NCIS ネイビー犯罪捜査班シーズン8

ニュース

作品概要

全米ドラマ視聴率No.1の大人気犯罪捜査ドラマ、待望のシーズン8チャンネル初放送!

イントロダクション

米海軍に関する事件を捜査する海軍犯罪捜査局(NCIS)の活躍を描いた「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、全米でロングラン・ヒットを記録した大人気シリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のスピンオフとして誕生した犯罪捜査ドラマ。2003年より米CBSにて放送開始した本作は、スタートから間もなく爆発的な人気を獲得し、2009年~2014年にわたり全米ドラマ視聴率No.1※に輝く高視聴率ヒットを記録。全米では最新シーズンとなるシーズン15が放送中の大人気シリーズだ。

本作の全米での大ヒットをうけて、2009年にはそのスピンオフ・シリーズとなる「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」が登場、2014年からは2つ目のスピンオフとして、ルイジアナ州のニューオーリンズ支局を舞台にした「NCIS: ニューオーリンズ」が放送スタート。「NCIS」シリーズは一大フランチャイズを形成し、いずれもアメリカをはじめ世界各国で大ヒットを記録している。

ワシントンD.C.を拠点に海軍関係者が絡んだ殺人から、テロ、暗殺など様々な難事件の捜査に挑む精鋭チームNCISの活躍を描く本作。緊迫感溢れるスリリングなストーリー展開に加え、頼りがいのある絶対的リーダーのギブス、お調子者で女好きなタフガイ捜査官トニー、科学捜査をマルチにこなす分析官アビー、おしゃべり好きでギブスが絶大な信頼を寄せるベテラン検視官ダッキーら、ユニークで個性豊かなメンバーが織り成すコミカルで絶妙なチームワークの良さも本作の魅力だ。チームリーダーのギブスを演じるのは映画『プレシディオの男たち』『ワイアット・アープ』『君がいた夏』などで知られるマーク・ハーモン。また、TV「ダーク・エンジェル」のローガン役でおなじみのマイケル・ウェザリー、往年の名作シリーズ「0011ナポレオン・ソロ」のデヴィッド・マッカラムといった実力派キャストが脇を固めている。

注)初回放送当時の情報となります
※米ニールセン調査 2009-2014年 ドラマ視聴率ランキング第1位

シーズン8 見どころ

シーズン8も豪華ゲスト俳優が多数出演!

今シーズンの豪華ゲスト俳優も見逃せない。第2話では「24」のジェームズ・ヘラー米国務長官役で知られるウィリアム・ディヴェインが、誘拐された女児生徒レベッカの祖父で元工作員のニコラスを演じている。第14話には、殉職したケイトリン・トッドの姉クランストンが登場。精神科医としてチームの心理検査を行うために捜査に同行するが、メンバーたちとの会話を通して、自らもケイトの死への区切りをつける。クランストン役は『天使にラブ・ソングを』に出演のウェンディ・マッケナ。第23話、24話に登場するポートキラーこと ジョナス・コッブを演じるのは、「ドーソンズ・クリーク」シリーズのジャック・マクフィーで知られるカー・スミス。
前シーズンに引き続き父親役ゲスト俳優陣も活躍する。第1話では、『クリフハンガー』、「BONES」のラルフ・ウェイトがギブスの父ジャクソン・ギブス役で登場。第7話には「スパイのライセンス」、『オースティン・パワーズ』シリーズで知られるロバート・ワグナーが演じる、トニーの父アンソニー・ディノッゾ・シニアが登場する。前シーズンにも登場していた「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」のダイアン・ニール演じる、沿岸警備隊犯罪捜査局のアビゲイル・ボーリン捜査官が、今シーズンでもギブスたちの捜査に協力。彼女は本作のスピンオフ「NCIS: ニューオーリンズ」にも数話にわたりボーリン捜査官役で出演している。

シリーズ開始以来最高視聴率を記録したシーズン7をさらに上回る今シーズン!!

