ママさん刑事ローラ・ダイヤモンドシーズン2

<独占日本初放送>
4/7(水)22:00スタート!
【字幕版】毎週水曜22:00ほか
 
<まだ間に合う! シーズン2>
【字幕版】
第1話~6話:5/15(土)23:00
 
 
 

ニュース

イントロダクション

豪快な性格と鋭い感性で次々に事件を解決していくママさん刑事ローラ!
ロマンスの行方からも目が離せないシーズン2、第1話を先行プレミア放送!!

シーズン2 見どころ

製作陣とキャストのその後の活躍が華々しい!

ローラとジェイクの関係から引き続き目が離せないシーズン2。企画・製作総指揮のジェフ・レークによると、シーズン3以降の構想も出来上がっていたようだ。衝撃の結末を迎えるシーズン2の後、シーズン3はシーズンを通してフラッシュバックとなり、結婚が破綻する前のストーリーに戻る。シーズン3のエンディングで現在に戻り、シーズン4からはその続きが語られる。なんとも気になる内容の構想だが、非常に残念なことに、本シリーズはシーズン2でのキャンセルが決まってしまった。それもそのはず、製作陣もキャストも業界で引っ張りだこの才能の持ち主たち。製作総指揮をつとめるグレッグ・バーランティは、「SUPERGIRL/スーパーガール」「ブラックライトニング」などのDCコミックシリーズや「リバーデイル」「ケイティ・キーン」などのアーチーコミックシリーズ、そして「YOU ―君がすべて―」「The Flight Attendant(原題)」などの配信サービス向けシリーズ、さらには「レッドライン ~悲しみの向こうに」「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」など、一体いつ休んでいるのか? というくらいヒット作を連発し続け、同じく製作総指揮のアーロン・カプランも「サンタクラリータ・ダイエット」「Divorce/ディボース」「The Unicorn(原題)」「A Million Little Things(原題)」など、手がける作品を挙げたら枚挙にいとまがない。製作総指揮のマックGは「リーサル・ウェポン」「スーパーナチュラル」などを送り出しているし、企画・製作総指揮のジェフ・レークは本シリーズの後に同じNBCネットワークで、人気シリーズ「MANIFEST/マニフェスト」を生み出した。ローラ役のデブラ・メッシングは、カムバックした「ふたりは友達? ウィル&グレイス」でゴールデングローブ賞にノミネートされ、ジェイク役のジョシュ・ルーカスも『フォードvsフェラーリ』「Yellowstone(原題)」など大作に出演している。シーズン2でのキャンセルは実に残念だが、こんなに多忙な人たちを一手に集めるのは至難の技であることも想像に難くない。とりあえずは一旦休止ということで、いつかまたシーズン3以降が製作されることを願うばかりだ。(「ふたりは友達? ウィル&グレイス」のカムバックのように!)豪華と言えば、シーズン2に登場するゲスト俳優陣たちにも注目。「ジ・オフィス」のジェナ・フィッシャーや『スタンド・バイ・ミー』のジェリー・オコンネル、「欲望は止まらない!」のデビー・ライアンなど、重要なキャラクターを演じている。また、「ヴェロニカ・マーズ」のエンリコ・コラントーニもハウザー元警部役で再登場する。

原作はスペイン発のミステリーシリーズ

「ママさん刑事ローラ・ダイヤモンド」はいかにもアメリカのテレビドラマという感じがするが、実はスペイン発のミステリーシリーズが原作となっている。カルロス・ビラ、ハビエル・オルガド、グレゴリオ・キンタナ・デ・ウーニャが企画した「Los Misterios de Laura」は、2009年〜2014年にかけてTVE(Televisión Española)とBoomerang TVで放送された。ローラ役のマリア・プハルテは、スペインのZapping Awardsで2度に渡って主演女優賞にノミネートされ、Premios ACEで主演女優賞を受賞している。原作シリーズは「アガサ・クリスティー」シリーズや「ジェシカおばさんの事件簿」、「刑事コロンボ」を反映しており、ローラが身につけているダサいレインコートは「刑事コロンボ」へのトリビュートとなっている。今となっては登場しなくなってしまったが、アメリカ版ローラがシリーズ冒頭でダサいレインコートを着ていたのも、それをまねしている。アメリカ版ローラはデブラ・メッシングが演じているが、一時はデミ・ムーアやフェリシティ・ハフマンも候補として上がっていたようだ。

ストーリー

ローラ・ダイヤモンドはニューヨーク市警の殺人課に所属する刑事。事件解決に向けた捜査のため日々NYの街を駆け回る一方、プライベートでは凶悪事件にも負けず劣らずやんちゃな双子の息子たちに振り回されながら、シングルマザーとして奮闘している。浮気癖のあった元夫ジェイクとは離婚が成立しているが、ジェイクは同じニューヨーク市警2分署の警部でローラの上司。ジェイクはローラに未練があるようだが、ローラにはトニーというボーイフレンドがいて、忙しい日々の合間を縫って恋も成就させようとしている。

