NCIS: ニューオーリンズシーズン1

ニュース

作品概要

世界的大ヒットドラマ「NCIS ネイビー犯罪捜査班」の最新スピンオフ!
ルイジアナ州南部のニューオーリンズを舞台に、米海軍に関する様々な難事件に立ち向かう海軍犯罪捜査局(略称NCIS)の活躍を描いた話題の犯罪捜査ドラマを独占日本初放送!!

イントロダクション

アメリカはもとより、世界各国で絶大な人気を誇っている「NCIS ネイビー犯罪捜査班」。海軍犯罪捜査局(略称NCIS)の活躍を描く「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、2003年から米CBS局で放送開始以来、現在でも全米視聴率トップを争う人気番組だ。2009 年にはスピンオフ「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」が登場し、こちらも大ヒットを記録中。さらに2014年、2つ目のスピンオフとして登場した話題の新作が本作「NCIS: ニューオーリンズ」である。

米2014-2015年シーズンにおいて打ち切りとなった新ドラマが多い中、とりわけ人気番組を多く抱えるCBSの継続のハードルは他局よりも高い。その難関を見事にクリアした本作は、初回放送は1720万人という視聴者数を記録(7日以内のDVR(デジタルビデオレコーダー)での録画視聴を含めると2100万人)。これは全ネットワーク局において最も高い数字であり、初回放送の記録としては「NCIS: LA~極秘潜入捜査班」以来のハイスコアと記録ずくめ。さらに、昨シーズンを通して新ドラマにおいてナンバーワン※の高い平均視聴者数を維持してシーズン2への更新が決まった。

そもそも「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、アメリカ海軍法務部の活躍を描いた人気シリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のスピンオフとして始まった。今では本家というべき「NCIS ネイビー犯罪捜査班」はワシントンD.C.を中心に、「NCIS: LA 極秘潜入捜査班」はロサンゼルス、そして「NCIS: ニューオーリンズ」はルイジアナ州南部のニューオーリンズが舞台と、任務の内容やチームの規模、それぞれの土地柄の違いが出た作りで各々が人気を博している。中でも「NCIS: ニューオーリンズ」は独特の文化色が強く異文化感も面白い。もちろん、本家とスピンオフは密接な関わりを持っている点もシリーズのファンにとっては大きな魅力である。各シリーズをうまく差別化しながら、「NCIS」シリーズは一大フランチャイズを形成し、いずれも大ヒットを飛ばしている。

また、個性的なキャラクターも「NCIS」シリーズの大きな見どころのひとつ。本作のチームリーダー、ドウェイン・プライド役のスコット・バクラは、舞台出身の実力派俳優で「スタートレック エンタープライズ」のアーチャー船長役や「タイムマシーンにお願い」など、これまでも数々の人気シリーズで主演をつとめ、海外ドラマファンにはおなじみ。その他、『ワイルド・スピード』シリーズほか映画出演多数のルーカス・ブラック、「ザ・シールド ルール無用の警察バッジ」のCCH・パウンダーら若手からベテランまで芸達者が勢ぞろいして、アットホームなチームワークの中にも多様な人間ドラマを織りなしている。スタッフには、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」のギブス役のマーク・ハーモンも製作総指揮として名を連ねている。

注)初回放送当時の情報となります
※米ニールセン調査: 米2014-2015年 新ドラマ平均視聴者数ランキング第1位

シーズン1 見どころ

2014-2015年シーズンの新番組の中でダントツのNo.1ヒットを記録!

近年、米TV界の視聴率競争はますます激化し、とりわけ新番組はシーズン2に更新されるか否かという以前に、フルシーズンの放送が決定するだけでも至難の業。そんな中、本作は初回放送の視聴者数で1720万人を記録し、7日以内のDVR(デジタルビデオレコーダー)での録画視聴の再生数を入れると2100万人まで視聴者数を伸ばした。これは昨シーズンの新ドラマの中で最も高い数字であり、ネットワーク局においては2009 年の「NCIS: LA ~極秘潜入捜査班」の初回放送以来のハイスコア。もちろん、話題性から初回放送だけは数字が良くても右肩下がりという番組は少なくないが、本作はその後も高い数字を維持し、米2014-2015年シーズンの新ドラマにおいてNo.1※の高い平均視聴者数を獲得している。また、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスなど諸外国でも視聴率ランキングのトップを争う好成績を収めている。「NCIS: ニューオーリンズ」は世界各国で、本家に迫る勢いの高い人気を誇っている話題の大型新シリーズなのだ。

本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」からも主要メンバーが登場!

