スーパーナチュラルシーズン13

<日本初放送>
12/11(水)10:30スタート!
【字幕版】毎週水曜10:30ほか
【二カ国語版】毎週水曜18:00ほか

ニュース

作品概要

母メアリーと天使カスティエルを失ったサムとディーンは魔王ルシファーの子ジャックと危険な闘いへ。
悪霊ハンターのウィンチェスター兄弟が様々な脅威に立ち向かう超常現象アクション、シーズン13を日本初放送!

シーズン13 見どころ

世界を救う救世主となるのか全てを滅ぼす悪の存在となるのか、物語の鍵を握る“ジャック”

天使と人間の子供はネフィリムと呼ばれ、時空の裂け目を創ってしまうほどとてつもないパワーを持つ。ネフィリムとして生まれたジャックは天使からも悪魔からも狙われている危険な存在。生まれたばかりでまだ善悪の区別ができないジャックが、ウィンチェスター兄弟と行動をともにしながら、自分の居場所を模索していく。ジャック役を演じるのは、『スウィート17モンスター』でニック役を演じ、「ARROW/アロー」などにゲスト出演したアレクサンダー・カルヴァート。ジャックが怒りを表すシーンでの表情には怖さがありつつも、生まれてすぐ成長した姿になったため内面は幼いままの設定であり、あどけない側面も見られる。アレクサンダーの表情豊かな演技と端正な顔立ちから人気になるのも時間の問題では。今シーズンも、ルシファーとの激しい闘いと超常現象による事件を中心に、時にはジャックも狩りに同行させて彼が成長していく様子や母メアリーとウィンチェスター兄弟の関係性などが描かれ、ヒューマンドラマ要素多く物語が進んでいく。果たして、ジャックは世界を救う存在となるのか、全てを滅ぼす悪の存在となるのか!?さらに、ジャックの父親であり、魔王として君臨するルシファー役演じ、これまでも「LOST」をはじめ数々の作品に出演してきたマーク・ペルグリノも今シーズン、レギュラー出演。ウィンチェスター兄弟はルシファーとの闘いにピリオドを打てるのか。今後の物語の鍵を握るジャックの存在と胸が揺さぶられるストーリー展開、そしてベテラン、若手両俳優の演技に期待が高まる。

再登場キャラやゲストスターが続々登場!

ジャックの力によって時空の裂け目ができ、並行世界への入り口ができたことにより、過去のシーズンで死んでしまったキャラクターが続々と再登場するのが今シーズンの見どころ。これまでのシーズンを見てきたファンにとって懐かしいキャラクターの復活は喜びもひとしおではないだろうか。今シーズン第2話には、「スター・ウォーズ 反乱者たち」や『ダークナイト』に出演したキース・ザラバッカが預言者ドナテロ役で、第3話には「グレイズ・アナトミー」でプライムタイム・エミー賞ドラマ部門ゲスト女優賞を受賞した経歴を持つロレッタ・デヴァインが占い師ミズーリ役で、第7話には『2012』に出演したオスリック・チョウが預言者ケビン役で、複数のエピソードに「NCIS ネイビー犯罪捜査班」にゲスト出演したデヴィッド・ハイドン=ジョーンズが賢人ケッチ役で、第10・11話には「ARROW/アロー」などにゲスト出演したブリアナ・バックマスターがハンター仲間のドナ保安官役で、それぞれ再登場。また、なんといっても前シーズンで殺された天使カスティエルが今シーズン序盤で再登場する。今シーズンから登場するキャラクターも!クラウリー亡き後に地獄の王に君臨した王子アスモデウス役で「13の理由」などにゲスト出演したことで知られるジェフリー・ヴィンセント・パリースが登場する。クラウリーロスに悩んでいるファンも新たなキャラに注目してみては。そしてなんと、第13話にはディーン役演じるジェンセン・アクレスの妻ダニール・ハリスが登場。続々と登場するキャラクターたちがどのように登場し、物語に関わっていくのか目が離せないシーズンとなっている。

注目スピンオフと人気アニメのクロスオーバー・エピソードがシーズンを盛り上げる!

