クリミナル・マインドシーズン8

ニュース

作品概要

FBIの最強プロファイラー・ユニット“BAU(行動分析課)”のメンバーが様々な凶悪犯罪に挑む、
次々と起こる歪んだ事件。大ヒット犯罪捜査ミステリー、待望のシーズン8をチャンネル初放送!

イントロダクション

「クリミナル・マインド」とは、米CBSネットワークにて2005年秋より放送を開始し、今秋にはついにシーズン12に突入するというロングラン犯罪捜査サスペンス。FBI(アメリカ連邦捜査局)に実在する機関“BAU”。そこに所属し、犯罪者の心理を知り尽くした一流のプロファイラーたちが本作の登場人物。彼らは全米各地でシリアル・キラー(連続殺人鬼)が事件を起こすと現地に飛び、犯行現場の様子から犯人像をプロファイリングし、一刻も早い犯人逮捕をめざす。

犯罪を繰り返すことで己の欲望を満たそうとするのがシリアル・キラー。膨大なデータに基づき、彼らを“秩序型”“無秩序型”などに分類し、それぞれの特徴を新たな犯罪者たちの足跡に照らし合わせることで次なる犯行を予測する、地上最強のプロフェッショナル・ユニットが“BAU”だ。しかし、時に現実の犯罪者は彼らの予想を上回る欲望の強さと残虐さをもって捜査を混乱に招く。一方、事件を調べる“BAU”のメンバーの側にも深い心の闇が……。罪なる心(クリミナル・マインド)を抱えた人々がおりなす、空前絶後かつ予測不可能な犯罪ドラマの最終進化形、それが「クリミナル・マインド」だ。

出演はTV「ふたりは最高! ダーマ & グレッグ」でグレッグを演じたトーマス・ギブソン、映画『週末はマフィアと!』でヴェネチア国際映画祭の男優賞を受賞したジョー・マンテーニャほか、製作総指揮は映画『スピード』『プライベート・ライアン』などのハリウッドの大物製作者マーク・ゴ-ドン、脚本家としても活躍しているエリカ・メッサーらが手がけている。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン8 見どころ

“科学捜査”の次は犯罪者の心理を探る“プロファイリング”が熱い!

米TV界では「CSI」シリーズ、「BONES」など、最新の科学捜査テクニックを題材にした犯罪ミステリー・ドラマが流行したが、犯行の手口を調べる展開だけでは推理ドラマとしても人間ドラマとしても、どうしても限界がある。そんな声に応えるかのように現れたのが、犯罪者の心を分析してその闇を暴くというまったく異なる捜査方法、“プロファイリング”を取り上げた「クリミナル・マインド」だ。プロファイリング自体は小説や映画で注目された「羊たちの沈黙」や、元FBI行動科学課のロバート・K・レスラーが著者に名を連ねる実録ベストセラー「FBI心理分析官~異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記~」によって日本でもおなじみだが、ここまでリアルかつ詳細にプロファイリングを取り上げたTV・映画としては「クリミナル・マインド」が筆頭に挙げられるだろう。

新キャラクターが加わるシーズン8は見どころ満載!

シーズン7の最後でインターポールのロンドン支局で働くことを決めたエミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)に代わり、BAUに新たにドクター・アレックス・ブレイク(ジーン・トリプルホーン)が加わる。20代前半でFBIに入局するという、リードと似た過去を持つ才色兼備の捜査官の彼女が、BAUチームでどのように機能していくのかもみどころの一つ。リード役マシュー・グレイ・ギュブラーが「いいシーズンだった!」とコメントする今回のシーズン8ではBAUのメンバーそれぞれに訪れる変化も見逃せない。これまでも何度か恋愛対象との遭遇はあったリードだが、ついに彼の人生を左右する出会いが訪れる。またホッチナーには再び危機が……!?
なお、リード役マシュー・グレイ・ギュブラーはシーズン8では2エピソードの監督を務めている。監督を手がけたエピソードの中でもギュブラーが特にお気に入りだという第10話「人形遣い」は要チェック。ギュブラーが監督した第20話「錬金術」では彼が演じるリードが大きな転機を迎えるエピソードとなっており、リード・ファンでなくとも要注目のエピソード。また、ホッチナー役トーマス・ギブソンも、第14話「姉妹」の監督を手がけている。

ストーリー

BAUを去ったプレンティスの後任として、アレックス・ブレイクが着任してくる。24歳でFBIにスカウトされた秀才で、リードと同じく博士号を持ち大学教授でもあるブレイクだったが、過去に炭疽菌事件の誤認逮捕で矢面に立たされ、出世コースから失脚。やっとの思いでBAUに加わったらしい。

