NCIS: ニューオーリンズ

全米ドラマ視聴者数ナンバーワン!
アメリカをはじめ世界各国で絶大な人気を誇る「NCIS ネイビー犯罪捜査班」の最新スピンオフ・シリーズ

NCIS: ニューオーリンズ

作品概要

全米視聴率ナンバーワン!*
アメリカをはじめ世界各国で絶大な人気を誇る「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」の最新スピンオフ・シリーズを独占日本初放送!

◆イントロダクション

アメリカはもとより、世界各国で絶大な人気を誇っている「NCIS ネイビー犯罪捜査班」。海軍犯罪捜査局(略称NCIS)の活躍を描く「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、2003年から米CBS局で放送開始以来、現在でも全米視聴率トップを争う人気番組だ。2009年にはスピンオフ「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」が登場し、こちらも大ヒットを記録中。さらに2014年、2つ目のスピンオフとして登場し、本国では現在シーズン4が放送中の人気作が「NCIS: ニューオーリンズ」である。米2014-2015年シーズンにおいて打ち切りとなった新ドラマが多い中、とりわけ人気番組を多く抱えるCBSの継続のハードルは他局よりも高い。その難関を見事にクリアした本作は、初回放送は1720万人という視聴者数を記録(7 日以内のDVR(デジタルビデオレコーダー)での録画視聴を含めると2100万人)。これは全ネットワーク局において最も高い数字であり、初回放送の記録としては「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」以来のハイスコアと記録ずくめ。さらに、2014年-2015年シーズンを通して新ドラマにおいてナンバーワン※の高い平均視聴者数を維持した。

そもそも「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、アメリカ海軍法務部の活躍を描いた人気シリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のスピンオフとして始まった。今では本家というべき「NCIS ネイビー犯罪捜査班」はワシントンD.C.を中心に、「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」はロサンゼルス、そして「NCIS: ニューオーリンズ」はルイジアナ州南部のニューオーリンズが舞台と、任務の内容やチームの規模、それぞれの土地柄の違いが出た作りで各々が人気を博している。中でも「NCIS: ニューオーリンズ」は独特の文化色が強く異文化感も面白い。もちろん、本家とスピンオフは密接な関わりを持っている点もシリーズのファンにとっては大きな魅力である。各シリーズをうまく差別化しながら、「NCIS」シリーズは一大フランチャイズを形成し、いずれも大ヒットを飛ばしている。

また、個性的なキャラクターも「NCIS」シリーズの大きな見どころのひとつ。本作のチームリーダー、ドウェイン・プライド役のスコット・バクラは、舞台出身の実力派俳優で「スタートレック エンタープライズ」のアーチャー船長役や「タイムマシーンにお願い」など、これまでも数々の人気シリーズで主演をつとめ、海外ドラマファンにはおなじみ。その他、『ワイルド・スピード』シリーズほか映画出演多数のルーカス・ブラック、「ザ・シールド ルール無用の警察バッジ」のCCH・パウンダーら若手からベテランまで芸達者が勢ぞろいして、アットホームなチームワークの中にも多様な人間ドラマを織りなしている。スタッフには、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のギブス役のマーク・ハーモンも製作総指揮として名を連ねている。

*米ニールセン調査: 2014-2015年 新作視聴率ランキング第1位

◆作品解説

2014−2015年シーズンの新番組の中でダントツのNo.1ヒットを記録!

近年、米TV界の視聴率競争はますます激化し、とりわけ新番組はシーズン2に更新されるか否かという以前に、フルシーズンの放送が決定するだけでも至難の業。そんな中、本作は初回放送の視聴者数で1720万人を記録し、7日以内のDVR(デジタルビデオレコーダー)での録画視聴の再生数を入れると2100万人まで視聴者数を伸ばした。これは昨シーズンの新ドラマの中で最も高い数字であり、ネットワーク局においては2009年の「NCIS: LA~極秘潜入捜査班」の初回放送以来のハイスコア。もちろん、話題性から初回放送だけは数字が良くても右肩下がりという番組は少なくないが、本作はその後も高い数字を維持し、米2014-2015年シーズンの新ドラマにおいてNo.1*の高い平均視聴者数を獲得している。また、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスなど諸外国でも視聴率ランキングのトップを争う好成績を収めている。「NCIS: ニューオーリンズ」は世界各国で、本家に迫る勢いの高い人気を誇っている話題の大型新シリーズなのだ。

本家「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」からも主要メンバーが登場!

