クリミナル・マインドシーズン1

ニュース

作品概要

FBIの最強プロファイラー・ユニット“BAU(行動分析課)”のメンバーが様々な凶悪犯罪に挑む、全米視聴者数ランキングで常に上位にランク入りしている話題の大ヒット・ドラマ。
その記念すべきシーズン1を全話一挙放送!!

イントロダクション

「クリミナル・マインド」とは、米CBSネットワークにて2005年秋より放送を開始し、本国では2020年1月からシーズン15が放送予定のロングラン犯罪捜査サスペンス。FBI(アメリカ連邦捜査局)に実在する機関“BAU”。そこに所属し、犯罪者の心理を知り尽くした一流のプロファイラーたちが本作の登場人物。彼らは全米各地でシリアル・キラー(連続殺人鬼)が事件を起こすと現地に飛び、犯行現場の様子から犯人像をプロファイリングし、一刻も早い犯人逮捕をめざす。

シリーズの原点となるシーズン1では、ロッシの前任であったギデオン(演じるのは「シカゴ・ホープ」でエミー賞のドラマ・シリーズ主演男優賞に輝くマンディ・パティンキン)や、プレンティスが登場する以前の女性レギュラー・キャラクター、エル(演:ローラ・グラウディーニ)ら、懐かしい面々が登場する。

注)初回放送当時の情報となります

ストーリー

バージニア州クワンティコにあるFBIの重要セクション、行動分析課(BAU…Behavioral Analysis Unit)。彼らは無数の犯罪者たちの特徴をデータ化し、行動科学的に分析することで新たな犯罪者の行動を予測する“プロファイリング”のエキスパートが集まった、エリート集団である。全米各地では常に異常な連続犯罪が発生しており、中でも似た手口の殺人事件を繰り返す犯罪者は“シリアル・キラー”と呼ばれる。心の闇から生まれる歪んだ欲望を、殺人という行為で満たすしかないが、その欲望はどこまでも深く、多くのシリアル・キラーは再び犯罪に手を染めていく。それを予測し、ありとあらゆる方法で阻止するのがBAUの使命だ。シリアル・キラーに手が負えなくなった全米各地の警察から、捜査協力の依頼が届けば、すぐさま専用のジェット機に乗り、彼らは全米各地に飛んでいく。

そのBAUメンバーの顔ぶれは、チームを指揮する沈着冷静なリーダーである“ホッチ”ことホッチナー、性犯罪に詳しく繊細なハートを持つ女性捜査官エル、捜査の最前線で持ち前の行動力を発揮する体育会系のモーガン、天才的頭脳を持つが人としても捜査官としてもまだ経験不足なドクター・リード、各地の警察やマスコミとの交渉をてきぱきとさばく美人捜査官JJ、インターネットを駆使した情報収集を得意とする女性分析官、ガルシア。

そこへ、ベテラン・プロファイラーのギデオンが招聘された。彼はある事件でミスをし、何人かの部下を失ったことから捜査の現場を去ったという過去があり、今もまだ危うい内面を抱えているようだ。ギデオンだけでなく、異常な心を持った者がしでかす凶悪犯罪は、その捜査に臨んだ捜査官たちの心理をも、少しずつ不安にし、傷つけていく……。それでもBAUの面々は、シリアル・キラーたちとの果てしなき死闘に立ち向かっていくのである。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

アーロン・“ホッチ”ホッチナー/Aaron Hotchner (声:森田順平)

BAUを指揮するリーダーで通称「ホッチ」。常にスーツを着た正統派のFBI捜査官であると共に、自身も優れたプロファイラーである。正義感が強く、部下たちに厳しい一面がある一方、上層部などの圧力から彼らを守ろうと苦労することも多い。また、仕事中毒に近い毎日を送っており、愛する妻ヘイリーとの仲がすれ違いがちなのが悩みに。真面目すぎる性格のせいで仲間たちのジョークに気づかず、とぼけた反応をすることも。ショーンという弟がいる。

