NCIS ネイビー犯罪捜査班シーズン7

ニュース

作品概要

全米ドラマ視聴率No.1の大人気犯罪捜査ドラマ、待望のシーズン7チャンネル初放送!

イントロダクション

米海軍に関する事件を捜査する海軍犯罪捜査局(NCIS)の活躍を描いた「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、全米でロングラン・ヒットを記録した大人気シリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のスピンオフとして誕生した犯罪捜査ドラマ。2003年より米CBSにて放送開始した本作は、スタートから間もなく爆発的な人気を獲得し、2009年~2014年にわたり全米ドラマ視聴率No.1※に輝く高視聴率ヒットを記録。全米では最新シーズンとなるシーズン15が放送中の大人気シリーズだ。

本作の全米での大ヒットをうけて、2009年にはそのスピンオフ・シリーズとなる「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」が登場、2014年からは2つ目のスピンオフとして、ルイジアナ州のニューオーリンズ支局を舞台にした「NCIS: ニューオーリンズ」が放送スタート。「NCIS」シリーズは一大フランチャイズを形成し、いずれもアメリカをはじめ世界各国で大ヒットを記録している。

ワシントンD.C.を拠点に海軍関係者が絡んだ殺人から、テロ、暗殺など様々な難事件の捜査に挑む精鋭チームNCISの活躍を描く本作。緊迫感溢れるスリリングなストーリー展開に加え、頼りがいのある絶対的リーダーのギブス、お調子者で女好きなタフガイ捜査官トニー、科学捜査をマルチにこなす分析官アビー、おしゃべり好きでギブスが絶大な信頼を寄せるベテラン検視官ダッキーら、ユニークで個性豊かなメンバーが織り成すコミカルで絶妙なチームワークの良さも本作の魅力だ。チームリーダーのギブスを演じるのは映画『プレシディオの男たち』『ワイアット・アープ』『君がいた夏』などで知られるマーク・ハーモン。また、TV「ダーク・エンジェル」のローガン役でおなじみのマイケル・ウェザリー、往年の名作シリーズ「0011ナポレオン・ソロ」のデヴィッド・マッカラムといった実力派キャストが脇を固めている。

注)初回放送当時の情報となります
※米ニールセン調査 2009-2014年 ドラマ視聴率ランキング第1位

シーズン7 見どころ

シーズン7も豪華ゲスト俳優が多数出演!

第1,4,7話には、「ギルモア・ガールズ」「トゥルーブラッド」のトッド・ロウが、チャド・ダナム捜査官役で登場。第16話にはギブスの亡き愛妻シャノンの母であるジョアン・フィールディングが登場するが、これを「87分署」、『こわれゆく女』や『グロリア』でアカデミー主演賞にノミネートされたジーナ・ローランズが演じる。第20話では、「ホミサイド/殺人捜査課」、「THE FLASH/フラッシュ」のイザベラ・ホフマンがウォレス判事役で登場するなど、どのエピソードも見逃せない。
第10話には前シーズンに引き続き、『クリフハンガー』、「BONES」のラルフ・ウェイト演じるギブスの父ジャクソンが登場。さらに今シーズンではトニーの父アンソニー・ディノッゾ・シニアがシリーズ初登場!「スパイのライセンス」、『オースティン・パワーズ』シリーズで知られるロバート・ワグナーが、ダンディで女好きというトニーそっくりな性格なディノッゾ・シニアを好演し、そのキャラクターとトニーとの親子関係にNCISメンバーも興味深々な様子。ロバート・ワグナー演じるディノッゾ・シニアはシーズン7以降も度々登場することに。

スピンオフ・シリーズ「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」シーズン1第5話の続編エピソードとなる第7話にも注目!

「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」シーズン1第5話は、ヴァンス局長の因縁の宿敵リー・ワン・カイが登場したエピソード。NCISの人気キャラクター アビーも、ヴァンスの指示のもとワシントンD.C.本部のラボからLAチームに捜査協力をしていたが、すんでのところでカイを取り逃がしてしまう。そして今回シーズン7の第7話には、LAで捜査の手から逃げ延びた北朝鮮の暗殺者カイが再び登場!ヴァンスが長年探し続けていたカイを、今度はワシントンD.C.本部のNCISチームが追い詰める!

シリーズ開始以来最高の視聴率を記録!!