世界200以上の地域で放送されている大人気シリーズである本作。前シーズンでは2003年のシリーズスタート以来最高となる視聴率を記録、台本のあるドラマの中で第1位となり※、視聴者数では平均で2.1千万人にのぼったが、本作シーズン8は、それをさらに軒並み更新する快挙となった。家庭数・全視聴者数においても同時間帯1位となり、その夜の家庭数・全視聴者数において1番の視聴率を獲得することもしばしば。国際的な人気も非常に高く、フランスのM6では1位の番組に、ポーランドのTVNでも米シリーズのなかで1位となった。オーストラリアのNetworkでは1位、米ドラマ全体でも1位の人気を誇り、すべての中で4位のシリーズとなっている。

ストーリー

麻薬カルテルのボス、ペドロ・ヘルナンデスの娘パロマ・レイノーサは、父親を殺された仇を取るためギブスの周辺に現れるようになる。レイノーサの手下たちによって、自らが営んでいる雑貨屋を外から乱射されたギブスの父ジャクソンは、危うく難を逃れワシントンD.C.へと避難する。負傷したフランクスやレイノーサの居場所も分からないまま数ヶ月が経過し、ギブスは父ジャクソンや仲間にいつ危険が及ぶのかと不安を抱えたまま日々を過ごしていた。

そんな中、ウェストバージニアの山中に個人経営のチャーターヘリが不時着し、海兵隊予備役の大尉が死亡したためギブスチームが出動。すると、現場にあったもう1つの遺体がレイノーサの手下のロペスで、さらにレイノーサがヘリに乗っていたということが分かりNCISチームに緊張が走る。そして、ダッキーとアビーの調査によってレイノーサたちが数か月間メキシコに帰っていないことが判明。アメリカで麻薬流通ルートの確保に勤しんでいた彼らがその後もアメリカに残っていた理由は、ギブスへの復讐のためだとしか考えられない。傷の癒えたフランクスはレイノーサを追い詰めて始末するべきだと主張するが、ギブスはどうすべきか苦悩する。そんな時、レイノーサの弟リヴェラがNCISに現れ、ヴァンスに「外交的取引」を申し出るが、ヴァンスは裏の意図を感じ……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

リロイ・ジェスロ・ギブス/Leroy Jethro Gibbs (声:井上和彦)

海軍犯罪捜査局(NCIS)ワシントン本部の特別捜査官で、チームのリーダー。元海兵隊の凄腕スナイパーで、冷静沈着かつ責任感の強い人物。部下たちからの信頼も厚い。捜査においては独自のルールでチームを引っ張り、数々の事件を解決に導き、卓越したリーダーシップを発揮。妻と娘を失った20年前の事件を掘り起こされ、いよいよパロマ・レイノーサたちとの戦いに決着が……。

マーク・ハーモン Mark Harmon

1951年9月2日、米カリフォルニア州バーバンク生まれ。『カムズ・ア・ホースマン』で映画デビュー。ジョディ・フォスターと共演した『君がいた夏』、『プレシディオの男たち』、『ワイアット・アープ』などの映画に出演。TV「ザ・ホワイトハウス」でエミー賞ドラマ部門ゲスト男優賞にノミネートされた他、「リーズナブル・ダウト/静かなる検事記録」でゴールデングローブ賞にノミネート。本作の最新スピンオフ「NCIS: ニューオーリンズ」では製作総指揮としてスタッフに名を連ねている。

アンソニー・“トニー”・ディノッゾ/Anthony DiNozzo (声:森宮 隆)

通称トニー。殺人課の刑事からNCISに転身した経歴を持つ捜査官。根っからの女好きで普段はチャラチャラした軟派なプレイボーイだが、犯罪捜査にかける情熱と勇気はギブスも一目を置くほど。本部に赴任してきたエリカ・ジェーン・バレットとの仲を深める。

マイケル・ウェザリー Michael Weatherly

1968年7月8日、米ニューヨーク州生まれ。実家は輸入業や病院経営をする資産家。TV「ダーク・エンジェル」のローガン役で海外ドラマファンにはおなじみ。主な映画出演作には、『エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー』など。2017年秋のTheWrapの好感度調査では見事第1位となる。

アビゲイル・“アビー”・シュート/Abigail Sciuto (声:愛河里花子)

ゴス系のメイクとファッションのインパクトが強いNCISの科学捜査分析官。理系特有のオタク気質をフル稼働し、どんな些細な証拠や手がかりも見逃さない。仲間たちへの愛情も人一倍で、誰からも愛される人気キャラ。死亡した天才肌の科学者クレアの研究とクレア自身に心を奪われ、彼女を解明することに没頭しすぎてしまう。

ポーリー・ペレット Pauley Perrette

1969年3月27日、米ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。『ザ・リング』、『あの頃ペニー・レインと』などの映画やTV「CSI: 科学捜査班」などの出演を経て、本作のアビー役で注目を集める。マイケル・ウェザリー同様、2017年秋のTheWrapの好感度調査で第1位となる。

ドナルド・“ダッキー”・マラード/Dr. Donald Mallard (声:千田光男)

通称ダッキー。イギリス出身のベテラン検視官で、英国人特有のブラックなユーモアセンスの持ち主。ギブスとは親子にも似た信頼関係を築いている。数え切れないほどの死体を検証してきた豊富な知識と経験を生かして、ギブスらの捜査を頼もしくサポートする。

