MANIFEST/マニフェストシーズン2

<独占日本初放送>
10/20(火)22:00スタート!
【二カ国語版】毎週火曜22:00ほか
【字幕版】毎週火曜24:00ほか

ニュース

イントロダクション

828便に搭乗していた乗客乗員191名の運命と、謎の声が導く先に隠された真実とは――。
豪華製作陣が送るミステリー&ヒューマンドラマのシーズン2を独占日本初放送!

作品解説

ジャマイカからニューヨークに向かう途中で突然発生した乱気流に巻き込まれた旅客機はなんとか無事にニューヨークの空港に着陸したが、数時間のフライトだったはずが5年半の歳月が過ぎていた……。冒頭からいきなり突拍子も無い出来事が主人公たちの身に起き、その後も視聴者の先読みを許さない展開が続く。「MANIFEST/マニフェスト」はそんなSFサスペンスドラマである。

運命のモンテゴ航空828便の搭乗者は5年半の間に家族や恋人、仕事などを失うが、そのうちの何人かは同時に超能力のようなものを得る。「MANIFEST/マニフェスト」は、828便にまつわる謎の解明と、5年半の失われた歳月が主人公やその周囲の人間に与える影響とを等しく描くことによって、サスペンス・スリラーとしての醍醐味と人間ドラマとしての見応えを提供してくれる。

828便に乗り合わせた一人として、またニューヨーク市警察の刑事として、自分たちに起きた現象と超能力の謎を解き明かそうとするヒロイン、ミカエラにはTV「スーパーナチュラル」、「ARROW/アロー」などの出演作があるメリッサ・ロクスバーグが、そしてミカエラの兄で強力な超能力を授かった息子を守ろうとするベンには「ワンス・アポン・ア・タイム」のチャーミング王子役で知られるジョシュ・ダラスがそれぞれ扮している。

製作総指揮には、タイムトラベルを描く映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を監督したロバート・ゼメキスが名を連ねていることにも要注目。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン2 見どころ

新キャストも登場し、ますます目が離せない展開に!

828便に搭乗していた乗客の1人で大学生TJモリソン役に、「プリティ・リトル・ライアーズ」のスピンオフドラマで重要な役柄を演じ人気が急上昇したギャレット・ウェアリングが登場。オリーブに深く関わっていく今シーズンのキーパーソンとも言える。他にも、アストリア大学の学部長でベンの元恋人スザンナ・マーティン役にヤシャ・ジャクソン、ミカエラの新しい上司ケイト・ボウワース役には、アンドリーン・ウォード=ハモンドなど豪華キャストが出演。「HOMELAND」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に出演したことで知られるエリザベス・マーヴェルも、前シーズンに引き続き登場する。前シーズンでは、彼女の正体について多くは明かされなかったが、今シーズンではサンビをコントロールするためにセラピストに成りすましていることが明らかに。新キャラクターが加わり、さらに急スピードで828便の真相に迫っていく!

呼びかけがつないだ2つの恋と夫婦の絆にも注目!

恋愛要素も展開を迎えるシーズン2。前シーズンでカルが感じ取った声によって見つかったジーク。彼はミカエラに誤って発砲してしまったことに負い目を感じているものの、互いに助け合ううちに特別な感情が芽生える。ジャレッドとの関係から立ち直ろうとしているミカエラの新たな恋愛模様はどのように動くのか。また、別の恋愛模様も。ベンが見つけた828便の乗客TJモリソンは、昔オリーブが一目ぼれした男性だったのだ。しかし、オリーブは5年成長した姿、TJは変わらぬ姿だったため最初は気付くわけもなく……。このことについて製作総指揮のジェフ・レークは「オリーブは5年半前に空港でTJを見てからというもの、彼のことを決して忘れることはなかった。彼女はその時小さな女の子で彼は18歳の男だったが、今ではふたりの年の差に問題はない。彼は彼女の人生にとって非常に大きな存在。その後、ストーリーはシーズンの途中で驚愕の展開を迎え、暗転する。」と興味深い内容を述べた。今後、2つの恋愛模様がどのように発展していくのか気になるところ。一方で、ベンとグレースの夫婦関係にも新たな展開が。グレースが妊娠していることが発覚するのだが、子供の父親がベンなのかダニーなのかはっきりしていない状況で2人の関係は複雑になる。しかし、ジェフ・レークは、「2人の間に絆を生む予想外の神話のような展開がある。彼らは、私たちがどのような試練を与えても、愛の力で乗り越えていける夫婦関係を築いている。」とベンとグレースの関係について示唆している。そして、サンビにも新たな展開が。元恋人が登場する場面もあり、このことについてサンビ役のパルヴィーン・カウルは、「視聴者はふたりの関係がどのようなものなのか、本当に興味をそそられると思う。」と語った。恋愛模様や人間関係の要素もたっぷりの今シーズンはヒューマンドラマとしての見どころも多い。