米CBSで放送されたシーズン7では、2003年の本作スタート以来最高となる視聴率※を獲得し、TVドラマシリーズ中第1位を記録した。また家庭数・全視聴者数においても同時間帯1位を獲得。そして本作は全世界200以上もの地域で放送され、オーストラリアのNetwork Ten、フランスのM6、カナダのGlobal TVなど各国での放送においても視聴率1位を獲得するなど、世界的にも圧倒的な人気を博している。

※ニールセン・ギャラクシーNTI。2009年9月21日―2010年5月12日。

ストーリー

リフキン殺害の一件で、もはや信用できる味方が誰もいなくなったと感じたジヴァは、NCISを去ることを決め1人テルアビブに残ることに。しかし、その後テロリスト追跡のため潜入したソマリアで敵に捕らわれてしまう。アフリカの砂漠の中の一室で椅子に縛り付けられ拷問にかけられているトニー、そして彼の側にはマクギーが倒れていた。テロリストグループのボス、サリーム・ウルマンに無理やり自白剤を注射されたトニーは、自分たちが現在の状況に至るまでの経緯を語り始める――。

ジヴァが去ってからしばしの時が過ぎ、メンバーたちはいよいよジヴァのかわりに後任を採らなければならないと考え始めていた。ギブスは先延ばしにしていた新メンバーの選定をトニーに丸投げし、トニーは好みの美女ばかりを面接に呼び新メンバー選定を楽しむが、やはりジヴァのことが気になり、彼女ほどの人材は現れないことを痛感。そして、帰国しているはずのジヴァから何の連絡もない状況を不審に思い、彼女の身を案じたNCISメンバーたちはジヴァに関する調査を開始することにしたが……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

リロイ・ジェスロ・ギブス/Leroy Jethro Gibbs (声:井上和彦)

海軍犯罪捜査局(NCIS)ワシントンD.C.本部の特別捜査官で、チームのリーダー。元海兵隊の凄腕スナイパーで、冷静沈着かつ責任感の強い人物。部下たちからの信頼も厚い。捜査においては独自のルールでチームを引っ張り、数々の事件を解決に導き、卓越したリーダーシップを発揮。クリスマスに疎遠の父ジャクソンが訪ねてくるが……。

マーク・ハーモン Mark Harmon

1951年9月2日、米カリフォルニア州バーバンク生まれ。『カムズ・ア・ホースマン』で映画デビュー。ジョディ・フォスターと共演した『君がいた夏』、『プレシディオの男たち』、『ワイアット・アープ』などの映画に出演。TV「ザ・ホワイトハウス」でエミー賞ドラマ部門ゲスト男優賞にノミネートされた他、「リーズナブル・ダウト/静かなる検事記録」でゴールデングローブ賞にノミネート。本作の最新スピンオフ「NCIS: ニューオーリンズ」では製作総指揮としてスタッフに名を連ねている。

アンソニー・“トニー”・ディノッゾ/Anthony Dinozzo (声:森宮 隆)

通称トニー。殺人課の刑事からNCISに転身した経歴を持つ捜査官。根っからの女好きで普段はチャラチャラした軟派なプレイボーイだが、犯罪捜査にかける情熱と勇気はギブスも一目を置くほど。ダンディで女好きなトニーそっくりの父アンソニー・ディノッゾ・シニアがワシントンD.C.にやってくる。トニーと父親の間には深刻なわだかまりがあったのだが……。

マイケル・ウェザリー Michael Weatherly

1968年7月8日、米ニューヨーク州生まれ。実家は輸入業や病院経営をする資産家。TV「ダーク・エンジェル」のローガン役で海外ドラマファンにはおなじみ。主な映画出演作には、『エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー』など。

アビゲイル・“アビー”・シュート/Abigail Sciuto (声:愛河里花子)

ゴス系のメイクとファッションのインパクトが強いNCISの科学捜査分析官。理系特有のオタク気質をフル稼働し、どんな些細な証拠や手がかりも見逃さない。仲間たちへの愛情も人一倍で、誰からも愛される人気キャラ。メキシコで実際の未解決事件を題材に特別講義をすることになったアビーは、学生たちを引き連れて20年前にペドロ・エルナンデス殺しが発生した町外れの現場へ行った際にある証拠をつかみ……。

ポーリー・ペレット Pauley Perrette

1969年3月27日、米ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。『ザ・リング』、『あの頃ペニー・レインと』などの映画やTV「CSI: 科学捜査班」などの出演を経て、本作のアビー役で注目を集める。

ドナルド・“ダッキー”・マラード/Dr. Donald Mallard (声:千田光男)

