シーズン5 エピソード

シーズン5 第1話 希望の街(シーズン5スタート)

The Truth and Other Lies

[シリーズ通算 #88]
ノーブルの部屋で鳴り響いた3つの銃声はボスコ、ヨーカス、クルーズそれぞれの銃から発射されたものだった。その銃弾の標的は…。一方、自動車の爆破事故で大やけどを負った消防隊長のジョンソンは、鎮痛剤も効かず、助かる見込みもないまま、ヘリで他の病院へ搬送されることになる。

シーズン5 第2話 遥かなる明日(あした)

My Opening Farewell

[シリーズ通算 #89]
本部への異動が決まり、救急車常務が今日で最後という日、ドクはテイラーの死に対する罪悪感に未だ苛まれ、荒れていた。秘密工作の発覚を恐れるFBIはノーブルの死を隠蔽しようとするが、キムは真相を知ろうと躍起になる。そしてボスコは、ヨーカスが内務監査室のスケープゴートとして一切の罪をかぶることになりそうだと知り、クルーズに証言の撤回を申し出る。

シーズン5 第3話 無防備都市

Lockdown

[シリーズ通算 #90]
パトカー<55チャーリー>は不審なトラックを追跡。横転したトラックからは不法入国の中国人が数十名出てくる。一人が逃亡、残りはひとまず病院に収容されるが、そこへやって来た検事補はデイヴィスの大学時代の恋人シャロンだった。その後、中国人の中にペスト患者がいることが判明、逃亡した一人を大至急発見しなければならなくなる。

シーズン5 第4話 招かれざる客

In Lieu of Johnson

[シリーズ通算 #91]
ジョンソンの死後、隊長代理を務めているドーティだが、シミュレーション訓練中、イレギュラーな事態に対応できず叱責され、隊を率いることの難しさを痛感する。大物ラッパーのキャンディドが、CATVのリアリティ番組で海賊版撲滅を訴え、コピー工場の場所を晒し、「誰かが息の根を止めないと」と訴えかける。ボスコとモンローがそこへ行ってみると、盲目的な信者が工場に火を放っていた。

シーズン5 第5話 影との戦い

Goodbye to All That

[シリーズ通算 #92]
サリーは、昔仕事を共にし、イヤな思いをしたホルステッド判事が暗殺されそうになったのを救ったため、あろうことか彼女じきじきに、身辺警護要員として指名され怒りがおさまらない。制服を着てパトロールする毎日に嫌気がさしたクルーズは、とあるオトリ捜査に志願する。合法的な整体治療院が売春組織の隠れミノとなっているのだ。売春婦として潜入したクルーズは客を逮捕し、組織の実態を調べようとする。しかし…。

シーズン5 第6話 内なる罠

Surrender

[シリーズ通算 #93]
デイヴィスの徹夜の調査によって、ホルステッド判事を狙った爆弾事件は「アニマル」ことゲーリー・バーンズの裁判に関係があるのではないかということがわかる。アニマル側は、クルーズとボスコがドラッグ工場に飛び込んだことの不当性を訴えて無罪に持ち込もうとしていたが、警察シンパのホルステッドが裁判長ではやりにくいのだ。一方レイプ検査を終えたクルーズは、なんとかして自分の被害を伏せたまま犯人を逮捕しようと再び治療院を訪れ、意外な事実を知る。

シーズン5 第7話 正義の報酬

Payback

[シリーズ通算 #94]
証言を終え売春治療院に戻ったクルーズは、公衆風紀課のガサ入れと遭遇。かなり以前からこの治療院を摘発すべく、調べていたと知らされる。連行されてきた客の中には、クルーズを襲ったワーナーもいた。しかし警察官としてのプライドと意地から、クルーズは自分が被害者であることをどうしても言えない。一方カルロスとユージーンが負傷者の手当てをしているところに、本部からのオブザーバーとしてドクが登場。横暴な態度でユージーンにつっかかるドクに、カルロスはとまどう。

シーズン5 第8話 突然炎のごとく

Fury

[シリーズ通算 #95]
消防署の救急隊に何の前触れもなくドクが復帰、みんなを驚かせる。しかも今や救急のチーフであるキムをさしおいて現場を仕切るありさま。病院で会った救急本部のロジャースは、ドクが降格されたことを語る。「ユージーンがテイラーを殺した」と真顔で訴えたためだ。レイプ事件が一段落ついて現場に復帰したクルーズは、みんなから気を使われるのが気にくわず、イライラしている。そんな時、ゲーリー・バーンズが司法取引を希望しているという話がくる。ビューフォードの居場所を教える代わりに減刑しろというのだ。

シーズン5 第9話 ブルックリンの奇跡

A Ticket Grows in Brooklyn

[シリーズ通算 #96]
血液検査の結果、自分の骨髄を娘カイリーに移植することができないとわかり、愕然とするカルロス。ドクはカルロスの肉親を捜してみることを提案する。一方、正義漢のモンローと、なぜか規則オタクになっているボスコはお互いのやり方が気に入らず、やたらとぶつかり合う。