デヴィッド・マッカラム David McCallum

1933年9月19日、英スコットランド生まれ。1950年代後半から俳優としてのキャリアをスタートさせる。TV「0011ナポレオン・ソロ」でロシア人エージェントのイリヤ・クリヤキン役でブレイクした他、「LAW & ORDER」、「セックス・アンド・ザ・シティ」、「透明人間」などに出演。映画では『大脱走』、『SOSタイタニック/忘れえぬ夜』や『ヒア・マイ・ソング』などの他に、2015年のアニメ映画『バットマン vs. ロビン』では声の出演を果たしている。デヴィッドが1960年代にリリースした楽曲のなかのひとつ”The Edge”のオリジナル版が、2017年公開の『ベイビー・ドライバー』のサウンドトラックで使用される。

ティモシー・マクギー/Timothy McGee (声:会一太郎)

頭脳明晰で、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒の秀才。ハッキングや暗号解読など、コンピューターを使った解析・情報収集能力に長けている。ノーフォーク地区担当の常駐捜査官だったが、シーズン2より正式にギブスらのチームに加入する。オタクであることをネタにトニーからいじられることが多い。捜査の一環でオンラインゲーム界の女王「マックス」ことマキシンと知り合う。ゲームオタク同士意気投合し、恋愛に及び腰だったマクギーは彼女とのデートを実現させる。

ショーン・マーレイ Sean Murray

1977年11月15日、米メリーランド州生まれ。母親が「犯罪捜査官ネイビーファイル」や「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のプロデューサー、ドナルド・P・ベリサリオの4番目の妻となったため、マーレイはベリサリオの義理の息子にあたる。1993年に映画『ボーイズ・ライフ』に出演した後、「ER 緊急救命室」や「犯罪捜査官ネイビーファイル」などのTVシリーズにゲスト出演。本作のマクギー役で注目を集めた。

ジヴァ・ダヴィード/Ziva David (声:大津愛理)

イスラエル諜報特務局モサドから派遣された捜査官。所属は特殊工作部コメミウテで、暗殺、尋問、スパイ活動のスペシャリスト。モサドから出向を命じられ正式にNCISメンバーになる。モサド局長のイーライ・ダヴィードを父に持つ。NCISを去ったあと囚われの身となっていたところをトニーたちに助けられ、DCへ戻ってくる。その後、父ダヴィードにモサドを辞めると告げ、NCISへ転職するためギブスに推薦を依頼、晴れて正式にNCISのメンバーとなる。

コート・デ・パブロ Cote de Pablo

1979年11月12日、チリ・サンティアゴ生まれ。10歳のとき家族とマイアミに移住。大学時代に舞台に出演し、その後「The Jury(原題)」などのTVシリーズに出演。本作の出演で、ラテン系俳優の功績や作品を称えるImagen Awardsの最優秀助演女優賞を受賞。映画では『トゥルー・リベンジ』や、アントニオ・バンデラス主演の『チリ33人 希望の軌跡』に出演。

レオン・ヴァンス/Leon Vance (声:佐久田脩)

シェパード局長の後任として、副局長から局長に昇進。NCISチームを一旦解散させて再布陣するが、ギブスたちの強い要望によって再びメンバーたちを呼び戻すことを許可する。ギブスとはいつも衝突し、愛想は悪く、目的達成のためには手段を選ばない冷淡な性格のため、メンバーたちからは苦手とされている。第9話では、ヴァンスにとっての初任務、1991年にNISがアムステルダムで実行した作戦について語られ、イーライ・ダヴィードとの関係が明らかとなる。

ロッキー・キャロル Rocky Carroll

1963年7月8日、米オハイオ州生まれ。「シカゴ・ホープ」のウィルクス役で知られ、「ER 緊急救命室」、「ボストン・リーガル」、「グレイズ・アナトミー」など数多くの作品に出演しているベテラン俳優。映画では『レディース★マン』『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などに出演。

作品基本情報

原題:NCIS
データ:シーズン8・2010~2011年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/シーズン8・全24話/HD作品
企画:ドナルド・P・ベリサリオ、ドン・マッギル
製作総指揮:ドナルド・P・ベリサリオ、シェーン・ブレナン、マーク・ホロウィッツ、チャス・フロイド・ジョンソン、ゲイリー・グラスバーグ
出演:マーク・ハーモン、マイケル・ウェザリー、ポーリー・ペレット、デヴィッド・マッカラム、ショーン・マーレイ、コート・デ・パブロ、ロッキー・キャロル