通称ダッキー。イギリス出身のベテラン検視官で、英国人特有のブラックなユーモアセンスの持ち主。ギブスとは親子にも似た信頼関係を築いている。数え切れないほどの死体を検証してきた豊富な知識と経験を生かして、ギブスらの捜査を頼もしくサポートする。自宅で催す感謝祭ディナーに仲間たちを招待して手料理を振舞おうと張り切ると、ギブスも珍しく参加し、乾杯して友情を確かめ合う。

デヴィッド・マッカラム David McCallum

1933年9月19日、英スコットランド生まれ。1950年代後半から俳優としてのキャリアをスタートさせる。TV「0011ナポレオン・ソロ」でロシア人エージェントのイリヤ・クリヤキン役でブレイクした他、「LAW & ORDER」、「セックス・アンド・ザ・シティ」、「透明人間」などに出演。映画では『大脱走』、『SOSタイタニック/忘れえぬ夜』や『ヒア・マイ・ソング』などの他に、2015年のアニメ映画『バットマン vs. ロビン』では声の出演を果たしている。

ティモシー・マクギー/Timothy McGee (声:会一太郎)

頭脳明晰で、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒の秀才。ハッキングや暗号解読など、コンピューターを使った解析・情報収集能力に長けている。ノーフォーク地区担当の常駐捜査官だったが、シーズン2より正式にギブスらのチームに加入する。オタクであることをネタにトニーからいじられることが多い。ポリグラフ課のグレイディに気に入られたじたじだったマクギーだったが、変人で空気の読めないグレイディの生真面目な一面に触れ……。

ショーン・マーレイ Sean Murray

1977年11月15日、米メリーランド州生まれ。母親が「犯罪捜査官ネイビーファイル」や「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のプロデューサー、ドナルド・P・ベリサリオの4番目の妻となったため、マーレイはベリサリオの義理の息子にあたる。1993年に映画『ボーイズ・ライフ』に出演した後、「ER 緊急救命室」や「犯罪捜査官ネイビーファイル」などのTVシリーズにゲスト出演。本作のマクギー役で注目を集めた。

ジヴァ・ダヴィード/Ziva David (声:大津愛理)

イスラエル諜報特務局モサドから派遣された捜査官。所属は特殊工作部コメミウテで、暗殺、尋問、スパイ活動のスペシャリスト。モサドから出向を命じられ正式にNCISメンバーになった。モサド局長のイーライ・ダヴィードを父に持つ。NCISを去ったあと囚われの身となっていたところをトニーたちに助けられ、ワシントンD.C.へ帰還。その後、父ダヴィードにモサドを辞めると告げ、NCISへ正式に転職するためギブスに推薦を依頼する。

コート・デ・パブロ Cote de Pablo

1979年11月12日、チリサンティアゴ生まれ。10歳のとき家族とマイアミに移住。大学時代に舞台に出演し、その後「The Jury(原題)」などのTVシリーズに出演。本作の出演で、ラテン系俳優の功績や作品を称えるImagen Awardsの最優秀助演女優賞を受賞。映画では『トゥルー・リベンジ』や、アントニオ・バンデラス主演の『チリ33人 希望の軌跡』に出演。

レオン・ヴァンス/Leon Vance (声:佐久田脩)

シェパード局長の後任として、副局長から局長に昇進。NCISチームを一旦解散させて再布陣するが、ギブスたちの強い要望によって再びメンバーたちを呼び戻すことを許可する。ギブスとはいつも衝突し、愛想は悪く、目的達成のためには手段を選ばない冷淡な性格のため、メンバーたちからは苦手とされている。相棒を殺した長年の宿敵である暗殺者カイが、死に場所を求めて唯一の“盟友”ヴァンスに近づいてくる。

ロッキー・キャロル Rocky Carroll

1963年7月8日、米オハイオ州生まれ。「シカゴ・ホープ」のウィルクス役で知られ、「ER 緊急救命室」、「ボストン・リーガル」、「グレイズ・アナトミー」など数多くの作品に出演しているベテラン俳優。映画では『レディース★マン』『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などに出演。

作品基本情報

原題:NCIS
データ:シーズン7・2009~2010年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/シーズン7・全24話/HD作品
企画:ドナルド・P・ベリサリオ、ドン・マッギル
製作総指揮:ドナルド・P・ベリサリオ、チャス・フロイド・ジョンソン、シェーン・ブレナン、マーク・ホロウィッツ
出演:マーク・ハーモン、マイケル・ウェザリー、ポーリー・ペレット、デヴィッド・マッカラム、ショーン・マーレイ、コート・デ・パブロ、ロッキー・キャロル