新スピンオフシリーズ「Wayward Sisters」のパイロット版が第10話に登場。超自然現象の悲劇によって孤児となり、問題を抱えた若い女性たちがミルズ保安官の指揮の元、モンスターと戦う集団へ成長してゆくというストーリーとなっている。主演のジョディー・ミルズ保安官役でキム・ローズ、ミルズ保安官の良き相棒ドナ・ハンスカム保安官役のブリアナ・バックマスター、ミルズ保安官に反抗しながらもやり手のモンスター・ハンターに成長する孤児のクレア・ノヴァク役を演じるキャスリン・ニュートン、そしてヴァンパイアから逃れ仲間入りするアレックス・ジョーンズ役のキャサリン・ラムディーンが本作に登場。さらにスピンオフシリーズには、第10話に登場済みの3人に加え、新キャラクターのペイシャンス・ターナー役でクラーク・バッコが登場。サイキックパワーに目覚める若き超能力者を演じる。本作のファンによって実現したスピンオフシリーズということもあり、主演のキム・ローズは、「皆さんには感謝してもしきれません。命の限り、全力で挑戦することを誓います」と感謝の気持ちと共に作品への意気込み発信していた。さらに、第16話はアメリカのアニメ作品「スクービー・ドゥー」とのクロスオーバー・エピソード「スクービー・ナチュラル」。ディーンやサムたちが「スクービー・ドゥー」のアニメの中に入り込み、実写とアニメーションが混ざった1話完結のオムニバス作品となっている。様々な角度から楽しめるシーズンとなっていること間違いなし!

ストーリー

魔王ルシファーとケリーの子である人間と天使の子、ネフィリムの誕生が近づき、天使カスティエルとともに隠れ家で出産に備えるケリー。ある日、カスティエルは隠れ家の近くで、別世界へと続く時空の裂け目を発見する。ルシファーの子が発したパワーが時空の裂け目を創ったのだった。裂け目に入ったカスティエルは、最終戦争が繰り広げられている世界を見る。ルシファーの復活と息子の存在が事態をより悪化させようとしていた。メアリーと共にケリー、カスティエルの元へ向かったサムとディーン。そこに、息子を奪いにルシファーが現れる。クラウリーの力も借り、カスティエルが入り込んだ別世界にルシファーを閉じ込めるため闘うが、その代償としてクラウリーとカスティエルを失ってしまう。さらに、共に闘ったメアリーがルシファーの道連れになり、別世界に閉じ込められてしまうのだった。

カスティエルとメアリーを失い、沈むサムとディーンは次なる闘いに向け、ルシファーの息子ジャックと共に歩み始める。しかし、ジャックを巡って2人の意見は分かれる。ディーンはルシファーの息子であるため、ジャックを危険な存在と判断し排除しようとする。それに対して、サムはジャックがまだ危険な存在かどうか判断できないと考え、強力な味方になる可能性もあるとディーンを止めるのだった。ジャックは赤ん坊ながらも自分の体を成長させるなど、生まれながらにして強力な力を発揮するが、まだ自分の力を思い通りにコントロールすることができない様子。しかし、ネフィリムとして生まれ、計り知れない力を持ち、天使からも悪魔からも狙われるジャック。果たして、ジャックの想像を絶するほど強いパワーは世界を救うのか、あるいは破壊するのか……。そして、勝利を得るには多くの犠牲を払うことを悟ったウィンチェスター兄弟にさらなる困難が待ち受ける……。運命やいかに!?

各話あらすじ

放送時間

キャスト

サミュエル・“サム”・ウィンチェスター/Sam Winchester (声:内田夕夜)

ウィンチェスター家の次男。兄と同じ悪霊ハンターだが本来は優しくまじめな性格である。生後半年で「黄色い目の悪魔」アザゼルにより悪魔の血を飲まされているが、実はサムは魔王ルシファーの「器」であった。幼いころのトラウマでピエロ恐怖症。シーズン11・第7話で再びピエロが登場したが、やはりかつてのトラウマを克服できていない様子。

ジャレッド・パダレッキ Jared Padalecki

1982年7月19日、米テキサス州サン・アントニオ生まれ。TV「ギルモア・ガールズ」に、主人公ローリーの恋人ディーン役でレギュラー出演。その後『フライト・オブ・フェニックス』や『蝋人形の館』と映画出演が続いた後、本作でついに主役に抜擢された。身長193cm。リメイク版『13日の金曜日』では主役を演じた。本作シーズン4にルビー(2代目)役としてゲスト出演したジュヌビエーブ・コーティズと、シーズン5放送中に結婚。2017年3月に第3子が誕生。

ディーン・ウィンチェスター/Dean Winchester (声:東地宏樹)

ウィンチェスター家の長男で悪霊ハンター。幼い頃、サムと共に元海兵隊員の父ジョンから徹底的に訓練を受けているため、並みの特殊部隊員などを上回る戦闘能力を持っている。恐れを知らぬタフガイに見えるが弱さを内に秘めており、弟サムに比べ自らの無力さを感じることも。飛行機恐怖症のため、兄弟の移動はもっぱら彼の愛車67年型シボレー・インパラで行われる。