本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」から主要なキャラクターがゲスト出演するのも、「NCIS」シリーズのファンにとっては見逃せない!第1話では、NCIS検視官主任ドナルド・”ダッキー”・マラード、第2話では科学捜査のスペシャリストで超個性的なアビゲイル・”アビー”・シュート、第2、3、5話にはNCIS局長のレオン・ヴァンスが顔を出している。さらに、第2話ではアンソニー・”トニー”・ディノッゾが、ペスト菌が発見された事件の捜査のためにニューオーリンズへやってくる。心なしか、プライドは年下のトニーにライバル心を燃やして張り合っている感じがするのが面白い。また、第3話で長年の友人にして同志であるリロイ・ジェスロ・ギブスとプライドが直接顔を合わせるシーンでは、NCISファンのテンションが上がること間違いなし!

ジャズや料理など、ニューオーリンズの独特で魅力的なカルチャーにも注目!

舞台となるニューオーリンズは、ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。メキシコ湾に面し、ミシシッピー川に沿った重要な港湾都市で、ニューオーリンズ支局はミシシッピー川からテキサス州北部のパンハンドル地方までを管轄している。アメリカ有数の観光地でもあるこの地は、独特の文化を持つことで知られており、本作にも登場するマルディグラ祭は、リオデジャネイロのカーニバルなどと並ぶ世界の主要カーニバルのひとつと数えられているなど国内外からの観光客がやってくる。またジャズの発祥地として名高く、ニューオーリンズ・ジャズやディキシーランド・ジャズほか各種音楽もさかんでストリート・ミュージシャンもよく画面に映る。ジャズを心から愛するプライドのピアノの腕はプロ並みで、しばしば演奏シーンが登場するし、機嫌が良いときなどはディキシーランド・ジャズの名曲「聖者が街にやってくる」などを口笛で吹いたりすることも。また、クレオール料理やケイジャン料理で有名な美食の街でもあり、プライドは料理上手でしばしば部下たちに手料理を振る舞う。ルイジアナ州を起源とするスープのガンボや、クレオール料理の四角い粉砂糖をかけた揚げ菓子として知られるベニエはルイジアナ州の公式ドーナツでなど、郷土料理に対するプライドのこだわりは相当なもの。ほかにも、ワニが生息するミシシッピー川下りのツアーやブードゥー祭り、観光客が多いフレンチ・クオーター地区など、よく知られる観光名所から生活に密着したカルチャーまで、これまでアメリカのドラマでは描かれることのなかったこの地の特徴も本作の大きな魅力となっている。

個性的なキャラクターによる息の合ったアンサンブル!

リーダーのプライドを中心に、オープンな性格で気のいいクリス、その相棒で才色兼備だが過去やプライベートは秘密主義のブロディという、ニューオーリンズ支局の中心になるメンバーはこぢんまりとした編成となっている。だが、その分コミュニケーションは密でアットホームな雰囲気。そこに、どっしりと構えた頼れる検視官ロレッタと、そのアシスタントでオタク気質のセバスチャンセバスチャンとの口喧嘩が絶えないコンピューター専門のパットンらが加わり、ニューオーリンズ支局兼プライドの住居は、いつも賑やか。よくある犯罪捜査ドラマのチーム構成に見えるが、それぞれの私生活や個性もきっちりと描かれており、他のシリーズとの差別化に成功している。プライドは生まれ育ったニューオーリンズという土地と文化、そこに住む人々を何よりも愛しているが、そこにはハリケーン・カトリーナでダメージを受けたこの地への応援メッセージが込められているようでもあり、他の登場人物たち個々のニューオーリンズへの愛もまた現実とシンクロして、視聴者はニューオーリンズを守るチームの活躍を応援したくなるのだ。

◆シーズン2の見どころ

プライド率いるNCIS ニューオーリンズ・チームに元ATF捜査官のソーニャが正式加入!