シーズン5 第10話 クリスマスの天使

The Spirit

[シリーズ通算 #97]
消防署に「カルロスの兄だ」と名乗る男から何度も電話がかかってくるが、前回の母親騒動で懲りたカルロスは電話に出ようともしない。ドクの元にはモラレスから赤ちゃんの写真入りのカードが届き、ますます孤独にうちのめされ、寂しいクリスマスを送ることに。モンローは甥のために大人気のオモチャ「タマネギ・オリバー」を買おうと東奔西走。とあるオモチャ屋で変質者を逮捕したことから感謝の印にオリバーをプレゼントされるが…。監督:スキップ・サダス(サリー役)

シーズン5 第11話 誰かが泣いている

A Call for Help

[シリーズ通算 #98]
「男が助けを求めている」という匿名の通報を受け、アムハーストという一角を訪れたボスコとモンロー。そこは日中ほとんどの住民が働いており、ゴーストタウン状態だった。イタズラ通報かとあきらめつつも1人の若者に質問しようとすると、「ヨンカーズから来たトミー」と名乗る若者は手に深い傷を負っていた。病院に連れて行こうと申し出るが、「母親が看護師だ」と言い張って頑なに拒むトミー。手の傷はケンカによるものだと言うが、どこでケガをしたのか聞いても埒があかない。

シーズン5 第12話 針の眼

Black and Blue

[シリーズ通算 #99]
55分署の管区内で警察官に扮したレイプ事件が続発。警察の信用が揺らぎ、街は大混乱。サリーは25年来の馴染みの制服屋店主のモーと気まずくなり、子供たちの指導に熱心なモンローは警官を怯える子供を見て胸を痛め、情緒不安定なドクは犯人に対して激怒する。そして、ドーティと復縁して幸せな日々を送っていたキムがレイプ犯の新たな標的に…。

シーズン5 第13話 灼熱への疾走

Sleeping Dogs Lie

[シリーズ通算 #100]
ドーティはついにキムにプロポーズ。幸せの絶頂にあったその日、突然消防署に現れたスティーパーという男は新任の署長だと名乗り、ドーティはブルックリンの黒人地区のレスキュー隊に異動になったと告げる。レスキュー隊に憧れていたドーティは大喜びだが、キムはかすかな不安を覚える。

シーズン5 第14話 崩壊序曲

Blessed and Bewildered

[シリーズ通算 #101]
新任署長のジャック・スティーパーはある日突然キムを呼び、救命士が消防署で待機することを禁じる。着替えの際のロッカー室使用以外は、街頭に配置するというのだ。他の分署では慣例だが、いきなりの変更に憤るキムとカルロス。ドクは分署を閉鎖するためのプロセスだと分析する。一方カルロスはハワイから来た兄のクリスチャンがニューヨークに居座っているので困惑気味。エリートの兄が救命士の仕事を見下しているかのような印象を受け、激しく反発する。

シーズン5 第15話 この世の果て

No More, Forever

[シリーズ通算 #102]
ドクは自分のアパートをきれいに掃除し、正装で消防署に行くと、いきなりスティーパーに向かって発砲。キムや消防士たちを人質に立てこもる。消防署がなくなることで市民が強いられる15分の待ち時間を、スティーパーに体験させようという理屈だった。消防署に乗り込んだサリーが声をかけてドクの射殺を回避、必死の説得をする。

シーズン5 第16話 家族の肖像(前編)

Family Ties (1)

[シリーズ通算 #103]
精神科医のブリーンはFDNYの依頼を受け、キム、カルロス、レヴィンと面接。ドクの事件が彼らの精神的にどう作用しているかを探り、ドク同様に貿易センタービルの倒壊事件が根底にあるのではと推理する。一方ボスコは弟マイキーと久々に再会。ドラッグをやめて更生したと言うマイキーにボスコは喜ぶのだが…。

シーズン5 第17話 家族の肖像(後編)

Family Ties (2)

[シリーズ通算 #104]
クルーズとデイドは、マイキーの車を止めて職務質問しようとするが、突如車内からマシンガンで銃撃され、デイドが倒れる。怒りに燃えるクルーズは、ボスコの弟マイキーを犯人と断定。クルーズのやり方を知るボスコは、自分が身柄を確保してやらないと弟の命に関わると考え、必死で捜しまわる。
ゲスト: ティム・カン「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル

シーズン5 第18話 罪の十字架

Purgatory

[シリーズ通算 #105]
自分の銃がドクの発砲事件に使われたため、停職処分を受けたモンローは、釈明の場を要求するが冷たく却下される。怒り心頭の帰り道、無理な追い越しをする2台の車に気を取られたモンローは、前を走っていた母子連れの車に追突。助手席にいた子供を死なせてしまう。消防署にはイケメン新人のハートがやってくる。元警官のハートは、クルーズと会うや否や大ゲンカとなる。どうやら過去の確執があるようだが…。

