サンダーバード ARE GOシーズン3

<大人も楽しめる! スパドラこども祭り>
第1話先行プレミア放送
【二カ国語版】7/5(日)18:00
 
<レギュラー放送>
8/1(土)8:30スタート!
【二カ国語版】毎週土曜8:30ほか
【字幕版】毎週土曜19:30ほか
 
 

 

サンダーバード ARE GO シーズン3 独占日本放送開始記念

サンダーバード ARE GO シーズン3

第1話オンライン試写会

配信期間:7月6日(月)~7月31日(金)17:00まで

 

 

サンダーバード ARE GO シーズン3【日本語吹替】 

第1話「混乱の襲来(前編)」/'CHAOS' Part One

 

注意事項

※本サービスの配信は国内限定のサービスです。

※本サービス利用時に発生する配信端末のパケット通信料・その他の通信費用等は、ご利用者の負担となります。映像などの送受信データ量が大きいサービスを利用いただいた場合、パケット通信料金が思いがけず高額となる可能性があります。本サービスをご利用になる場合には、事前に料金プランやご利用方法を確認し、パケット定額制サービスへの加入を推奨いたします。

※ご利用の端末性能や設定などによっては、ご視聴できない、または円滑なご視聴ができない場合もあります。ご了承ください。

※本サービス及び本サービスの内容を、予告なく変更及び終了させる場合があります。

 

 

ニュース

作品概要

合言葉は「サンダーバード・ARE・GO!!」
トレーシー家の5人兄弟が世界中の人々を災害や事故から救うために帰ってきた!
爆発的ブームを巻き起こした名作のリブート版特撮CGアニメシリーズ、ファン待望のシーズン3をレギュラー放送に先駆け第1話先行プレミア放送!!

シーズン3 見どころ

トレーシー兄弟の父ジェフの行方は……?! 新キャラクターも登場し、更に盛り上がる新シーズン

5人のトレーシー兄弟の父親で、インターナショナル・レスキューの創設者であるジェフ・トレーシー役に抜擢されたのは「600万ドルの男」の主演で知られる俳優リー・メジャーズ。60年代の「サンダーバード」オリジナルシリーズでは中心的なキャラクターであったジェフ・トレーシーだが、次世代のリバイバル版「サンダーバード ARE GO」では未だ登場しておらず、シリーズ開始当初からすでに亡くなっていると思われていた。頻繁に息子たちの間で語られていたジェフ・トレーシーは、実際まだ生きているのか? そしてトレーシーアイランドで家族との再会を果たすのだろうか……?

また、リー・メジャーズ以外にも、イギリスの名優ジェニファー・ソーンダース、アラン・フォードやラリー・ラムら豪華なゲスト声優が参加! ジェニファー・ソーンダースは人工珊瑚礁シュプリーム・バリア・リーフをデザインした真面目な生物学者ヘレン・シェルビーを、アラン・フォードとラリー・ラムはパーカーの"昔の仲間"フレッドとゴメスの声を演じている。更に、コメディアンのトム・ローゼンソールも冒険好きな人気ブロガーブランドン役を再演している。そして、他にも、シルベスター・マッコイ、ニーナ・ソサーニャやナヴィーン・チャウドリーといったスター勢ぞろいのキャストを迎える!

本国イギリスでは50万人の男の子が視聴した人気シリーズ!

本作「サンダーバード ARE GO」のシーズン3は本国で放送が終了したばかりで、放送・配信含め、2019年春の時点で世界40か国以上もの国々で作品が購入・公開された実績を持つ、子供から大人まで世界中で大人気のアニメーション。シーズン2は、本国イギリスの4歳から9歳の男の子のうち、5人に1人以上、約50万人が視聴し、最高視聴率を記録したエピソードで比較すると、人気ブランドの「トランスフォーマー」や「ミュータント タートルズ」、「パワーレンジャー」を圧倒的に超える視聴率を記録した。精巧で迫力のあるメカや、世界中の人々を救うという大志を抱くアツいキャラクター、感動的な場面や時にはクスっと笑えるシーンに世界中の子供たちが注目している。さらに“チームワーク”、“家族”、“困っている人を助ける”という普遍的なテーマを描く本作には、旧作からの大人のファンとしても子どもたちに見せたくなる作品の代表格と言えるだろう!