そんな中、BAUチームは新たな事件の捜査に乗り出す。刑務所で発作を起こした受刑者を搬送中の救急車が事故を起こし、運転手と救命士が死亡、受刑者は刑務官を殺して逃走した。殺された刑務官の口が糸で縫い付けられていたことから、彼が8年前の未解決連続殺人事件の犯人「サイレンサー」であることが判明する。2004年に女性を3人殺したあと、サイレンサーの犯行は途絶えていたが、実は交通違反で逮捕されて黙秘を通し続けていたのだった。本名も身元も未だに分からない。しかも殺された刑務官の口の中には、「向こう側から見る」という意味不明の言葉が記された紙片が入っていた……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

アーロン・“ホッチ”ホッチナー/Aaron Hotchner (声:森田順平)

BAUを指揮するリーダーで通称「ホッチ」。常にスーツを着た正統派のFBI捜査官であると共に、自身も優れたプロファイラーである。正義感が強く、部下たちに厳しい一面がある一方、上層部などの圧力から彼らを守ろうと苦労することも多い。真面目すぎる性格のせいで仲間たちのジョークに気づかず、とぼけた反応をすることも。連続殺人犯「リーパー」の恨みを買い妻ヘイリーを殺害されてしまう。現在の恋人ベスがニューヨーク栄転となったため、遠距離恋愛を余儀なくされる。

トーマス・ギブソン Thomas Gibson

1962年7月3日、米サウスカロライナ州チャールストン生まれ。10歳の頃、舞台に立ったのが初めての演技体験で、ジュリアード学院などで演技を学ぶ。舞台で活動した後、『遥かなる大地へ』で映画デビュー。映画は他にも『スリープ・ウィズ・ミー』『アイズ ワイド シャット』『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』などに出演。TV「シカゴ・ホープ」では「クリミナル・マインド」の共演者マンディ・パティンキンと共演し、医師ダニエル・ナイランド役で出演。5シーズン続いた人気シットコム「ふたりは最高! ダーマ&グレッグ」ではグレッグ役に扮し、世界中で知られる顔に。妻との間に3人の子供がいる。身長1m88cmの長身で、特技はゴルフ。

デヴィッド・“デイヴ”・ロッシ/David Rossi (声:小川真司)

BAU創立メンバーであり、過去数々の難事件を解決した伝説のプロファイラー。10年前に引退した後は著作や講演会、コンサルタント業で活躍している成功者だったが、自ら志願し、ホッチの部下として現場に復帰する。3回の離婚歴があるが、以前より、秘密裏にBAUユニット・チーフのエリン・ストラウスと付き合っている。

ジョー・マンテーニャ Joe Mantegna

1947年11月13日、米イリノイ州シカゴ生まれ。映画『週末はマフィアと!』でヴェネチア国際映画祭の男優賞を受賞。その他『ゴッドファーザー PART III』『バグジー』など多数の映画に出演、大人気CGアニメ『カーズ2』では声優としても活躍。娘のジーア・マンテーニャも女優。

デレク・モーガン/Derek Morgan (声:咲野俊介)

BAUきっての行動派捜査官。重要参考人が隠れていると思われる場所には、拳銃を構えながら先頭を切って突入し、時に銃撃戦が発生してもひるまない度胸の持ち主。しかしプロファイラーとしての見識も豊かで、同僚たちに劣らない。行動も言動も体育会風で、豪快にふるまうことも多い。10歳の頃、目の前で強盗を捕まえようとして殉職した父親の相棒ジェイソンが、9・11における活躍によって栄誉を受けることになり、勲章の授与式でのスピーチを依頼を受けたものの、父への気持ちを未だ言葉にできずに葛藤する。同僚のガルシアとは性別を越えた友情を育み、年中お互いにからかい合う名コンビぶり。少年時代にフットボールのコーチから性的虐待を受けていた過去を持つ。

シェマー・ムーア Shemar Moore

1970年4月20日、米カリフォルニア州オークランド生まれ。モデル業を経て、俳優の道へ進み、マルコム・ウィンタース役に扮したソープオペラ「The Young and the Restless(原題)」ではデイタイム・エミー賞を受賞。TVムービー『スーパー・リッチと結婚する方法』に出演し、TV「ゴッサム・シティ・エンジェル」にはジェシー・リース刑事役でレギュラー出演。音楽番組「ソウル・トレイン」の司会をしたこともある。有色人種を対象にしたイメージ・アワードも7度受賞している。かつて女優のハル・ベリーや歌手のトニ・ブラクストンとの交際を報じられた。

ドクター・スペンサー・リード/Dr. Spencer Reid (声:森久保祥太郎)

IQ187の天才的頭脳を持つ若手捜査官。高校を12歳で卒業し、飛び級で入学した大学では数学、化学、工学、心理学、社会学、哲学という幅広い分野の学問を学んだ。文章を読むスピード、記憶力も常人離れしている。以前犯人に拉致・拷問された記憶から逃れるために麻薬中毒に陥りそうになったこともある。頭痛で悩んでいたときに知り合った遺伝子学者のメイヴと毎週日曜日に電話で会話をしていくうちに、相談役のような存在の彼女に次第に心惹かれていく。