本家「NCIS ネイビー犯罪捜査班」から主要なキャラクターがゲスト出演するのも、「NCIS」シリーズのファンにとっては見逃せない!第1話では、NCIS検視官主任ドナルド・“ダッキー”・マラード、第2話では科学捜査のスペシャリストで超個性的なアビゲイル・“アビー”・シュート、第2 、3 、5 話にはNCIS局長のレオン・ヴァンスが顔を出している。さらに、第2話ではアンソニー・“トニー”・ディノッゾが、ペスト菌が発見された事件の捜査のためにニューオーリンズへやってくる。心なしか、プライドは年下のトニーにライバル心を燃やして張り合っている感じがするのが面白い。また、第3 話で長年の友人にして同志であるリロイ・ジェスロ・ギブスとプライドが直接顔を合わせるシーンでは、NCISファンのテンションが上がること間違いなし!

ジャズや料理など、ニューオーリンズの独特で魅力的なカルチャーに注目!

舞台となるニューオーリンズは、ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。メキシコ湾に面し、ミシシッピー川に沿った重要な港湾都市で、ニューオーリンズ支局はミシシッピー川からテキサス州北部のパンハンドル地方までを管轄している。アメリカ有数の観光地でもあるこの地は、独特の文化を持つことで知られており、本作にも登場するマルディグラ祭は、リオデジャネイロのカーニバルなどと並ぶ世界の主要カーニバルのひとつと数えられているなど国内外からの観光客がやってくる。またジャズの発祥地として名高く、ニューオーリンズ・ジャズやディキシーランド・ジャズほか各種音楽もさかんでストリート・ミュージシャンもよく画面に映る。ジャズを心から愛するプライドのピアノの腕はプロ並みで、しばしば演奏シーンが登場するし、機嫌が良いときなどはディキシーランド・ジャズの名曲「聖者が街にやってくる」などを口笛で吹いたりすることも。また、クレオール料理やケイジャン料理で有名な美食の街でもあり、プライドは料理上手でしばしば部下たちに手料理を振る舞う。ルイジアナ州を起源とするスープのガンボや、クレオール料理の四角い粉砂糖をかけた揚げ菓子として知られるルイジアナ州公式ドーナツのベニエなど、郷土料理に対するプライドのこだわりは相当なもの。ほかにも、ワニが生息するミシシッピー川下りのツアーやブードゥー祭り、観光客が多いフレンチ・クオーター地区など、よく知られる観光名所から生活に密着したカルチャーまで、これまでアメリカのドラマでは描かれることのなかったこの地の特徴も本作の大きな魅力となっている。

個性的なキャラクターによる息の合ったアンサンブル!

リーダーのプライドを中心に、オープンな性格で気のいいクリス、その相棒で才色兼備だが過去やプライベートは秘密主義のブロディという、ニューオーリンズ支局の中心になるメンバーはこぢんまりとした編成となっている。だが、その分コミュニケーションは密でアットホームな雰囲気。そこに、どっしりと構えた頼れる検視官ロレッタと、そのアシスタントでオタク気質のセバスチャン、セバスチャンとの口喧嘩が絶えないコンピューター専門のパットンらが加わり、ニューオーリンズ支局兼プライドの住居は、いつも賑やか。よくある犯罪捜査ドラマのチーム構成に見えるが、それぞれの私生活や個性もきっちりと描かれており、他のシリーズとの差別化に成功している。プライドは生まれ育ったニューオーリンズという土地と文化、そこに住む人々を何よりも愛しているが、そこにはハリケーン・カトリーナでダメージを受けたこの地への応援メッセージが込められているようでもあり、他の登場人物たち個々のニューオーリンズへの愛もまた現実とシンクロして、視聴者はニューオーリンズを守るチームの活躍を応援したくなるのだ。