視聴率情報出典元:BARB/AdvantEdge

ストーリー

インターナショナル・レスキュー(国際救助隊)――それは、人命救助のために災害や事故に勇敢に立ち向かう組織である。大富豪ジェフ・トレーシーにより創設されたインターナショナル・レスキューのメンバーは、ジェフの5人の息子であるスコット、バージル、アラン、ゴードン、ジョンの他、個性豊かなスペシャリストたち。トレーシー家の兄弟たちは、技術者のブレインズ、セキュリティ担当のケーヨ、ロンドン・エージェントのレディ・ペネロープらの力を借りながら、最新鋭のメカ「サンダーバード」を駆使し、世界中の災害から人々を助けるために陸海空、さらには宇宙まで出動するのだ。彼らは軍隊でも警察組織でもない。彼らの使命はあくまで困難な状況に陥った人々を救助することであり、救助の過程で悪党の行いを阻止することはあっても、悪党を追跡することは決してない。それはGDF(Global Defence Force=世界防衛軍)の役目なのだ。インターナショナル・レスキューは世界中に知られた存在でありながらも、トレーシー家のルールである「無私の英雄的行為」を守るため、そして、悪党どもから彼らのテクノロジーを守るため、その実態はベールに包まれている。そんなインターナショナル・レスキューの秘密を暴き、最先端のテクノロジーを盗むことによって世界を手に入れようと企てるのは、悪名高いフッド。トレーシー家の兄弟たちは、彼が父ジェフの失踪にも関わっているのではないかという疑惑を強めていた……。

前シーズンでインターナショナル・レスキューにとって大きな脅威であったザ・メカニックが投獄された。しかし一方でフッドは世界各地でありとあらゆる混乱を引き起こしながら、インターナショナル・レスキューの完全な破壊を狙う。そして、“ハヴォック”と“ヒューズ”という新たなヴィランがフッドの仲間入りを果たし、彼らは新たな破壊的スキル、武器や乗り物をそろえ「カオス・クルー」を結成する。GDFが救助活動を行うために開発した、レスキュー・オペレーション・ロボットなどが新たに救助の協力に加わるが、フッド率いるカオス・クルーの妨害や破壊的な攻撃はそれを上回るものだった。これらの脅威に立ち向かい、助けを求める人たちを救助するために、インターナショナル・レスキューはありとあらゆる手段を取らなければならない。 また、父親ジェフがまだ生存しているかもしれないという衝撃的な知らせを受けたトレーシー兄弟は、今までで最も私的な救助に乗り出す。この任務には仲間の団結だけではなく、なんと、ザ・メカニックの協力も必要となることに……。今シリーズは未だかつてない、最もスリル満点で衝撃的な展開になりそうだ!

各話あらすじ

放送時間

キャスト

スコット・トレーシー/Scott Tracy (声:浪川大輔)

トレーシー家の長男でリーダー的存在。超高速の航空機であり、災害に即座に対応する超高速の航空機サンダーバード1号を操縦し、救難現場の状況把握及び現場指令を担当。勇敢かつ決断力があるが、少し頑固で、任務中には無謀とも思えるほどの大胆さを見せる。

ラスムス・ハーディカー Rasmus Hardiker

1985年1月31日、英ウェスト・ミッドランズ生まれ。「ファンタスティック・ピーターパン」、「クリプトン」に出演しており、「きかんしゃトーマス」シリーズではフィリップの声を務めている。最近では『ロンドンゾンビ紀行』、「デンジャーマウス」などのアニメーションに声優として出演している。

バージル・トレーシー/Virgil Tracy (声:花輪英司)

兄弟の中で体が一番大きい。力強く堂々とした見た目からは想像できないような芸術家・音楽家としての才能を秘めている。インターナショナル・レスキューの補助救助メカを搭載したコンテナ(通称:POD)やサンダーバード4号を輸送する役割を担うサンダーバード2号の操縦を主として、救助メカの輸送、チームの移動、後方支援を担当する。

デヴィッド・メンキン David Menkin

1977年5月10日、ノルウェー生まれ。『サバイバー』、『コードネーム U.N.C.L.E.』等の大作に出演している。最近ではノルウェーのTVドラマ「Lykkeland(原題)」、「Space Chickens in Space(原題)」などのアニメに声優として出演している。

アラン・トレーシー/Alan Tracy (声:村瀬歩)