ジェンセン・アクレス Jensen Ackles

1978年3月1日、米テキサス州ダラス生まれ。TV「ドーソンズ・クリーク」と「ダーク・エンジェル」に準レギュラー出演。「ヤング・スーパーマン」ではジェイソン・ティーグ役としてレギュラー出演している全米TV界ではおなじみの俳優。映画デビューはデヴィッド・ウィンクラー監督の『いけにえ』で、いきなり主演に抜擢され、『ブラッディ・バレンタイン3D』でも主演を務める。身長186cm。妻で女優のダニール・ハリスはTV「One Tree Hill」レイチェル役で有名。2016年12月に双子が誕生し、3児の父となる。「アメリカン・アイドル」の司会として知られるライアン・シークレストとカリフォルニアでルームメイトだったことが話題となった。2019年『The Buddy Games(原題)』に出演。

カスティエル/Castiel (声:津田健次郎)

ジミーという人間の肉体を「器」としてこの世に降りてきた天使。本作に登場する天使は、「天使」という言葉のイメージとは違い、冷徹に神の命を実践する存在であり、カスティエルも当初は同様だったのだが、ウィンチェスター兄弟、特にディーンの過酷な運命に感情移入していくようになる。ウィンチェスター兄弟からは「キャス」と呼ばれている。前シーズンで闘いの末、ルシファーに殺されてしまう。

ミシャ・コリンズ Misha Collins

1974年8月20日、米マサチューセッツ州生まれ。映画『17歳のカルテ』やTV「チャームド~魔女3姉妹」「24 TWENTY FOUR」「ER 緊急救命室」「CSI: 科学捜査班」「NCIS ネイビー犯罪捜査班」などの多くのドラマにゲスト出演。TVムービー「グランド・クロス レボリューション」では主演を果たす。2017年には米NBC「タイムレス」にゲスト出演。2児の父。

ルシファー/Lucifer (声:井上和彦)

かつては大天使であったが神に背いたことによりミカエルに地獄の最下層へ封印されていた。しかし、色々な人を器として選び、復活を繰り返し、最強の魔王として君臨している。かつてサムを器としていたことも。大統領を器にした際に、大統領の恋人ケリーがルシファーの子を妊娠し、ネフィリムの息子ジャックが誕生する。ジャックを巡ってウィンチェスタ―兄弟と闘うことになるが……。

マーク・ペルグリノ Mark Pellegrino

1965年4月9日、米ロサンゼルス生まれ。「NYPDブルー」、「デクスター」、「クローザー」、「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」、「グレイズ・アナトミー」、「メンタリスト」、「ブレイクアウト・キング」など数々の作品にゲスト出演した他、『リーサル・ウェポン』、『マルホランド・ドライブ』、『カポーティ』、『ナンバー23』などに出演し、経験を積んだ。「LOST」にゲスト出演し、サターン賞テレビ部門最優秀ゲスト俳優賞にノミネートされた経歴を持つ。「13の理由」にゲスト出演中。多くの作品で悪役を演じていることでも知られている。俳優業の傍ら、演劇学校でセミナーやクラスを持ち、教えている。私生活では、妻と2人の子供がおり、キックボクシング、柔道、空手など様々な武道に積極的に取り組んでいる。

ジャック/Jack (声:内山昂輝)

天使のルシファーと人間のケリーとの間に生まれたネフィリム。生まれたばかりだが10代の少年の姿をしており、危険で特殊な能力を持つ。

アレクサンダー・カルヴァート Alexander Calvert

1990年7月15日、カナダ生まれ。「デッド・ゾーン」にゲスト出演したことをきっかけに知られるようになる。『スウィート17モンスター』でニック役を演じ、「ARROW/アロー」や「ザ・リターン」、「スクリーム」、「ベイツ・モーテル」などにゲスト出演したことで知られる。仕事以外の時にはバンクーバーに住んでおり、バイクや旅行が趣味。

作品基本情報

原題:SUPERNATURAL
データ:シーズン13・2017~2018年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/シーズン13・全23話/HD作品
製作総指揮:フィル・スグリッシア、ジェレミー・カーヴァー、ブラッド・バックナー、ユージニー・ロス=レミング、ロバート・シンガー、アンドリュー・ダブ
出演:ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクレス、ミシャ・コリンズ、マーク・ペルグリノ、アレクサンダー・カルヴァート