ある日、事件現場でジェイクが銃に撃たれてしまった。一命は取りとめるが、息子たちの父親であるジェイクが倒れて顔面蒼白となったローラは、ジェイクの回復をサポートするべく必死に看病する。一方、2分署ではジェイク不在の間、代理警部としてサンティアーニがやってきた。ビジネスライクで規律のとれた組織を好むサンティアーニは、明らかに2分署の雰囲気にはそぐわないが、ジェイクが復帰しても警部の座を渡す気はさらさらない。八方塞がりになったジェイクは、2分署に残るために自ら降格することを決断し、サンティアーニの下でローラの相棒として働くことになる。しかし、ローラはジェイクの様子がおかしいことに気づき……。

ローラ、ジェイク、トニーの気になる三角関係の行方は?! 新たに相棒となったビリーとメレディスの関係は進展するのか?! そしてサンティアーニが居座る2分署の運命やいかに?!

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ローラ・ダイヤモンド/Laura Diamond

ニューヨーク市警2分署殺人課の刑事であり、6歳の双子の息子がいる母親。豪快な性格だが細部を見落とさない捜査と、素晴らしい勘が事件を解決へと導く。仕事に家事、子育と休む暇なく奮闘中。離婚が成立した元夫ジェイクとは、同じ2分署殺人課で相棒として働いている。仕事に家事、子育てと休む暇なく奮闘中で、その合間を縫ってボーイフレンドのトニーとの恋も楽しんでいる。

デブラ・メッシング Debra Messing

1968年8月15日、米ニューヨーク、ブルックリン生まれ。コメディドラマシリーズ「ふたりは友達? ウィル&グレイス」でグレイス・アドラー役を演じ、世界中の視聴者を魅了したことで知られている。この作品でエミー賞主演女優賞を獲得したほか、ゴールデングローブ賞にもノミネートされた。その後、ジジ・レヴァンジー・グレイザー原作のベストセラー小説でジョン・アヴネットが監督をつとめた「スターター・ワイフ」のミニシリーズで主演をつとめ、初回放送では540万人に視聴された。この作品ではエミー賞10部門にノミネートされ、さらにゴールデングローブ賞においても2年連続ノミネートされた。最近ではスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめたミュージカルドラマ「SMASH」でジュリア・ヒューストン役を演じた。映画作品では、ウディ・アレンが監督をつとめた『さよなら、さよならハリウッド』、他にも『search/サーチ 』、『明日の私に着がえたら』、『ラッキー・ユー』、『Nothing Like the Holidays(原題)』、『The Wedding Date(原題)』など多数の作品に出演。2018年には「ふたりは友達? ウィル&グレイス」が3シーズンに渡ってカムバックし、グレイス・アドラー役でゴールデングローブ賞に再びノミネートされた。

ジェイク・ブロデリック/Jake Broderick

ローラの元夫であり双子の息子の父親。陽気で魅力的ではあるが自分勝手な性格である。浮気癖により離婚に応じざるを得なかったが、ローラへの未練はあからさま。ニューヨーク市警2分署の警部だったが、事件現場で負傷して療養している間に警部の座を奪われてしまう。そして、2分署に残るために自ら降格することを決断する。

ジョシュ・ルーカス Josh Lucas

1971年6月20日、米アーカンソー州リトルロック生まれ。演劇・討論プログラムがある高校に通っていた。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめた『南北戦争前夜』で若き日のジョージ・アームストロング・カスター役を演じたことや『生きてこそ』でブレークを果たしたことをきっかけにニューヨークで演技を本格的に学んだ。その後『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』『アメリカン・サイコ』『メラニーは行く!』などに出演し、アカデミー賞を受賞した『ビューティフル・マインド』ではラッセル・クロウのライバル役を演じた。アン・リー監督の『ハルク』や『ウォルター少年と、夏の休日』、 デヴィッド・ゴードン・グリーン監督の『アンダートウ 決死の逃亡』や『ワンダーランド』、ラッセ・ハルストレム監督の『アンフィニッシュ・ライフ』『グローリー・ロード』で主演級の役を演じた。『ステルス』や『ポセイドン』などの大作にも出演。その後、『17歳 キャロラインの三角関係』『サイコ リバース』『J・エドガー』『リンカーン弁護士』などに出演し、『Red Dog(原題)』では、IF Awardsでオーストラリアの最優秀俳優賞を受賞した。最近では、『リトル・アクシデント―闇に埋もれた真実―』『マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く!』に出演し、『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』ではダスティン・ホフマンの相手役で主演、『フォードvsフェラーリ』ではフォード社副社長のレオ・ビーブを演じ、「Yellowstone(原題)」でケヴィン・コスナー演じるメインキャラクターの若き頃を演じた。映画作品のほか、ブロードウェイなど舞台でも活躍している。

ビリー・ソト/Billy Soto

ニューヨーク市警2分署の刑事でローラの元相棒。いつもローラを援護する、頼れる存在。捜査では自身の恵まれたルックスを武器にすることも多い。最近になってメレディスとタッグを組むようになったが、メレディスの気持ちに気づいているのかは謎。