5人兄弟の末っ子であり、兄弟の中で最もパイロットとしての才能に恵まれている。大型アームでものを掴む機能を備えた宇宙ロケット、サンダーバード3号を操縦し、宇宙空間における調査及び救助を担当。任務以外では普通のティーンエイジャーで、ビデオゲームをしたり、古いカンフー映画を見たりするのが好き。

ラスムス・ハーディカー Rasmus Hardiker

1985年1月31日、英ウェスト・ミッドランズ生まれ。「ファンタスティック・ピーターパン」、「クリプトン」に出演しており、「きかんしゃトーマス」シリーズではフィリップの声を務めている。最近では『ロンドンゾンビ紀行』、「デンジャーマウス」などのアニメーションに声優として出演している。

ゴードン・トレーシー/Gordon Tracy (声:柿原徹也)

5人兄弟の真ん中であるゴードンは、 一番の冗談好き。何事も真剣にとらえないところがあるが、救助活動では集中し確実に任務を遂行する。高速潜水艇サンダーバード4号の操縦者として、水中での調査及び水難救助の領域を担当。

デヴィッド・メンキン David Menkin

1977年5月10日、ノルウェー生まれ。『サバイバー』、『コードネーム U.N.C.L.E.』等の大作に出演している。最近ではノルウェーのTVドラマ「Lykkeland(原題)」、「Space Chickens in Space(原題)」などのアニメに声優として出演している。

ジョン・トレーシー/John Tracy (声:KENN)

地球の軌道上に浮かぶ宇宙ステーション、サンダーバード5号で情報を整理・伝達するという司令塔的役割を果たしている。巨大なスーパーコンピューターで世界中をスキャンし、インターナショナル・レスキューの出動が必要な救難信号をキャッチし、司令を出す。

トーマス・ブローディ=サングスター Thomas Brodie-Sangster

1990年5月16日、英ロンドン生まれ。『メイズ・ランナー』シリーズ、『ラブ・アクチュアリー』などの人気作に出演。「ゲーム・オブ・スローンズ」第三章・第四章にゲスト出演している。ディズニーのアニメ「フィニアスとファーブ/ザ・ムービー」ではファーブ役の声を務めた。「Entrusted(原題)」ではモンテカルロ・テレビ祭のゴールデンニンフ賞・最優秀男優賞を受賞。2020年公開予定の『Dragon Rider(原題)』に声優として出演予定。

ケーヨ/Kayo (声:寿美菜子)

トレーシーアイランドとインターナショナル・レスキューの警護を担当。小さい頃からいつもスパークリングパートナーたちをパンチで気絶させるので、そのことにちなんだあだ名がついた(K.O.から、もっと親しみのあるケーヨとなった)。また、トレーシー家のおばあちゃんとは特別な関係で、ケーヨがそばにいる時は、おばあちゃんも違った一面を見せる。ケーヨはトレーシー兄弟の5人と同等に重要なキャラクターで、ほぼすべてのエピソードで活躍。1人乗りジェット機、サンダーバードS号を操縦する。

エンジェル・コールビー Angel Coulby

1980年8月30日、英ロンドン生まれ。「トンネル -復讐の執行人」、「The Tunnel-サボタージュ」などに出演。「魔術師マーリン」シリーズのグウェン役ではモンテカルロ・テレビ祭のゴールデンニンフ賞・最優秀女優賞にノミネートされた。最近では「Innocent(原題)」「Moving On(原題)」などに出演。

ブレインズ/Brains (声:上田燿司)

インターナショナル・レスキューの全救助メカを設計し建造する技術者である。お助けロボットのマックスを助手に、トレーシーアイランドのハイテク研究室で働いている。

ケイヴァン・ノヴァク Kayvan Novak

1978年11月23日、英ロンドン生まれ。『パディントン』や『アーリーマン~ダグと仲間のキックオフ!~ 』などの人気作に出演。「Fonejacker(原題)」では英国アカデミー賞でベストコメディプログラムとして他キャストと共同で受賞している他、「Facejacker(原題)」でも同賞にノミネートされた。最近では、『The Day Shall Come(原題)』や「What We Do in the Shadows(原題)」等に出演。

レディ・ペネロープ/Lady Penelope (声:清水理沙)

