エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NYシーズン1

12/7(金)12:00スタート!
【二カ国語版】毎週月曜~金曜12:00(2話連続)
【字幕版】毎週月曜~金曜19:00(2話連続)

ニュース

作品概要

ジョニー・リー・ミラー & ルーシー・リュー豪華共演!
現代のニューヨークを舞台にシャーロック・ホームズがワトソン女史と難事件に挑む、全米大ヒット中の犯罪捜査ミステリーをチャンネル初放送!

イントロダクション

シャーロック・ホームズが現代のニューヨークに現れたら……。そんな大胆な設定で展開するドラマが、現在全米で大ヒット中の犯罪捜査ミステリー「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」である。本作は、全米CBSネットワークで2012年9月27日より放送開始。第1話は1,340万人という高い視聴者数を獲得。その後も、シーズン1を通して1,100万人前後の安定した視聴者数をキープ。第3話の放送後にシーズン1 フルシーズンの放送が決定し、2013年1月には早くもシーズン2の製作・放送が決定、発表されるほどの人気を獲得、全米で多くの話題を集めた。

タイトルとなっている「エレメンタリー(ELEMENTARY)」は、コナン・ドイルの創造したシャーロック・ホームズを最初に舞台で演じた俳優ウィリアム・ジレットの名台詞「Elementary, my dear Watson. (初歩的なことだよ、ワトソン君)」から来ている。鋭い観察眼を駆使して皆が見落としてしまうような「初歩的な」手がかりで難事件を解決してしまうホームズの推理力はニューヨークでも健在だ。相棒のワトソンは、原作と同じく医者ではあるが、ファーストネームはジョンではなくジョーンという女性。エキセントリックで、時として反社会的な言動を見せるホームズのお目付け役として雇われたのだが、すぐに二人は互いの能力を認め、最強のパートナーシップを発揮していく。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン1 見どころ

全米視聴率ナンバーワン!※ 2012-13年シーズンの新ドラマ最大のヒット作

「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」は、全米CBSネットワークで2012年9月27日に放送を開始し、第1話は1,340万人という高い視聴者数を獲得!その後も、シーズン1を通して安定した視聴者数をキープし、第3話の放送時点で、シーズン1 フルシーズンの放送が決定した。2013年1月には早くもシーズン2の製作・放送が決定し、全米では多くの人気を集め、2012-2013年シーズンのNo.1新ドラマとして話題を集めた。

※米ニールセン調査: 2012-2013年 新作視聴率ランキング第1位

女性のドクター・ワトソン登場!

シャーロック・ホームズを主人公とした映像化作品はこれまで数多く作られてきたが、ホームズの相棒のワトソンを女性にしたのは「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」が初めて。本作がヒットしている要因のひとつに、女性版ワトソンのジョーンを演じるルーシー・リューとホームズ役のジョニー・リー・ミラーとの抜群の相性を挙げているTV評もあるが、ワトソンを女性にするというアイデアについて、クリエーターのロバート・ドハティは、「ワトソンを女性にするというのは、最初はちょっとしたジョークみたいなものだったんだ。ホームズが頼りにしている存在であるワトソンを女性にする以上に突飛なアイデアなんてないよなあ、なんて思ってね。でも、考えれば考えるほど、ワトソンを女性にしてみたくなっちゃって。」と語っている。

もちろん、世界中に居る膨大な人数のシャーロック・ホームズ・ファンの中には、ジョン・ワトソンを女性に変えるなんて冒涜に等しい行為だ!と憤る純粋主義なシャーロキアンもいたはずで、それを承知の上で敢えてジョーン・ワトソン役を引き受けたルーシー・リューは、「ワトソンを女性にするなんて、ショッキングなことだったと思うわよ。私にとってはそんなことはなかったけど。個人的に、それまでの常識を覆すような事が好きだから。でも、一部の人たちにとっては、ワトソンを女性に変えることは007を女性にするようなものだったのよ。ワトソンが女性になったからといって、世界がひっくり返るわけではないということを理解してもらうのには時間がかかるということなのだと思うわ」とインタビューで語っている。
ワトソン以外にも、シャーロックの兄マイクロフト、シャーロックが唯一心をかける女性アイリーン・アドラー、宿敵モリアーティなど、原作にある有名キャラクターたちも登場する。彼らがどういった形で現代のニューヨークに現れるのかも楽しみな作品である。

イギリス人俳優を多く起用したキャスティング

本作には主演のジョニー・リー・ミラーに加え、映画『ロック、ストック & トゥー・スモーキング・バレルズ』のヴィニー・ジョーンズ、映画『ハムナプトラ』シリーズのジョン・ハナー、「ゲーム・オブ・スローンズ」でマージェリー・タイレルを演じているナタリー・ドーマーなど、シャーロックに関連して登場するキャラクターにイギリス人俳優が多くキャストされている。

アイデアを盗みたくなるワトソンのファッションにも注目!