シーズン5 第19話 暗黒の饗宴

Spanking the Monkey

[シリーズ通算 #106]
マイキーからの情報により防犯課、麻薬課の両方がとあるレイブ会場に張り込むことに。そこに突然男が現れ火炎瓶を投げ込み、会場は火の海となる。放火犯はヨーカスとボスコによって捕らえられ、背後にいる人物が浮かび上がってきた。その男ジョーイ・マンを捕まえるべく、防犯課と麻薬課が張り合うが、無理なカーチェイスの結果…。
ゲスト: ティム・カン「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル

シーズン5 第20話 地獄からの眺め

In Plain View

[シリーズ通算 #107]
弟マイキーの保釈審問で証言台に立ったボスコは、味方であるはずの弁護士マーティンから捜査上の落ち度を追及され困惑する。結果的にはマイキーの釈放が実現したのだが、どうも納得いかない。そんな折り、マーティンの娘レベッカが意識不明の重傷を負う。母親ジャンの話は曖昧で、ジャンによる幼児虐待との判断が下りヨーカスが逮捕に行くが…。

シーズン5 第21話 声なき叫び

Higher Calling

[シリーズ通算 #108]
マイキーの情報提供で、続々と麻薬ディーラーを逮捕するクルーズ。弟の身を案じたボスコが派手な検挙を慎むよう頼むが、クルーズは聞く耳を持たない。そんなある日、サリーとデイヴィスがひったくり犯を逮捕した際に首なし死体を発見。胴体の他には片手の手のひらだけが残されており、指紋から死体の身元が判明するのだが…。一方消防署に美人救命士グレイスが配属される。ドーティの異動先68分署から来た彼女は、戦場のような忙しさだった前の職場を懐かしみ、55分署の面々を見下した様子。
ゲスト: ジーン・シモンズ(KISS)、ティム・カン「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル

シーズン5 第22話 怪物がめざめるとき(シーズン5最終回)

Monsters

[シリーズ通算 #109]
麻薬界の大物ドナルド・マンは、警察とのカーチェイスの末に死んだ息子ジョーイの復讐を果たすべく、ジョーイの埋葬までに関わっていた警察官すべてを殺すよう指示を出す。翌日、麻薬課と防犯課に匿名のタレコミがあり、麻薬課のウィンは波止場へ、クルーズら防犯課はとあるビルのガサ入れに向かうが、そこには爆弾が仕掛けられていた!
ゲスト:ケイト・ジャクソン(「チャーリーズ・エンジェル」)、ジーン・シモンズ、ヘンリー・ウィンクラー(「ハッピーデイズ」)、ティム・カン「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル
プライバシーマーク

[EYEWITNESS/目撃者] © 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [フォーリング スカイズ] TM & © 2013-2014 Turner Entertainment Networks, Inc. A Time Warner Company. All Rights Reserved. [新スタートレック HD版] TM & © 2017 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [地球防衛軍テラホークス] © 1983/1984 Anderson Burr Pictures Ltd | Licensed by Anderson Entertainment Ltd [LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班] © 2001-2006/2008-2010 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. © 2007 NBC Studios, Inc. and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. [LAW & ORDER: UK] © 2008-2010 Universal Studios. All rights Reserved. © 2011-2014 Universal City Studios Productions LLLP. All rights reserved. [GRIMM/グリム] © 2012-2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved. [ブラックリスト] © 2013-2017 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved. [ザ・プレイヤー 究極のゲーム] © 2015 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [ザ・レジェンド・オブ・パイレーツ] © 2017 NBCUniversal Media, LLC® [スーパーカー デジタルリマスター版] © MCMLX A.P. films limited [刑事トム・ソーン] © Sleepyhead Limited / 7282711 Canada Inc. 2010
© Scaredycat Limited / 7282931 Canada Inc. 2010 [MURDER IN THE FIRST/第1級殺人] © TNT Originals, Inc. [アクエリアス 刑事サム・ホディアック] © Tomorrow ITV Studios LLC 2014-2015 [ER 緊急救命室] [ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則] [メンタリスト] © Warner Bros. Entertainment Inc. [バトルスター・ギャラクティカ] ©2004-2008 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. ©2003 USA Cable Entertainment Development, LLC. All Rights Reserved. [レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー] ©2016 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved./©2016 "Ray Donovan" Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [アフェア 情事の行方 [R15+相当]] ©2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [MACGYVER/マクガイバー] [NCIS: LA 極秘潜入捜査班] [SCORPION/スコーピオン] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [NCIS: ニューオーリンズ] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [NCIS ネイビー犯罪捜査班] ©MMXVII CBS Studios Inc./© MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY] ©MMXVII CBS Studios Inc./©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [クリミナル・マインド] ©Touchstone Television./© ABC Studios [ケース・センシティブ 静かなる殺人] 「ケース・センシティブ 静かなる殺人:歪んだ愛」 © 2011 Hat Trick Productions Ltd
「ケース・センシティブ 静かなる殺人:不協和音」 ©Hat Trick Productions Ltd 2012