、「シックス・フィート・アンダー」のデヴィッド・フィッシャーことマイケル・C・ホールが、夜は“悪人処刑人”という裏稼業で暗躍する科学捜査員を演じた「デクスター」で、それぞれ受賞している。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/08/10】

Vol.79 フレディ・ロドリゲス、「アグリー・ベティ」に出演

シックス・フィート・アンダー」の天才エンバーマー(遺体整復師)フェデリコことフレディ・ロドリゲスが、「ベティ~愛と裏切りの秘書室」のアメリカ版である「アグリー・ベティ」に出演することになった。ロドリゲスが演じるのは、ランチ時にベティの勤めるモード誌のオフィスにサンドイッチを売りに来るジオ。ベティとヘンリーとの恋愛関係に一波紋を投げかける人物になるらしい。去年の9月から始まった「アグリー・ベティ」は、高視聴率をマークしたうえ、ゴールデングローブ賞や監督組合賞など、TV賞を多数受賞。去る7月19日に発表されたばかりのエミー賞ノミネーションでも、11部門でノミネートされているクオリティの高い人気ドラマ。本国アメリカで放映された際は同様に高く評価されていた「シックス・フィート・アンダー」の後は「アグリー・ベティ」に出演することになったロドリゲス、出演作選びのセンスが光っている。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/07/22】

Vol.78 ガンドルフィーニ、ドキュメンタリーを製作

本国アメリカでは、この6月に放映が終了した「ザ・ソプラノズ」だが、主役のトニー・ソプラノを演じたジェームズ・ガンドルフィーニの次なるプロジェクトはイラク戦争を題材にしたドキュメンタリーになるそうである。「アライブ・デイ・メモリーズ:ホーム・フロム・イラク」と題されたこのドキュメンタリーは、ガンドルフィーニがイラクに赴き、戦地で負傷した10人の兵士たちに、負傷した日の記憶とそれが後の人生にどのような影響を与えたかを尋ねてインタビューした記録から成る。タイトル中の“アライブ・デイ”とは、“自分がほとんど殺されかかった日”という意味で兵士たちが使っている言い回しなのだとか。ガンドルフィーニは、インタビュアー役の他、製作総指揮も務めており、「アライブ・デイ・メモリーズ」は彼のプロダクション会社アタボーイ・フィルムズにとって最初のプロジェクトで、「ザ・ソプラノズ」を製作・放映した有料ケーブル局HBOも製作に関与しているとのこと。HBOでの放映は、9月9日を予定しているそうである。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/07/12】

Vol.77 「The OC」ママ、玉の輿に乗る

The OC」で、セス(アダム・ブロディ)の母親でサンディ・コーエン(ピーター・ギャラガー)の妻、キルスティンを演じているケリー・ローワンが、カナダで最もリッチな男として知られるデヴィッド・トムソンと婚約した。トムソンは、フォーブス誌による世界の富豪のNo.10にもランクされ、資産は220億ドルと言われているほどの金持ちで、彼の出版コングロマリット、トムソン・コーポレーションは、先日もロンドンを本拠にするロイター・グループを170億ドルで買収したばかり。自身もカナダ人であるローワンは、去年、トロントでの仕事をしている際にトムソンと出逢ったとのことだが、41歳にして初婚のローワンに対し、トムソンにとってはこれが3度目の結婚で、既に3人の子供が居る。おめでとうございます。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/06/22】

Vol.76 “「ザ・ソプラノズ」ツアー”はいかが?

ザ・ソプラノズ」のロケ撮影に使われた場所が、“観光地化”しているらしい。まず、ソプラノ一家の“本部”的存在であるストリップ・クラブ、バタビン。実際にはサテン・ドールという名前のゴーゴー・バーなのだが、ニューヨークあたりからバスで乗りつけて来る団体ツアー客などは、“サテン・ドール”という名前が入っていてもマッチやコースター、ナプキンなどを全て持ち帰ってしまうので、スタッフは団体ツアー客が来るという情報が入ると、“記念品”にされてしまうような物はしまいこむとか。逆に、「ザ・ソプラノズ」のおかげで商売が繁盛しているのは、タイトルバックに登場するピザ屋ピザランド。ピザランドは、ドラマ本編の中では全く登場しないのだが、番組が始まって以来、テキサスからフロリダ、カリフォルニア等、アメリカ全国の番組のファンからピザの注文が相次いでいるとのこと。一方、番組の中には登場するが、現実には存在しないのは、日中、トニー・ソプラノたちがたむろしていることが多いサトリアーレの豚肉店。店の看板も屋根に乗っかっている豚も撮影用に後付けされたものだそうである。また、トニーの自宅も、高級住宅地ノースコードウェルに在る実際の家が使われているのは外部だけで、インテリアは映画スタジオに建てられたセットである。それでも、“サトリアーレの店”も“トニー・ソプラノ邸”も訪問者が絶えないとか。お隣のニューヨークとは対照的に、観光とはあまり縁の無いニュージャージー州に新たな観光名所が誕生したようである。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/06/10】