女性の視聴者にとって本作のもう1つの見どころは、ジョーン・ワトソンことルーシー・リューのファッションだろう。衣装を担当するレベッカ・ホフハーによると、ワトソンの衣装のインスピレーションはニューヨーク・シティで働く女性たちのファッションだそうだ。ホフハー曰く「私たちのほとんどは、いつも決まって着るような服があるけど、時々、他のアイテムを採り入れたりもするわよね。高価でずっと着られるような上質の服をベースにして、ザラのTシャツを着たり、ギャップのアーミー・ジャケットを合わせたりするのよ。ワトソンの衣装も、そういう感じが出るようにしたかったの。女性の視聴者が『あれなら私でも着られる』と思ってくれるような、オシャレだけど機能的な服装ね」とのこと。

そのようなコンセプトでワトソンが着るのは、アン・ドゥムルメステールやイザベル・マランのようなデザイナーの服だったり、Alice + Olivia、ラグ & ボーン、All Saints、ティビといったブランドである一方、クラブ・モナコやH & Mといった大衆的なチェーンの製品も混ざっていたりする。服選びにはリューもコラボするそうだが、ホフハーが1つだけ気をつけているのは、トレンドを極力避けて流行に関係無く長く着られる服に限ること。「10年後に『エレメンタリー』を観た時、その時の服選びを後悔したくないから」とホフハーはコメントしている。

ジョニー・リー・ミラーの友人である、あのベネディクト・カンバーバッチも絶賛!

本作でシャーロック・ホームズを演じているジョニー・リー・ミラーと、「SHERLOCK シャーロック」でホームズを演じているベネディクト・カンバーバッチは、私生活では友人同士であり、2011年にはロンドンのナショナル・シアターで上演された映画監督ダニー・ボイル演出による「フランケンシュタイン」でW主演として共演もしている。自分がブレイクした役を友人が演じていることについて質問された際、カンバーバッチは「『エレメンタリー』を観たけど素晴らしかった。だって、自分がすごく好きな俳優が、自分がすごく好きな役を楽しみながら演じていたんだから。彼も僕と同じように楽しんで演じているところを観るのはすごく素敵だった。彼は素晴らしい仕事をしてると思うよ」と、ミラーの演技を絶賛したことが報じられ、話題を呼んだ。

ストーリー

時は現代。ロンドン警視庁で顧問を務めていたが、薬物依存症となりリハビリのためにニューヨークに住み始めたシャーロック・ホームズ。そんなホームズのところへ、リハビリ付添人としてホームズの父に雇われたというジョーン・ワトソンなる女性が訪ねて来る。ワトソンは優秀な外科医だったが、手術の失敗によって患者を死なせたことを苦にして医者を辞め、違った形で病める人を助けたいという思いで依存症患者のリハビリ付添人になったのだった。

しかし、ホームズには自分自身で考えたリハビリ・プログラムのアイデアがあった。ロンドンで難事件を次々と解決していった天才的な探偵能力を活かしてニューヨーク市警の顧問に志願しようというのである。ロンドンで働いていた際に知り合ったというニューヨーク市警の警部グレッグソンのコネを得たホームズは、戸惑いながらも同行するワトソンを連れて、早速、殺人現場に乗り込んで行く……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

シャーロック・ホームズ/Sherlock Holmes (声:三木眞一郎)

鋭い観察眼と抜群の記憶力を駆使した推理で、警察の手に負えない難事件を解決する名探偵。ロンドン警視庁の顧問を務めていたが、薬物依存症のリハビリのためにニューヨークに移住。ロンドンで働いていた際に知り合ったグレッグソン警部のツテでニューヨーク市警の顧問になる。天才レベルの知能を持つ一方、他人に対する配慮に欠けるところがあるゆえ、無神経な発言や無遠慮な行動が多く、ヒンシュクをかうこともしばしば。良好な人間関係を築くのが非常に苦手である。

