第1シーズンエピソード

第1話「永遠への出発(たびだち)」  

GONE FOR GOODE

ボルチモア警察の殺人捜査課に、市長の警護をするスワット・チームから、ベイリス刑事が転属してくる。殺人捜査課は‘ゴッドファーザー’とあだ名されるジャデーロ警部補のもと、ベテランのボランダー、イタリア系のクロセッティ、皮肉屋のマンチ、苦労人のルイス、陽気なフェルトン、一匹狼のペンブレトン、紅一点の女性刑事ハワードなど、個性にあふれる7人の刑事が働いていた。しかし彼らは年に3百以上もの殺人事件を捜査せねばならず、新米のベイリスも、普段は単独捜査が得意なペンブレトンの相棒役を命じられる。だが強引なペンブルトンの捜査方法をめぐって、2人は早速対立してしまう。 ルイスとクロセッティのコンビは、ベッカー青年が射殺された事件を担当。どうやら犯人は彼のガールフレンド、ドリーを狙ったらしく、彼女の叔母の夫5人がすべて急死していたことを知る。叔母が保険金目的で5人を殺したのかを明らかにすべく、ルイスとクロセッティは墓地で犠牲者5人の死体を掘り起こそうとする。 ボランダーはやる気が無さそうなマンチをけしかけ、ジェニー・グッドという女性が車にひき殺された事件の捜査へ。 ハワードとフェルトンは、ある借家の地下室で死体が見つかった事件で、借家の借り主を怪しいとにらむ。
監督:バリー・レビンソン ゲスト:アレクサンダー・ゲイバーマン(TV「スピン・シティ」)

第2話「亡霊のささやき」  

A GHOST OF A CHANCE

ある未明、11歳の少女アディーナの惨殺死体が見つかる。まだ自分の机もない新米のベイリス刑事は、上司のジャデーロ警部補からチーフとして捜査の指揮を取るよう命じられる。成績優秀なペンブルトン刑事は、マニュアルを頼りにするベイリスに冷たく当たる。しかも新米刑事がチーフになったことを地元テレビが報道したせいで大騒ぎが……。 ボランダーとマンチは、高級住宅街に住むデューエン夫人から、彼女の夫トマスが倒れたとの通報を受けて同家へ。ところが倒れたはずのトマスは息を吹き返し、夫人と激しく罵りあいはじめる。只の夫婦ゲンカと見たボランダーたちが現場を離れると、再び通報が。今度は本当にトマスが死んでいた。ボランダーたちは夫人を怪しいと睨む。 ハワードとフェルトンは、アグネス・サンダースという女性が殺された事件で、容疑者のラルフに自供をさせようと躍起になる。ハワードは就寝中、枕元に現れたアグネスの霊から、凶器である銃の隠し場所を知らされ、その捜索へ。だが銃は見つからない。しかし、その日の夜、フェルトンから電話で起こされ、意外な事実を聞かされる。 結局、アディーナ事件の捜査は進まず、ベイリスは途方に暮れることに……。 監督:マーティン・キャンベル(映画「マスク・オブ・ゾロ」「007/ゴールデン・アイ」

第3話「灯火(ともしび)が揺れる夜」  

THE NIGHT OF THE DEAD LIVING

ジャデーロ警部補のチームは深夜勤務を担当する。その夜は、9月とは思えないほどの暑さで、おまけにエアコンも故障で、みんな辟易する。ただ一人ペンブルトンだけは、涼しい顔でネクタイをきちんと締め、ジャデーロを呆れさせる。フェルトンは、毎夜誰かがろうそくを灯すのを不審に思い、ルイスとともにその人物をつきとめようとする。一方、ベイリスの"アディーナ殺しの捜査は一向に進展しない…。

第4話「不運な男」  

A SON OF A GUN

クロセッティと仲の良い巡査クリス・ソーマンが撃たれた。事件は、マンチ刑事が担当。クロセッティは、仕事に私情をはさむのは良くないとするジャデーロ警部補に事件の担当者にしてほしいと懇願する。一方、ベイリスとペンブルトンは、"アディーナ殺しの証拠物件押収のため家宅捜索を行うが、9時間たっても何も発見できない。

第5話「闇の銃撃」  

A SHOT IN THE DARK

アディーナ殺しの捜査の行き詰まりは、ジャデーロ警部補のチームに強いプレッシャーとなり、ベイリスとペンブルトンは反目し合い、それぞれ別々の容疑者を捜査していた。一方、友人のソーマン巡査を襲った犯人を追うクロセッティは、冷静な判断ができない状態となっていた。だが、相棒のルイスは的確な判断で犯人を突き止める。

第6話「アディーナと三人の男たち」  

THREE MEN AND ADENA

アディーナ殺しの事件で容疑者を自白させる残り時間は、12時間となった。ベイリスとペンブルトンは、第一容疑者であるタッカーの取り調べに入った。アディーナが殺された夜、彼女が自分の家には来ていなかったとタッカーは主張。ベイリスの苛立ちは極限に達するが、時間だけがただ過ぎていく…。

第7話「ショーはこれから」  

A DOG ANDO PONY SHOW

ジャデーロ警部補は、同僚だったシンタの引退パーティーに出席するため、課を留守にすることになる。一方、今だアディーナ事件を引きずって、新しい捜査に身が入らないベイリスとペンブルトンに、新しい事件の依頼が舞い込む。