Vol.75 ドレア・ド・マッテオ、御懐妊

ザ・ソプラノズ」で、トニー・ソプラノの甥クリス・モルティサンティの恋人、アドリアーナ・ラセルヴァを演じているドレア・ド・マッテオが、現在、妊娠中であることを明かした。ド・マッテオは、ミュージシャンの恋人シューター・ジェニングスの子供を妊娠していることを公表する気は無かったが、ニューヨークのマタニティ・ストア、ヴェロニク・マタニティがニューヨーク・ポスト紙にド・マッテオが店を訪れたことを密告してしまったため、やむなく公表することにしたという。ド・マッテオの代理人は「このニュースを公表した唯一の理由は、マディソン・アヴェニューのヴェロニク・マタニティの失礼で人を見下すような態度の店員たちが新聞社に情報を漏らしたからなんです。嬉しいニュースを秘密にしておきかったら、注意することが必要ということですね」と説明している。ド・マッテオも、「買い物するならピー・イン・ザ・ポットというマタニティ・ストアの方がオススメよ。店員たちは優しいし、客の助けになってくれるし、何より嬉しいニュースをちゃんと秘密にしておいてくれるから」と付け加えている。ド・マッテオたちのベビーは今年の後半が予定日だそうである。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/05/22】

Vol.74 Dr.コバッチュ、パパになる

ER」のDr.コバッチュこと、ゴラン・ヴィシュニックとイヴァナ夫人が、4月19日にロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院で生まれた男の子を養子を迎え、ティン・ヴィシュニックと名付けたとのこと。ヴィシュニックの演じているDr.コバッチュは、クロアチア紛争で妻子を亡くしたことがキャラ設定の大きなファクターになっているためか、ヴィシュニック自身にも既に子供が居るような気がしていたが、1999年に結婚した夫妻には実子はおらず、ティン君が第一子となる。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/05/10】

Vol.73 アダム・ブロディの新作、全米公開に

The OC」のセスことアダム・ブロディが主演している映画「In the Land of Women」が全米で封切られた。失恋で心の痛手を負ったロサンゼルス在住の青年(ブロディ)が、病気の祖母の世話がてら、ミシガン州の郊外住宅地に一時的に引越すが、向かいに住む母親(メグ・ライアン)と娘2人の一家と交流することになって...というロマンティック・コメディ。全米の映画評論家による評は、誉めている評と批判している評が半々といったところのようだが、ブロディやライアンをはじめとしたキャストの演技はなかなか高く評価されているようだ。映画データベース・サイト、IMDBに寄せられたコメントを読んでも、一般の映画ファンの間でもまずまずの好評だということが判り、春先の週末にオススメのデート・ムービーといった印象を残している。

【ロサンゼルス(米) 荻原順子 2007/04/23】

荻原順子
在ロサンゼルス映画/TVライター。キネマ旬報とTVタロウにハリウッド情報コラムを連載中。

ページトップ

プライバシーマーク

[HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン] © 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [EYEWITNESS/目撃者] © 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [フォーリング スカイズ] TM & © 2013-2014 Turner Entertainment Networks, Inc. A Time Warner Company. All Rights Reserved. [新スタートレック HD版] TM & © 2017 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [地球防衛軍テラホークス] © 1983/1984 Anderson Burr Pictures Ltd | Licensed by Anderson Entertainment Ltd [LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班] © 2001-2006/2008-2010 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. © 2007 NBC Studios, Inc. and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. [LAW & ORDER: UK] © 2008-2010 Universal Studios. All rights Reserved. © 2011-2014 Universal City Studios Productions LLLP. All rights reserved. [THE BRIDGE/ブリッジ] © 2011 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2013 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2015 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved [GRIMM/グリム] © 2012-2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved. [ブラックリスト] © 2013-2017 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved. [ベター・コール・ソウル] © 2015 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved. [ザ・プレイヤー 究極のゲーム] © 2015 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [ザ・レジェンド・オブ・パイレーツ] © 2017 NBCUniversal Media, LLC® [ブラックリスト リデンプション] © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [スペース1999 HD完全版] © ITC Entertainment Group Limited 1974 [スーパーカー デジタルリマスター版] © MCMLX A.P. films limited [刑事トム・ソーン] © Sleepyhead Limited / 7282711 Canada Inc. 2010
© Scaredycat Limited / 7282931 Canada Inc. 2010 [MURDER IN THE FIRST/第1級殺人] © TNT Originals, Inc. [アクエリアス 刑事サム・ホディアック] © Tomorrow ITV Studios LLC 2014-2015 [スーパーナチュラル] [ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則] © Warner Bros. Entertainment Inc. [アフェア 情事の行方 [R15+相当]] ©2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [MACGYVER/マクガイバー] [NCIS: LA 極秘潜入捜査班] [SCORPION/スコーピオン] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [NCIS ネイビー犯罪捜査班] [NCIS: ニューオーリンズ] [エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [クリミナル・マインド] ©Touchstone Television./© ABC Studios [ケース・センシティブ 静かなる殺人] 「ケース・センシティブ 静かなる殺人:歪んだ愛」 © 2011 Hat Trick Productions Ltd
「ケース・センシティブ 静かなる殺人:不協和音」 ©Hat Trick Productions Ltd 2012 [ブレイキング・バッド] シーズン1~シーズン5:© 2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.