シーズン3の更新が決定し、全米でも引き続き話題沸騰!

本作は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『マリアンヌ』の監督を務めるなど、言わずと知れた名監督であるロバート・ゼメキスが製作総指揮を務めるSFミステリー&ヒューマンドラマ。191人を乗せてNYへと飛び立ったモンテゴ航空828便は、突如発生した乱気流に巻き込まれるが、無事に着陸。しかし、空港に降り立った乗員乗客たちが目にしたのは、5年半以上の月日が経った世界だった。乱気流の正体が超自然現象だったのか、陰謀によるものだったのか、そして乗客の頭に響く呼びかけの真相とは何なのか……。予測不能な展開が次々と起きる。本作シーズン1第1話では1040万人がリアルタイムで視聴、シーズンを通してのリアルタイム平均視聴者数は648万人以上と好調だった。シーズン2では7日以内のタイムシフト視聴が伸び、NBC全番組中で最も高いタイムシフト視聴増加率を記録した。そしてシーズン3の更新も既に決定している。更新が決まると主演のメリッサ・ロクスバーグはSNSで「シーズン3!!!!」と興奮した様子を見せた。メガネをかけた姿のプライベート写真と共にツイートしたのはジョシュ・ダラス。「『MANIFEST/マニフェスト』のシーズン3が決まったよ! 皆さん応援してくれてありがとう! 皆さんのお陰で番組を続けることができる。このメガネの汚れを拭き取って、あの飛行機で何が起こっていたのか判明させよう。」と感謝のメッセージを述べた。シーズン2では828便の乗客に予定されている”死の日”が大きなテーマとなる。このことについてジェフ・レークは、TVガイドのインタビューで「828便の乗客はあと5年半しか時間が残されていないという現実に直面し、ベン、ミカエラ、サンビの3人はこのミステリーを解決するために突き動かされることになる。“死の日”は感情にも訴えかける側面がある。なぜなら、「5年しか生きられないことを知っていたなら、自分は何をしたいのか? 人間関係においてはどのような選択をすべきか?」という力強く感情的な疑問が全員に投げかけられ、物語のキャラクターの関係性に影響するからだ。」と語った。ベンにとってシーズン2は家族を守り、最悪の事態に備える一方で、差し迫った“死の日”に向けて苦労する展開に。 「彼は取り残される家族のために準備を始めるが、死を完全に受け入れるつもりはないんだ。そこで“死の日”を止める方法を見つけ、828便で彼らに何が起こったのか答えを探るため、旅をすることになる。」とジョシュ・ダラスは語った。また、ベンは考え方を変える経験をすると言う。ベンは、当初から828便の失踪に対する合理的な答えを探し求めてきたが、今シーズンでは他の可能性を受け入れていく。「いくつかの出来事が起こり、次第に彼の考えも新しい方向に導かれていく。」とダラスは語る。謎の呼びかけと“死の日”の真相を解き明かすために、ベンやミカエラ、サンビの戦いは続く。
(視聴率参考:ニールセン)