これまで潜入捜査を得意とするATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)のエージェントとして、NCISニューオリンズ支局の捜査に何度か参加していたソーニャ・パーシーは、プライドの下で働きたいと直訴して、NCIS ニューオーリンズ支局に転職。クリスにからかわれたり、新人としての洗礼もうけ、すっかりチームの仲間として馴染んでいるのだが、それまで一匹オオカミのように仕事をしてきたソーニャだけに、チームの一員として行動しなければならぬことに戸惑う一面も。
そんなソーニャについて演じるシャリータ・グラントは、「彼女はそれまで独力でやってきたのに、何をやるにも許可を得なくてはならなくなる。さらにNCISチームはすごく団結しているから、個人的な事についても打ち明けなくてはならないの。ソーニャがそうやって努力しなければならないと書かれている脚本は素晴らしいと思ったわ」と語る。また、スタントのほとんどを自分でこなしているというグラントは、「初出演のエピソードで、クリスたちから逃げ出すシーンでは、スタッフは私がちゃんと走れるかどうか、確信が無かったみたい。クリス役のルーカスも、撮影前には『加減して追いかけるからさ』なんて言ってたけど、実際に走ってみたらルーカスが追いつく前にフェンスを登りきっていたの。ルーカスはスコットたちから、『あんな小さい女の子に逃げられたのか』なんてからかわれていたわ(笑)」。
一方恋人サヴァンナを殺されてしまったクリスは、その悲しみに立ち向かうことができず、プライドらを心配させる。一方死んだ双子の姉妹エミリーの存在が明らかになったブロディだが、エミリーの死に関する不審な写真が送られてくるようになる。ブロディが長い間、心を痛めてきたエミリーの死が意外な事件につながることになるのだ。さらに、第7話には、ブロディの母親オリヴィア(演じるのは『ゴーストバスターズ』や『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』『トイ・ストーリー』のアニー・ポッツ)が登場するなど、今まであまり多くを語ろうとしなかったブロディのプライベートが明らかになるエピソードにも注目だ。

本家「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」との豪華クロスオーバー・エピソードも!

ワシントンD.C.本部と「NCIS: ニューオーリンズ」のニューオーリンズ支局の捜査官たちが、2つの都市を舞台に合同捜査を展開する、豪華クロスオーバー・エピソードも見どころのひとつ。「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン13」と「NCIS: ニューオーリンズ シーズン2」でそれぞれ「姉弟都市」と題された第12話では、アビーの弟が事件に巻き込まることになり、合同捜査が展開!

ニューオーリンズからワシントンD.C.に向かう途中で通信が途絶えた自家用機。搭乗者の生存が絶望視される中、NCIS ニューオーリンズ支局のプライド捜査官は、乗客名簿の中にNCIS ワシントンD.C.本部の科学捜査分析官アビーの弟、ルカの名前を見つける。その後、ルカの携帯からメールを受け取ったアビーは、彼の行方を捜すことに。一方、ニューオーリンズではラサール捜査官たちがルカの自宅を捜査。意外な証拠を見つけ、NCIS両局の合同捜査が始まる。ギブスマーク・ハーモンアビーポーリー・ペレットをはじめ、ダッキーデイヴィッド・マッカラム、ビショップ役エミリー・ウィッカーシャム、ジミー役ブライアン・ディーツェンが「NCIS: ニューオーリンズ」に登場する、注目のエピソードとなっている。

◆シーズン3の見どころ

ブロディに代わってFBIエージェント、グレゴリオが登場

シーズン2の終わりで、実はテロリストだった国土安全保障省エージェントと親密な仲になったことで捜査を妨害する結果を導いた責任を取ってブロディが辞職。ブロディと入れ替わるようにして、シーズン3からニューオーリンズ支局に現れるのは、FBI捜査官のタミー・グレゴリオ。シーズン3では、フェルリト演じるグレゴリオがニューオーリンズ支局のNCISチームに仲間入りしていく過程が大きな見どころとなっている。

セバスチャン、人生の転機を迎える?