ストーリー

海軍犯罪捜査局(略称NCIS)ニューオーリンズ支局はミシシッピー川からテキサス州北部のパンハンドル地方までを管轄とし、日夜アメリカ海軍やアメリカ海兵隊の将兵が関わる事件を扱っている。NCISニューオーリンズ支局の主任ドウェイン・“キング”・プライドは、部下で自らスカウトしたクリストファー・“クリス”・ラサールと、その相棒で五大湖支局から新たに赴任してきたメレディス・“メリー”・ブロディを主力とするチームを率いている。チームメンバー同士が家族のように接し、アットホームな雰囲気のNCIS ニューオーリンズ支局。彼らは、検視官ロレッタ・ウェイドと科学捜査分析官セバスチャン・ランド、さらにコンピューターのスペシャリスト、パットン・プレイムら優秀なスタッフの協力を得ながら、持ち前のチームワークで様々な難事件を解決していく。

海から海軍の靴をはいた足一本が発見される。プライドはクリスやブロディらとともに発見現場へ向かうが、遺体を見た検視官のロレッタもアフリカ系ということぐらいしかわからないという。やがて別の場所でビニールにくるまれた遺体が発見され、プライドの親友の息子で、彼が海軍に入れるよう世話をしたカルヴィン・パークスであることが判明する。遺体には犯人に抵抗したあとがあり、またかつてカルヴィンが所属したギャングの新しいタトゥーが入っていた。

クリスとブロディは艦隊補給センター配属だったカルヴィンが働いていた埠頭へ聞き込みに。一方、ロレッタのアシスタントで科学捜査分析官のセバスチャンはタトゥーのインク業者の絞り込みに成功する。プライドは親友の悲しみに心を痛めながらも、チーム一丸となって捜査に当たるのだが……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ドウェイン・“キング”・プライド/Dwayne Pride ( 声:内田直哉)

NCIS特別捜査官。ルイジアナ州ニューオーリンズ支局の主任。あだ名はキング。かつてはジェファーソン郡の保安官代理だった。ニューオーリンズ で生まれ育った生粋の地元っ子。ニューオーリンズのカルチャーに精通し、ジャズに造詣が深くピアノの腕前はかなりのもの。料理も得意で、地元の名物料理を作って部下たちに振る舞うことも多い。現在はオフィスの2階に住んでおり、妻リンダとは別居中。ルイジアナ州立大学で音楽を専攻する、ひとり娘ローレンとの関係は良好だ。NCISワシントン本部の主任ギブス(「NCIS ネイビー犯罪捜査班」)とは、NIS(NCIS前身)時代にともにフェド5として活動していた長年の友人同士。射撃の腕前は相当なもので、チームのメンバーに対しては家族のように接しており、仲間のためなら規則違反もいとわない。また、被害者遺族だけでなく困難な状況に陥っている事件関係者にも親身になるなど、人情派の一面も。

スコット・バクラ Scott Bakula

1954年10月9日、米ミズーリ州生まれ。大学時代に演劇を志し、ニューヨークへ移り舞台でキャリアを積む。1988年にはブロードウェイのミュージカル「ロマンス,ロマンス」でトニー賞にノミネートされるなど、高い評価を得た。一方、1986年からはTVに出演。SFシリーズ「タイムマシーンにお願い」ではゴールデングローブ賞を受賞。「スタートレック エンタープライズ」のアーチャー役でも知られているほか、「CHUCK/チャック」をはじめとする多くの人気ドラマにゲスト出演。その他、『アメリカン・ビューティ』『海辺の家』『トレヴィの泉で二度目の恋を』など。

クリストファー・“クリス”・ラサール/Christopher LaSalle (声:加瀬康之)

NCIS特別捜査官。通称クリス。アラバマ州出身で、アラバマ大学卒。やんちゃなイメージがあるが在学中は優等生で、大学のマスコット=象の“ビッグ・アル”を演じていた。風紀犯罪取締班で働いていたこともあるが、プライドにスカウトされてNCISニューオーリンズ支局へ。地元で最も歴史がある有名なフレンチ・クオーターに住んでいる。プライドのことを敬愛しており、ニューオーリンズのカルチャーや人々に強い愛着を抱いている。人好きのするオープンな性格で、魅力的な女性には遠慮なくアプローチする。自分のことを話したがらないブロディに対してはお節介を焼きながらも、いいコンビぶりを発揮している。