ジョニー・リー・ミラー Jonny Lee Miller

1972年11月15日ロンドン南西部のキングストン・アポン・テムズ生まれ。両親は共に舞台俳優で、母方の祖父は007シリーズで初代の“M”を演じたバーナード・リーという俳優一家の出身。1982年にBBCの人気TVシリーズ「ドクター・フー」でデビューし、子役/ティーン俳優としてイギリスのTVドラマを中心に活躍。最初の妻アンジェリーナ・ジョリーと共演した『サイバーネット』で映画初出演を果たし、『トレインスポッティング』のシック・ボーイ役で注目される。以来、イギリスとアメリカの両国で、TV、映画、舞台と多面的に活躍。主な出演作は「デクスター(シーズン5)」、「弁護士イーライのふしぎな日常」、『ダーク・シャドウ』など。モデル/女優である妻のミシェル・ヒックスとの間に2008年生まれの息子がいる。

ジョーン・ワトソン/Joan Watson (声:田中敦子)

優秀な外科医だったが、手術に失敗して患者を死なせてしまったことに悩み医者を辞職。薬物依存症だったホームズのリハビリをサポートする付添人として、ホームズの父親に雇われる。最初はエキセントリックなホームズの突飛な行動に振り回されるが、次第にホームズを理解するにつれ彼のもとを去りがたくなり……。ホームズの方も、医学知識が豊富で理知的なワトソンは彼にとってこの上ないパートナーであることに気づき、探偵業を指南していく。

ルーシー・リュー Lucy Liu

1968年12月2日ニューヨーク州ニューヨークで台湾からの移民だった両親の間に生まれる。ミシガン大学を卒業。1991年にプロの女優デビューを果たした「ビバリーヒルズ高校白書」を皮切りに、TVドラマのゲスト出演や映画の端役出演をこなしていくが、1998年、「アリー・myラブ」のリン役でブレイク。その後は、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『シカゴ』、『キル・ビル』など、映画でも印象的な役を演じ、ハリウッドで成功を収めた数少ないアジア系女優の1人となった。アーティストとしても才能を発揮し、これまでアメリカやローロッパで展示会を開催。売り上げの一部をユニセフに寄付している。中国語に堪能。

トーマス・グレッグソン/Captain Thomas Gregson (声:堀内賢雄)

ニューヨーク市警の警部。ロンドン警視庁のテロ対策部に出向した際にホームズと知り合い、彼の活躍に大いに感心した経験を持つ。それゆえ、ニューヨークに移住してきたホームズの助力を受け容れるが、ホームズの能力を高く評価する一方で、彼の反社会的な言動にハラハラさせられることも多い。

エイダン・クイン Aidan Quinn

1959年3月8日イリノイ州シカゴ生まれ。両親はアイルランドからの移民で、シカゴとアイルランドの間を行き来しながら育つ。兄は『リービング・ラスベガス』や『レイチェルの結婚』などを手がけた撮影監督のデクラン・クィン。1984年、青春映画『俺たちの明日』で主役の高校生を演じて俳優デビュー。翌年の『マドンナのスーザンを探して』でロザンナ・アーケット演じるヒロインの相手役を演じて注目される。1985年のTV映画「サイレント・ローズ/真実への序曲」と2007年のTV映画「Bury My Heart at Wounded Knee」ではエミー賞にノミネートされた。妻は女優のエリザベス・ブラッコ(ロレイン・ブラッコの妹)で、2女の父親である。

マーカス・ベル/Detective Marcus Bell (声:あべそういち)

グレッグソン警部の部下でニューヨーク市警の刑事。警察のマニュアルに沿って真面目にキチンとした仕事をする性格ゆえ、初めはホームズの型破りな捜査方法を懐疑的な眼で観る。しかし、何度か一緒に仕事をしていくうちにホームズの推理力が本物であることがわかり、ホームズに敬意を払い、彼のアドバイスを受け入れるようになる。第2話よりの登場。

ジョン・マイケル・ヒル Jon Michael Hill

1985年7月28日イリノイ州ウォキーガン生まれ。イリノイ大学在学中から、「リア王」や「六次の隔たり」などの舞台劇を演じる。2010年、「八月の家族たち」の脚本家トレイシー・レッツが戯曲を書いた舞台劇「Superior Donuts」でトニー賞助演男優賞にノミネートされた。同年、「デトロイト 1-8-7」の刑事役でTV俳優デビューを果たす。TVドラマ出演作には他に「パーソン・オブ・インタレスト」や「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」などがある。

作品基本情報

原題:ELEMENTARY
データ:シーズン1・2012~2013年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/シーズン1・全24話/HD作品
企画:ロバート・ドハティ
製作総指揮:カール・べヴァリー、ロバート・ドハティ、サラ・ティンバーマン、クレイグ・スウィーニー
出演:ジョニー・リー・ミラー、ルーシー・リュー、エイダン・クイン、ジョン・マイケル・ヒル(#2~)