トーマス・ギブソン Thomas Gibson

1962年7月3日、米サウスカロライナ州チャールストン生まれ。ジュリアード学院などで演技を学び、舞台で活動した後、『遥かなる大地へ』で映画デビュー。『スリープ・ウィズ・ミー』『アイズ ワイド シャット』『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』などの映画に出演し、TV「シカゴ・ホープ」では「クリミナル・マインド」の共演者マンディ・パティンキンと共演。その後、人気シットコム「ふたりは最高! ダーマ&グレッグ」のグレッグ役で世界中で知られる顔に。元妻との間に3人の子供がいる。身長1m88cmの長身で、特技はゴルフ。

デレク・モーガン/Derek Morgan (声:咲野俊介)

BAUきっての行動派捜査官。重要参考人が隠れていると思われる場所には、拳銃を構えながら先頭を切って突入し、時に戦いが発生してもひるまない度胸の持ち主。しかしプロファイラーとしての見識も豊かで、同僚たちに劣らない。行動も言動も体育会風で、豪快にふるまうことも多いが、やがて同僚たちも知らない意外な過去が明らかになっていく。同僚のガルシアとは性別を越えた友情を育み、年中お互いにからかい合う名コンビぶり。

シェマー・ムーア Shemar Moore

1970年4月20日、米カリフォルニア州オークランド生まれ。モデル業を経て、俳優の道へ進み、マルコム・ウィンタース役に扮したソープオペラ「The Young and the Restless(原題)」ではデイタイム・エミー賞を受賞。TVムービー『スーパー・リッチと結婚する方法』に出演し、TV「ゴッサム・シティ・エンジェル」にはジェシー・リース刑事役でレギュラー出演。音楽番組「ソウル・トレイン」の司会をしたこともある。有色人種を対象にしたイメージ・アワードも7度受賞している。かつて女優のハル・ベリーや歌手のトニ・ブラクストンとの交際を報じられた。新作ドラマ「S.W.A.T.」で主演を務める。

ドクター・スペンサー・リード/Dr. Spencer Reid (声:森久保祥太郎)

IQ187の天才的頭脳を持つ若手捜査官。高校を12歳で卒業し、飛び級で入学した大学では数学、化学、工学、心理学、社会学、哲学という幅広い分野の学問を学んだ。文章を読むスピード、記憶力も常人離れしている。しかし社会経験はまだ少なく、頭でっかちならではの失敗をすることも。TVドラマ「スタートレック」に詳しいなどオタクっぽい一面もある。番組が続くにつれて、複雑な家庭で育ったことが明らかになっていく。

マシュー・グレイ・ギュブラー Matthew Gray Gubler

1980年3月9日、米ネバダ州ラスベガス生まれ。少年時代から映画監督をめざすが、高校では映画の授業がなく、演技を学んだ。ニューヨーク大学の芸術学部で映画製作を学びながら、トミー・ヒルフィガー、マーク・ジェイコブス、ルイ・ヴィトン、バーバリーなどのモデルとしても活動。ウェス・アンダーソン監督の映画『ライフ・アクアティック』でプロ俳優デビューし、映画『RV』にも出演。アニメ映画『アルビン/歌うシマリス3兄弟』の原語版では声優をつとめた。俳優活動のかたわら自主製作映画の監督・制作・脚本もこなし、当シリーズでも複数のエピソードで監督を務めており、今シーズンは第17話で監督を務める。2018年公開の『68キル』では主演を務め、2019年には『Endings, Beginnings(原題)』に出演。

ジェニファー・“JJ”・ジャロウ/Jennifer 'JJ' Jareau (声:園崎未恵)