ルーカス・ブラック Lucas Black

1982年11月29日、米アラバマ州生まれ。子役としてTVシリーズ「アメリカン・ゴシック」や、映画『8月のメモワール』『スリング・ブレイド』『ゴースト・オブ・ミシシッピー』などに出演。高校時代は学業を優先させ、バスケットボールとフットボールに打ち込んだ。卒業後、俳優業を本格的に再開。『ジャーヘッド』『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』『ワイルド・スピード SKY MISSION』ほか、大作映画への出演多数。カルバン・クラインのモデルをつとめたこともある。

メレディス・“メリー”・ブロディ/Meredith Brody (声:皆川純子)

NCIS特別捜査官。ミシガン州出身で、ミシガン州立大学卒業の才色兼備。博識であると同時に、合気道は黒帯らしく腕っぷしも強い。また強気で、容疑者を追い詰める尋問のプロ。五大湖支局に所属していたが、新たにニューオーリンズ支局にやってきた。プライベートや過去のことは極力話したがらず、聞き出そうとするクリスに対して、しばしばもっともらしい嘘ではぐらかしている。引っ越し魔で、騒音がうるさいからとクリスの紹介でそうとは知らずに、ロレッタが大家の建物の部屋を借りることに。チームのメンバーに家族のように接するプライドやクリスらの影響で、ニューオーリンズの独特の文化に興味を抱き心を開いていく。

ゾーイ・マクラーレン Zoe McLellan

1974年11月6日、米カリフォルニア州生まれ。1990年代からTVを中心に活躍。人気TVシリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のジェニファー・コーツ役で知られる。その他、「ダーティ・セクシー・マネー」や、「スタートレック/ヴォイジャー」「メンタリスト」「Dr. HOUSE」などの人気ドラマにゲスト出演。また映画『秘密の絆』『ダンジョン&ドラゴン』にも出演している。

ロレッタ・ウェイド/Loretta Wade (声:宮寺智子)

ルイジアナ州ジェファーソン郡の検視官。ハーバード大卒のエリートで、メディカル・スクールを卒業後にニューオーリンズに越してきた。彼女のモルグはNCISニューオーリンズ支局と契約しており、しばしばプライドたちに的確な助言を与えるなど頼れる存在だ。また、セバスチャンの上司として彼のオタクぶりをいさめつつも、時にはうまく口車に乗せて明晰な頭脳を巧みに捜査に生かしている。プライドと同じくニューオーリンズの文化と人々を愛している。

CCH・パウンダー CCH Pounder

1952年12月25日、英領ガイアナ(現・ガイアナ共和国)のジョージタウン生まれ。本名はキャロル・クリスティン・ヒラリア・パウンダー。ガイアナ系アメリカ人。1979年にボブ・フォッシーの傑作『オール・ザット・ジャズ』で映画デビュー。1987年『バグダッド・カフェ』のブレンダ役で、国際的に名前を知られるようになる。以後、『ロボコップ3』『フェイス/オフ』『エンド・オブ・デイズ』『アバター』など大作映画に多数出演。TVでは「ER 緊急救命室」のヒックス役、「ザ・シールドルール無用の警察バッジ」のクローデット・ウィムズ役でも有名。その他、「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」「サン・オブ・アナーキー」など多くの人気ドラマにゲスト出演している。

セバスチャン・ランド/Sebastian Lund (声:武藤正史)

ロレッタのアシスタントで科学捜査分析官。非常に優秀だがオタク気質全開の変わり者で口数が多く、空気が読めない発言は日常茶飯事。統計による数字や確率を行動の規範としているが、ことプライベートの女性関係においてはうまく機能していない。大学時代には、女子と出会えるからという理由で赤十字の講習を受けたことも。幅広く多岐にわたって膨大な知識量を誇る。ホラー・オタクでもありスティーヴン・キングなどの正統派を好むなど一家言ある。

ロブ・カーコヴィッチ Rob Kerkovich

「CSI: マイアミ」「NYボンビー・ガール」「マスターズ・オブ・セックス」「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」などのTVシリーズにゲスト出演。『クローバーフィールド/HAKAISHA』『理想の彼氏』ほか映画にも出演している。