ストーリー

ジークとジャレッドが揉み合った末に拳銃が発砲され、ミカエラは腹部に被弾して瀕死の重傷を負う。ジークはミカエラに促されて逃走、ミカエラは一時危篤に陥るが、搬送先の病院で一命を取り留める。手術中、ミカエラは再び828便に乗り、墜落する飛行機の中で「乗客たちを救え」という“呼びかけ”を受ける。ミカエラの兄ベンは、これが「2024年に死ぬ運命から乗客たちを救え」ということを意味していると考え、乗客たちの現在の居場所を調べては一人一人に話を聞く地道な調査を始める。2か月後、ミカエラは退院。ジークはカナダから絵ハガキを送ってきていたが、彼にも死期が迫っていることを知らせるためには、ニューヨークに呼び戻す必要がある。ミカエラは勤務先の129分署を訪れ、新任のバワーズ署長に自分が撃たれたのは事故なのでジークの捜索を中止してほしいと頼むが、ジャレッドが内部調査で「ジークは故意にミカエラを撃った」と証言していたため要求は一蹴される。その後、828便の乗客だったベイシック夫妻が行方不明になっていると知ったミカエラは、再び「乗客たちを救え」という啓示をうける。一方、グレースは妊娠4か月だが、子供の父親がベンとダニーのどちらなのか分からない。ダニーが子供を望んでいたことを知ったベンは、彼のためにもDNA検査で父親を調べるべきではないかと思いつつも、検査は必要ないという妻の意見を尊重していた。サンビはセラピストに扮した少佐に私生活の悩みを打ち明け、グレースが妊娠したことを漏らすが、カルや呼びかけについて突っ込んだ情報を得たい少佐は「表面的な話しかしないのなら治療はやめたほうがいい」と圧力をかける。まだ不安神経症に苦しむサンビは治療を続けてもらうため、「828便で私たちの身に何かが起きた」と話す。ある夜、ベンは自宅前に白いバンが停まっていることに激昂して「何者だ」と詰め寄ったところを、バンに乗せられ連れ去られる。だが、拉致された先で待っていたのは思いもよらぬ人だった……。ミカエラ、ベン、カルを始めとした搭乗者に聞こえる“呼びかけ”は一体何を意味するのか。

各話あらすじ

放送時間

特集

キャスト

ミカエラ・ストーン/Michaela Stone (声:三森すずこ)

ニューヨーク市警129分署の新米警察官。同僚であるジャレッド・バスケスと交際していたが、過去に起きた事件で人命を救えなかったことに深い罪悪感を持ち、ふたりの未来に対して前向きではなかった。モンテゴ航空828便の不可解な事件から生還するも、愛する母親は亡くなっており、婚約者ジャレッドはミカエラの親友ローデスと結婚したという悲しい現実を突きつけられる。そしてこの航空事件により人生が大きく変わる。

メリッサ・ロクスバーグ Melissa Roxburgh

1992年12月10日、カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー生まれ。牧師の父とウィンブルドンへの出場歴があるテニス選手だった母との間に生まれ、芸能の道を志す前は国際バカロレアのプログラムに参加していた。映画『グレッグのダメ日記』の続編、『グレッグのおきて』で俳優デビュー。「ARROW/アロー」や「スーパーナチュラル」、『スター・トレック BEYOND』などへの出演で知られる。

ベン・ストーン/Ben Stone (声:森川智之)

ミカエラの兄でグレースの夫。グレースとは結婚15年を迎え、双子の子供オリーブとカルにとっても模範的な良き父親。カルの白血病を治す術を見つけられないことに苦心する。職業は情報アナリストだったが、カルとミカエラと共にモンテゴ航空828便に搭乗し、不在の間に職を失う。空白の5年半の間にグレースにできた恋人ダニーとは気まずい関係。

ジョシュ・ダラス Josh Dallas

1978年12月18日、米ケンタッキー州ルイビル生まれ。ロンドンで演技を学んだ後、イギリスの舞台やテレビドラマで活躍。2010年には「HAWAII FIVE-0」のゲスト出演でアメリカのTVシリーズに初出演し、その後、「ワンス・アポン・ア・タイム」のデヴィッド・ノーラン/チャーミング王子役で注目を集め、人気を博した。私生活では、「ワンス・アポン・ア・タイム」で共演したジニファー・グッドウィンと結婚、二児の父親である。

グレース・ストーン/Grace Stone (声:阿部彬名)

ベンの妻でオリーブとカルの優しい母。モンテゴ航空828便の事件の後、最愛の夫と息子を亡くしたあまりの悲しみから、ベンとカルの荷物は全て処分してしまう。しかしふたりの生還により、最愛の家族との新しい日常を受け入れようと必死に過ごす。ベンがいなかった間にできた恋人ダニーへの思いとベンへの思いで揺れ動く。