第8話「突然のニュース」  

AND THE ROCKETS DEAD GLARE

大学の学生寮で中国人の留学生が殺害された。現場に現れた友人らしき女タン・レイ・チョウから、被害者が天安門事件のリーダーの一人で、中国から逃げてきたことがわかる。 麻薬捜査課が、ボルチモア史上最も大がかりな麻薬撲滅作戦を実行しようとしていた。殺人捜査課でも、その際に発生する事件に備えて、準備に余念がない。

第9話「煙が目にしみる」  

SMOKE GETS IN YOUR EYES

ベイリスとハワードは一緒に煙草をやめることにする。パートナーのペンブルトンとフェルトンは、二人の禁煙によってとばっちりをくう。マンチとボランダーは、脳内出血で死んだ14才の少年について調査を始める。父親に事情聴取した二人は、彼の息子に対するあまりの無関心さに驚く。

第10話「悪意なき殺人」  

SEE NO EVIL

セラピストの受講が業務命令とはいえ、ボランダーは気が進まない。一方、ペンブルトンは麻薬のディーラーの捜査中の死が警官のせいだと疑うが、ジャデーロ警部補はそれを頭から否定する。 フェルトンの幼なじみのチャッキーの父親は誇り高い元海軍司令長官だが、今は不治の病で寝たきりの生活を送っている。彼は自殺を図ろうとするが、フェルトンの助言で一度はとめることが出来た。そんな時、思いがけない事件が起こってしまう。

第11話「真犯人」 

BLACK AND BLUE

警官の発砲事件が起こった街では、報道を通してさまざまな憶測が飛んでいる。ペンブルトンは、3人の警官を尋問するが、もう一つ確証をもてない。そして、ペンブルトンの警官に対する執拗な取り調べで署内の雰囲気は気まずくなってくる。 一方ブライスとの恋に破れたボランダーに新しいガールフレンドが…。
ゲスト:ジュリアナ・マルグリース(TV「ER」)

第12話「彩りの日々」 

A MANY SPLENDORED THING

ある日の早朝、マンチとボランダーは公園で心中した夫婦の現場へ。ベイリスとペンブルトンは自室で絞殺された若い女性の事件を調査する。被害者の手には「やったのはエド」と書かれたメモが握られていた。クロセッティとルイスは、図書館で起きた真昼の銃殺を調べていた。容疑者はペンを譲ってくれなかったために被害者を銃で殺したらしい。
監督:ジョン・マクノートン(映画「ワイルド・シングス」 ゲスト:ジュリアナ・マルグリース

第13話「災厄の日」 

BOP GUN

アイオワから来た旅行者のエリソン一家が襲われ、妻のキャサリンが射殺された。やがて容疑者と目された二人の少年かから、キャサリンを撃ったのはヴォーンという少年だという証言が得られるが、ハワードは疑問を抱く。キャサリンを失ったエリソン一家の心の傷は深く、特に夫のロバートは何も出来なかった自分のふがいなさを深く嘆く。
ゲスト:ロビン・ウィリアムス
プライバシーマーク

[HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン] © 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [EYEWITNESS/目撃者] © 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [フォーリング スカイズ] TM & © 2013-2014 Turner Entertainment Networks, Inc. A Time Warner Company. All Rights Reserved. [新スタートレック HD版] TM & © 2017 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [地球防衛軍テラホークス] © 1983/1984 Anderson Burr Pictures Ltd | Licensed by Anderson Entertainment Ltd [LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班] © 2001-2006/2008-2010 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. © 2007 NBC Studios, Inc. and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. [LAW & ORDER: UK] © 2008-2010 Universal Studios. All rights Reserved. © 2011-2014 Universal City Studios Productions LLLP. All rights reserved. [THE BRIDGE/ブリッジ] © 2011 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2013 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2015 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved [GRIMM/グリム] © 2012-2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved. [ブラックリスト] © 2013-2018 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved. [ベター・コール・ソウル] © 2015 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved. [ザ・プレイヤー 究極のゲーム] © 2015 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [ザ・レジェンド・オブ・パイレーツ] © 2017 NBCUniversal Media, LLC® [ブラックリスト リデンプション] © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [スペース1999 HD完全版] © ITC Entertainment Group Limited 1974 [スーパーカー デジタルリマスター版] © MCMLX A.P. films limited [刑事トム・ソーン] © Sleepyhead Limited / 7282711 Canada Inc. 2010
© Scaredycat Limited / 7282931 Canada Inc. 2010 [MURDER IN THE FIRST/第1級殺人] © TNT Originals, Inc. [アクエリアス 刑事サム・ホディアック] © Tomorrow ITV Studios LLC 2014-2015 [スーパーナチュラル] [ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則] © Warner Bros. Entertainment Inc. [アフェア 情事の行方 [R15+相当]] ©2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [MACGYVER/マクガイバー] [NCIS: LA 極秘潜入捜査班] [SCORPION/スコーピオン] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [NCIS ネイビー犯罪捜査班] [NCIS: ニューオーリンズ] [エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [クリミナル・マインド] ©Touchstone Television./© ABC Studios [ケース・センシティブ 静かなる殺人] 「ケース・センシティブ 静かなる殺人:歪んだ愛」 © 2011 Hat Trick Productions Ltd
「ケース・センシティブ 静かなる殺人:不協和音」 ©Hat Trick Productions Ltd 2012 [ブレイキング・バッド] シーズン1~シーズン5:© 2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.