ルックスはキュートで仕事もデキる女性捜査官。BAUでは主に各地の警察との連絡、FBI内部での調整、マスコミへの対応を担当する。いつもは“縁の下の力持ち”的な役割が多いが、時にみずから捜査官として現場に出て活躍することも。大学では優等生で、奨学金を交付されたという才女。仕事に対してはクールな姿勢だが、そこから離れたプライベートでは年相応に恋をしていそうな気配も!?第2話からの登場。

A・J・クック A.J. Cook

1978年7月22日、カナダ・オンタリオ州生まれ。映画『ヴァージン・スーサイズ』『クールボーダー』『デッドコースター』などに出演。2008年9月、夫との間に初めての子供が生まれる。現在は2児の母で、のちのシリーズの中でその子供たちが実際に息子役として出演している。2019年、本作で共演することになるジョシュ・スチュワートが監督・主演する映画『Back Fork(原題)』に出演している。

ジェーソン・ギデオン/Jason Gideon (声:有本欽隆)

現在BAUに属する中で最高のプロファイラーと呼ばれるベテラン捜査官。BAUでは後輩のホッチナーを上司とするが、プロファイリングにかけてはホッチナーら全員が一目を置くほど豊富な知識と経験を持つ。だが犯罪者の心理分析にのめり込みすぎた挙げ句、ある事件で大勢の部下を失う判断ミスをし、神経をすり減らしすぎたために一時休職。BAUに復帰したが、また仕事に我を失わないか、上層部などから心配する声も。チェスが得意。独身。

マンディ・パティンキン Mandy Patinkin

1952年11月30日、イリノイ州シカゴ生まれ。ジュリアード学院などで演技を学んだ後、ミュージカル舞台「エビータ」(トニー賞主演男優賞受賞)などブロードウェイで活躍し、2枚のソロ・アルバムを発表。次第に映画・TV界でも活動するようになり、『愛のイエントル』『プリンセス・ブライド・ストーリー』『エイリアン・ネイション』『ディック・トレイシー』『ルル・オン・ザ・ブリッジ』などの映画に出演。アニメ映画『天空の城ラピュタ』の英語版には声優として参加。TV「シカゴ・ホープ」では医師ジェフリー・ガイガーを好演し、エミー賞でドラマ・シリーズ主演男優賞に輝いた他、ゴールデン・グローブ賞や俳優組合賞にもノミネート。私生活では妻との間に子供が2人いる。

エル・グリーナウェイ/Elle Greenaway (声:山像かおり)

BAUの女性メンバー。主に性犯罪の捜査や心理分析を専門とするエキスパートであり、スペイン語も堪能。BAUに来る前はFBIシアトル支局で働き、優秀な成績を残した。性犯罪に対する怒りが人一倍強く、また性格も非常に真面目。女性や子供が被害者になった事件では仕事熱心になりすぎることがあり、ホッチナーの指揮を無視して独断で行動してしまうことも。父親は警官だったが殉職という悲しい最期を遂げた。プライベートでは独身。

ローラ・グラウディーニ Lola Glaudini

1971年11月24日、ニューヨーク市生まれ。俳優兼脚本家のロバート・グラウディーニを父親に持つ。米TV界を中心に女優として活動し、「NYPDブルー」ではシーズン3~6にかけてドロレス役を演じ、「ザ・ソプラノズ」ではダニエル(FBI捜査官デボラ)を演じた。また『ブロウ』『ふたつの過去を持つ男』『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』などの映画に出演し、「名探偵モンク」「ラスベガス」「ER 緊急救命室」など多数のドラマにゲスト出演している。

作品基本情報

原題:CRIMINAL MINDS
データ:シーズン1・2005年~2006年/アメリカ/二カ国語/60分/今回シーズン1・全22話/HD作品
製作総指揮:マーク・ゴ-ドン、エドワード・アレン・バーネロ
出演:マンディ・パティンキン、トーマス・ギブソン、ローラ・グラウディーニ、シェマー・ムーア、マシュー・グレイ・ギュブラー、カーステン・ヴァングスネス