マシュー・グレイ・ギュブラー Matthew Gray Gubler

1980年3月9日、米ネバダ州ラスベガス生まれ。少年時代から映画監督をめざすが、高校では映画の授業がなく、演技を学んだ。ニューヨーク大学の芸術学部で映画製作を学びながら、トミー・ヒルフィガー、マーク・ジェイコブス、ルイ・ヴィトン、バーバリーなどのモデルとしても活動。ウェス・アンダーソン監督の映画『ライフ・アクアティック』でプロ俳優デビューし、映画『RV』にも出演。アニメ映画『アルビン/歌うシマリス3兄弟』の原語版では声優をつとめた。俳優活動のかたわら自主製作映画の監督・制作・脚本もこなし、当シリーズでもこれまでに9本のエピソードで監督を務めている。

ジェニファー・“JJ”・ジャロウ/Jennifer'JJ' Jareau (声:園崎未恵)

ルックスはキュートで仕事もデキる女性捜査官。BAUでは主に各地の警察との連絡、FBI内部での調整、マスコミへの対応を担当する。実の父親が連続殺人犯で、姉は自分が幼い頃に自殺したという辛い過去が糧となり、今は女性らしい心配りで犯人への説得や遺族らへの対応をこなす。刑事ラモンテーンとの間にもうけた息子の子育てで悩んでいる。

A・J・クック A.J. Cook

1978年7月22日、カナダのオンタリオ生まれ。映画『ヴァージン・スーサイズ』『クールボーダー』『デッドコースター』などに出演。ヘイデン・クリステンセンと共演したTV「マウンテン・ウォーズ ホライズン高校物語」ではシェルビー役で、また、TV「トゥルー・コーリング」ではリンジー役で、それぞれレギュラー出演。シーズン4ではJJが臨月を迎えたという形で一時メタ・ゴールディング演じるジョーダン・トッドが広報担当を代行するが、それはクック本人が実際に出産を控えていたためで、シーズン4放送開始直前の2008年9月、夫との間に初めての子供が生まれ、現在は2児の母。

ペネロープ・ガルシア/Penelope Garcia (声:斉藤貴美子)

クワンティコにあるBAUの自室で多数のPCを操り、インターネット、FBI・各地警察など公的機関のデータベースから、捜査に必要な情報を天才的なスピードで収集し、BAUの捜査官たちを支える技術分析官。極めて陽気な性格。両親はヒッピーだったが彼女が18歳の時に交通事故で死亡。その後グレてカリフォルニア工科大を中退して引きこもっていた。暗号学は独自で続けていて、トップクラスのハッカーに。そのためFBIにリクルートされた。今は仕事以外でもボランティアで殺人被害者の遺族のカウンセリングをしている。新しく着任してきた才色兼備のアレックス・ブレイクに危機感を覚えるが、改めて自己紹介をして打ち解ける。ケヴィンとヨリを戻そうとするもなかなかタイミングが合わずうまくいかないところを、ロッシに慰められる。

カーステン・ヴァングスネス Kirsten Vangsness

1972年7月7日、米カリフォルニア州生まれ。舞台での活動で幾つかの賞を受賞。また文才もあり、ロサンジェルス・タイムズ誌に寄稿したこともある。俳優として生活費を稼げるようになるまでには、代理教員や子供のカウンセラーなど多数の仕事をした。本作のスピンオフである「クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル」にも同役で出演。2015年11月、俳優・脚本家のキース・ハンソンと婚約。2016年公開予定『Diani & Devine Meet the Apocalypse(原題)』ほか、『Dave Made a Maze(原題)』に出演。

アレックス・ブレイク/Alex Blake (声:安藤麻吹)

BAUを去った女性捜査官プレンティスの代わりに新たに着任した女性捜査官。24歳の若さでFBIにスカウトされた才色兼備のエリートで、言語学の博士号を持つ大学教授でもある。10年前に起こした誤認逮捕が原因で出世コースから失脚、やっとの思いでBAUに加わったものの、今でも当時の上司だったストラウスとの間には、わだかまりがある。

ジーン・トリプルホーン Jeanne Tripplehorn

1963年6月10日、米オクラホマ州生まれ。1992年『氷の微笑』で映画デビューを果たし、その後『ザ・ファーム/法律事務所』、『ウォーターワールド』に出演。夫は俳優リーランド・オーサー(「ER 緊急救命室」ドゥベンコ役)で、1児の母。2009年の「グレイ・ガーデンズ 追憶の館」でジャクリーン・ケネディ・オナシス役を演じ、エミー賞助演女優賞にノミネートされた。