本作では、登場人物の過去や私生活の一端もよく描きこまれていて、人間ドラマの部分も楽しめる作品となっているが、シーズン3では、中でもセバスチャンをめぐるドラマに要注目。シーズン3は、第1話でセバスチャンが片思いしていたブロディがチームから去ったことが明らかになり、セバスチャンはガックリ。第4話では、母親がセバスチャンに会いにニューオーリンズを訪問。セバスチャンの子供時代の話が聴けたりするが、セバスチャンはまもなく或る事件に巻き込まれる。シーズン3では、新境地を開こうとする科学オタクのセバスチャンの活躍も見逃せない。

シーズン3でも「NCIS ネイビー犯罪捜査班」とのクロスオーバー・エピソードが実現

今回のシーズン3においても、シーズン2と同様にワシントンD.C.本部とニューオーリンズ支局の捜査官が協力しあって同じ事件を捜査するクロスオーバー・エピソードが楽しめる。「NCIS: ニューオーリンズ」シーズン3 第14話「仕組まれた計画 後編」は、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」シーズン14 第15話「仕組まれた計画 前編」の続きで、ワシントンD.C.本部からトーレスとマクギーがニューオーリンズを訪れ、プライドのチームの協力を得ながら、盗まれた戦略マニュアルを追う。「仕組まれた計画 後編」のエピソード監督は、1977年にTV「ROOTS/ルーツ」のクンタ・キンテ役で大ブレイクして以来、「新スタートレック」のラフォージ役など、俳優、監督として活躍しているレヴァー・バートンがつとめている。

作品基本情報

原題 NCIS: ニューオーリンズ
NCIS: NEW ORLEANS
データ 2014年~現在米CBSにて放送中/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/HD作品
製作総指揮 マーク・ハーモン(TV「NCIS ネイビー犯罪捜査班」)、ゲイリー・グラスバーグ、ジェームズ・ヘイマン、ブラッド・カーン
出演 スコット・バクラ
ルーカス・ブラック
ゾーイ・マクラーレン
CCH・パウンダー
ロブ・カーコヴィッチ
ダリル・チル・ミッチェル
シャリータ・グラント
ヴァネッサ・フェルリト
あらすじ
企画・原案 ゲイリー・グラスバーグ

©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

ページトップ

プライバシーマーク

[HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン] © 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [EYEWITNESS/目撃者] © 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [フォーリング スカイズ] TM & © 2013-2014 Turner Entertainment Networks, Inc. A Time Warner Company. All Rights Reserved. [新スタートレック HD版] TM & © 2017 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [地球防衛軍テラホークス] © 1983/1984 Anderson Burr Pictures Ltd | Licensed by Anderson Entertainment Ltd [LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班] © 2001-2006/2008-2010 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. © 2007 NBC Studios, Inc. and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. [LAW & ORDER: UK] © 2008-2010 Universal Studios. All rights Reserved. © 2011-2014 Universal City Studios Productions LLLP. All rights reserved. [THE BRIDGE/ブリッジ] © 2011 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2013 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2015 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved [GRIMM/グリム] © 2012-2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved. [ブラックリスト] © 2013-2018 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved. [ベター・コール・ソウル] © 2015 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved. [ザ・プレイヤー 究極のゲーム] © 2015 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [ザ・レジェンド・オブ・パイレーツ] © 2017 NBCUniversal Media, LLC® [ブラックリスト リデンプション] © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [スペース1999 HD完全版] © ITC Entertainment Group Limited 1974 [スーパーカー デジタルリマスター版] © MCMLX A.P. films limited [刑事トム・ソーン] © Sleepyhead Limited / 7282711 Canada Inc. 2010
© Scaredycat Limited / 7282931 Canada Inc. 2010 [MURDER IN THE FIRST/第1級殺人] © TNT Originals, Inc. [アクエリアス 刑事サム・ホディアック] © Tomorrow ITV Studios LLC 2014-2015 [スーパーナチュラル] [ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則] © Warner Bros. Entertainment Inc. [アフェア 情事の行方 [R15+相当]] ©2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [MACGYVER/マクガイバー] [NCIS: LA 極秘潜入捜査班] [SCORPION/スコーピオン] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [NCIS ネイビー犯罪捜査班] [NCIS: ニューオーリンズ] [エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [クリミナル・マインド] ©Touchstone Television./© ABC Studios [ケース・センシティブ 静かなる殺人] 「ケース・センシティブ 静かなる殺人:歪んだ愛」 © 2011 Hat Trick Productions Ltd
「ケース・センシティブ 静かなる殺人:不協和音」 ©Hat Trick Productions Ltd 2012 [ブレイキング・バッド] シーズン1~シーズン5:© 2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.