アシーナ・カーカニス Athena Karkanis

1981年9月7日、カナダ・アルバータ州生まれ。マギル大学では政治学の学位を取得し、7か国語を操る。大学卒業後はロースクールに進学するつもりだったが、俳優に転向。カナダで俳優として活躍した後、アメリカでもキャリアを構築する。『ソウ』シリーズのペレーズ捜査官役や「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン6」への出演で知られる。また、「スーパーナチュラル」や「ロスト・ガール」などにもゲスト出演している。

ジャレッド・バスケス/Jared Vasquez (声:杉村憲司)

ミカエラの同僚で元恋人。2018年には11人の部下を持つ刑事になっており、誘拐事件の主任を務める。ミカエラがいなくなった後、彼女の親友であるローデスと結婚するが、初恋の相手だったミカエラが帰ってきたことにより、ミカエラへの思いを捨てきれないままでいる。

J・R・ラミレス J.R. Ramirez

1980年10月8日、キューバ生まれ。生まれて間もなく家族と共にアメリカに移り、フロリダ州で育った。2009年、低予算映画『Tinslestars(原題)』で俳優デビュー。「恋するインターン」や「ARROW/アロー」などのゲスト出演を経て、「POWER/パワー」でレギュラー出演を果たす。また、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」ではシーズン2よりレギュラー出演した。その他のゲスト出演作には「ローズウッド~マイアミ私立検視ラボ」、「新ビバリーヒルズ青春白書」などがある。

カル・ストーン/Cal Stone (声:飯沼南実)

ベンとグレースの10歳の息子。オリーブは双子のきょうだい。重度の白血病に苦しみ、幼いながらに余命幾ばくもない。モンテゴ航空828便の事件の後は、同い年だったはずのオリーブが高校生になっており、母グレースも年をとるなど急に変化してしまった現実に戸惑う。しかし空白の5年間で医療が進歩しカルにとって明るい未来が見えてくる。生還後は謎の呼びかけに悩まされる日々を送っている。

ジャック・メッシーナ Jack Messina

7歳にして演技の世界に入り、ニューヨークにあるActors Garageで演技を学ぶ。本作のほかには「マーベラス・ミセス・メイゼル」へゲスト出演、テレビCMにも出演している。プライベートでは動物を愛し、クッキーという名前の犬を飼っている。

オリーブ・ストーン/Olive Stone (声:田中有紀)

ベンとグレースの娘でカルの双子のきょうだい。幼いながらに愛する父と双子の兄弟をなくしたショックにより、彼らがいない間はセラピーを受けていた。高校生になった2018年には、サッカーを楽しんでいる。ベンとカルの生還後、彼らと再び絆を深めようとする。

ルナ・ブレイズ Luna Blaise

2001年10月1日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。5歳の頃からモデル業のほか、テレビや映画に出演。その後も低予算映画や短編映画に出演し、2015年から3シーズンにわたって出演した「フアン家のアメリカ開拓記」で注目を集めた。現在では歌手としてのキャリアもスタートさせている。

サンビ・バール/Saanvi Bahl (声:木村香央里)

優秀な大学院生で研究員。モンテゴ航空828便の事件の後、自ら始めた研究が5年間で医療の驚異的な進歩に結びついたことを知る。カルト教団の信者に銃を突き付けられ脅されたことをきっかけに精神に異変が起きることに。

パルヴィーン・カウル Parveen Kaur

19歳の時に俳優を志してカナダのブリティッシュ・コロンビア州オカナガンからトロントに移る。 カナダのテレビドラマ「Played(原題)」で俳優デビュー。主なTV出演作は、ギレルモ・デル・トロ監督の「ストレイン」、「9-1-1:LA救命最前線」などがある。

作品基本情報

原題:MANIFEST
データ:シーズン2・2020年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/今回シーズン2全13話/HD作品
製作総指揮:ロバート・ゼメキス、ジャック・ラプケ、ジャクリーン・レヴィン、ジェフ・レーク、レン・ゴールドスタイン、ジョー・チャペル
出演:メリッサ・ロクスバーグ、ジョシュ・ダラス、アシーナ・カーカニス、J・R・ラミレス、ルナ・ブレイズ
日本語吹き替え:三森すずこ、森川智之、阿部彬名、杉村憲司、飯沼南実、田中有紀、木村香央里