ラズ・アロンソ Laz Alonso

1974年3月25日、米ワシントンD.C.生まれ。幼少の頃より、俳優への憧れを持つ。名門ハワード大学ビジネススクールを卒業した後マーケティングを専攻し、経営学の学士号を取得。大学卒業後は投資銀行家としてウォール街で働いていた。テレビドラマでは、「Deception(原題)」「ブレイクアウト・キング」に出演した。映画では、『バトル・オブ・ザ・イヤー ダンス世界決戦』で ジョシュ・ホロウェイ、ジョシュ・ペック、 クリス・ブラウンと共演。2011年には『ジャンピング・ザ・ブルーム ~恋と嵐と結婚式~』にてNAACPイメージ・アワードで主演男優賞を受賞したほか、BETアワードにおいてもノミネートされた。『ワイルド・スピード MAX』では悪役を演じ、ジェームズ・キャメロン監督『アバタ―』にも出演している。他にも『ストンプ・ザ・ヤード』『This Christmas(原題)』『ジャーヘッド』『わらの犬』『セントアンナの奇跡』『セックス・トラフィック 悪夢の週末』「LA's FINEST/ロサンゼルス捜査官」「ザ・ボーイズ」などに出演。自身が製作総指揮と主演をつとめた『Down for Life(原題)』はトロント国際映画祭で称賛を得た。

メレディス・ボース/Meredith Bose

ニューヨーク市警2分署の刑事でローラをライバル視している。規律を守る真面目な性格なため、破天荒なローラが気にくわない。

ジャニナ・ガヴァンカー Janina Gavankar

1980年11月29日、米イリノイ州生まれ。「Lの世界」「The Gates(原題)」「トゥルーブラッド」への出演で熱狂的ファンを獲得。その後、「ARROW/アロー」「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「The League(原題)」「グッドウィン家の遺産相続バトル」「Traffic Light(原題)」「スリーピー・ホロウ」「ザ・モーニングショー」などにも出演した。映画では、『ベガス流 ヴァージンロードへの道』『Who's Afraid of Vagina Wolf? (原題)』『Satellite of Love(原題)』『ピーウィーのビッグ・ホリデー』『ブラインドスポッティング』に出演し、『探偵クレア 白蘭の女』ではオリヴィア・サールビーやジェニファー・ビールスと、『ザ・ウェイバック』ではベン・アフレックと共演した。自身が共同監督、共同脚本、製作総指揮、主演をつとめ、デボラ・メッシングも出演した短編ホラー映画『Stucco(原題)』は、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭を始めとする各地の映画祭で受賞、ノミネート。ミュージシャンとしての一面も持つ。

マックス・カーネギー/Max Carnegie

有能な調査補助員。少し抜けていているところもあるが真面目な働きぶりで2分署を支える。時にはローラの息子たちのベビーシッターをこなすことも。スキルにますます磨きがかかり、ローラだけでなく2分署全体にとって、なくてはならない存在になっている。

マックス・ジェンキンス Max Jenkins

1985年3月13日、米ニューヨーク州生まれ。「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」「30 ROCK/サーティー・ロック」「ゴシップガール」などにゲスト出演している。サウス・バイ・サウスウエスト映画祭の長編ドラマ部門で審査員賞大賞を獲得した『Fort Tilden(原題)』にも出演。2019年には「デッド・トゥ・ミー~さようならの裏に~」に出演している。自身が主演した短編映画『Crown Prince(原題)』では、共同脚本とプロデューサーもつとめた。

ナンシー・サンティアーニ/Nancy Santiani

ジェイクの療養中に代理警部として2分署にやってきた警部。ビジネスライクで規律のとれた組織を好み、ローラとはまったくウマが合わず、ローラに毎回名字を間違われるほどだ。代理警部だったはずが、ジェイクが戻ってきても警部の座を渡さず、自宅から遠い2分署にとどまるのには何か理由がありそうだ。

キャリー・ソーン Callie Thorne

1969年11月20日生まれ、米マサチューセッツ州ボストン生まれ。マサチューセッツ州のウィートンカレッジで劇文学を専攻。「ホミサイド/殺人捜査課」「ER 緊急救命室」「THE WIRE/ザ・ワイヤー」「プリズン・ブレイク」「レスキュー・ミー ~NYの英雄たち」「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」など数々のテレビドラマに出演し、主役に抜てきされた「ダニーのサクセス・セラピー」でゴールデングローブ賞にノミネートされる。映画では、『乱気流/タービュランス』『ワンダーランド駅で』『サイドウォーク・オブ・ニューヨーク』『アナライズ・ユー』などに出演。

作品基本情報

原題:The Mysteries of Laura Season 2
データ:シーズン2・2015~2016年/アメリカ/字幕/60分/全38話(今回シーズン2・全16話)/HD作品
製作総指揮:グレッグ・バーランティ、ジェフ・レーク、アーロン・カプラン、マックG、トッド・リトゥーシー、サラ・シェクター
出演:デブラ・メッシング、ジョシュ・ルーカス、ラズ・アロンソ、ジャニナ・ガヴァンカー、マックス・ジェンキンス