インターナショナル・レスキューを影で支える頭脳明晰かつ勇敢で機転の利く敏腕エージェント。イギリスの上流社会で人々の注目を浴びる生活を送るが、裏ではインターナショナル・レスキューの諜報員としての顔を持つ。シャーベットという名前の小さな犬を連れている。ボディガード兼運転手のパーカーと共にチームのために働いている。

ロザムンド・パイク Rosamund Pike

1979年1月27日、英ロンドン生まれ。オペラ歌手の父とヴァイオリニストの母との間に生まれ、舞台「ロミオとジュリエット」での演技が芸能関係者の目に留まったことで女優の世界へ足を踏み入れることとなる。『007/ダイ・アナザー・デイ』のボンドガールに抜擢されたことがきっかけでその名が知れ渡る。『ゴーン・ガール』エイミー役でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされ、同作は数々の賞レースで大絶賛された。また、2018年に出演した『プライベート・ウォー』でもゴールデングローブ賞にノミネートされた。他にも『アウトロー』や『タイタンの逆襲』、『ベイルート』などに出演しており、近年も、『THE INFORMER/三秒間の死角』、「アーチボルドの大冒険」をはじめ映画やTVシリーズに多数出演している。

おばあちゃん/Grandma Tracy (声:磯辺万沙子)

一家を支える存在。トレーシー家の心の拠り所であり、トレーシーアイランドの女主人。いわゆる家庭的な女性ではなく、兄弟たちはおばあちゃんが料理をするのをかなり恐れている。救出作戦には関わらないが、難しい決断が必要な時は、たびたび相談に乗ってくれる。

サンドラ・ディッキンソン Sandra Dickinson

1948年10月20日、米ワシントンD.C.生まれ。出演作は『スーパーガール』、『スーパーマン III/電子の要塞』、『レディ・プレイヤー1』など。2009年8月には3度目の結婚をしている。ちなみに、2人目の夫は「LAW & ORDER: UK」でヘンリー・シャープ役を演じたピーター・デイヴィソン。

フッド/The Hood (声:楠大典)

インターナショナル・レスキューの秘密を執拗に狙う謎の人物。変装の名人。表では裕福で尊敬を集めるCEOを演じているが、実際は最先端のテクノロジーを盗み、世界を手に入れようとしている。トレーシー兄弟の父ジェフが行方不明となったのも彼の仕業だとされている。

アンドレス・ウィリアムズ Andres Williams

本作のほか、ゲーム「Raid: World War II」、「Divinity: Original Sin II」「ゼノブレイド2」などで声の出演をしている。

パーカー/Parker (声:岩崎ひろし)

ペネロープのボディガード兼運転手。元軍人。ペネロープとともにインターナショナル・レスキューのために働く。おとぼけキャラ。

デビッド・グラハム David Graham

1925年7月11日、英ロンドン生まれ。出演作は『スーパーガール』ほか。声優としてはスーパーマリオネーションの常連で、「ウエスタン・マリオネット 魔法のけん銃」(トゥインク爺さん役)、「スーパーカー」(ビーカー博士役)、「宇宙船XL-5」(マティック教授役)、「海底大戦争 スティングレイ」など数多くの作品に参加。「サンダーバード」ではゴードン・トレーシー、ブレインズに加え本作と同じパーカー役も担当していた。また脚本家としても活動。

ザ・メカニック/The Mechanic (声:白熊寛嗣)

インターナショナル・レスキューを脅かすヴィラン。ブレインズにも勝るほどの高い技術力を持ち、自ら作り上げたメカや乗り物、ドローンを巧みに操る。顔はマスクで覆われ、声も電子的に操作されており素性が謎に包まれている。冷酷で無口。

クリス・ジャーマン Chris Jarman

本作の他、『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』や「Surface(原題)」などへ出演している。

作品基本情報

原題:THUNDERBIRDS ARE GO
データ:シーズン3・2018~2020年/イギリス/二カ国語/30分/HD作品
製作総指揮:エステル・ヒューズ、ジャイルズ・リッジ、クライヴ・スピンク、リチャード・テイラー
声の出演:デヴィッド・メンキン、トーマス・ブローディ=サングスター、ラスムス・ハーディカー
日本語吹き替え:浪川大輔、花輪英司、柿原徹也、KENN、村瀬歩、上田燿司、寿美菜子、清水理沙、楠大典、種市桃子

© ITV Studios Limited / Pukeko Pictures LP 2020 All copyright in the original Thunderbirds™ series is owned by ITC Entertainment Group Limited.