メンタリストシーズン1

ニュース

作品概要

全米視聴率ナンバーワンの最新ドラマがついに日本初上陸!
現代版「刑事コロンボ」の呼び声高い正統派ミステリー、二カ国語版&字幕版で独占日本初放送!!

“メンタリスト”とは?

タイトルの“メンタリスト”とは、読心術・テレパシーといったメンタル・マジックを行うパフォーマーのこと。観察や会話を通して相手のことを言い当てるコールド・リーディング(シャーロック・ホームズが外観や証拠品だけで事件を言い当てるのはまさにこの手)や、事前リサーチをもとに相手の心を言い当てるホット・リーディングといった話術、暗示や催眠術を用いる。

これらのメンタル・マジックを駆使する“メンタリスト”の中には、自らを霊能者(サイキック)や超能力者であると装う者がいる。米国ではあちこちに霊能占い師の店があるのだが、「当たる」と評判になれば人気が高まるプロフェッショナルであり、テレビに出演するメンタリストやサイキックも多く、本作の主人公パトリック・ジェーンも以前はそういった人物の1人だった。なおジェーンはコールド・リーディングと心理学を用いて読心術を行っているようである。

イントロダクション

「クリミナル・マインド」「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」や「CSI」シリーズをヒットさせ、ミステリードラマに定評がある全米CBSネットワークで2008年9月23日にスタートし、同年12月には週間視聴率ランキングで第1位に到達。最終的に2008-2009年のシーズンで新番組中トップに立った、大ヒットドラマが「メンタリスト」だ。現在本国アメリカではシーズン2が放送中の最新作をスーパー!ドラマTVが早くも日本初放送する。

小説のシャーロック・ホームズやTV「刑事コロンボ」のように、個性的で知性と推理力を併せ持つ“癒しセクシー”系のニュー・ミステリー・ヒーロー、パトリック・ジェーンを演じるのは、TV「堕ちた弁護士~ニック・フォーリン~」や映画「プラダを着た悪魔」「LAコンフィデンシャル」のサイモン・ベイカー。大ヒットとなった本作で、エミー賞、ゴールデングローブ賞、SAG賞(全米俳優組合賞)といった数々の主演男優賞にノミネートされるなど、ベイカーはその実力とスター性を発揮。
今、視聴率もアクターの人気も最も熱いドラマ、それが「メンタリスト」なのである 本国アメリカの人気から日本でも待ち望まれていた最新ヒットドラマ「メンタリスト」、スーパー!ドラマTVにてついに日本初放送!

注)初回放送当時の情報となります

シーズン1 見どころ

ポスト「シャーロック・ホームズ」「刑事コロンボ」の呼び声高い、上質ミステリー!

本作「メンタリスト」の最大の魅力は、まさに、個性的な名探偵パトリック・ジェーンがふとした表情や些細な会話から人の心を読み解き、難事件をいとも簡単に解き明かすといった、シャーロック・ホームズや刑事コロンボを思わせるようなストーリー。また、毎回起こる殺人事件を一話完結で描く一方で、ジェーンと連続殺人鬼“レッド・ジョン”との攻防はじっくりと時間をかけて描いていく。アクションや謎だらけのドラマに疲れた視聴者待望の正統派ミステリーなのである。

科学捜査、サイキック捜査の次は、リアルな“マインド・ミステリー”!

全米TV界では「CSI: 科学捜査班」とそれに続く「CSI: マイアミ」「CSI: NY」の成功で、“科学捜査”をクローズアップするミステリー・ドラマが流行。プロファイリングを題材にした「クリミナル・マインド」もその延長上にある。一方、サイキック(超能力者)による非常事態収拾を描く「ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア」「ゴースト~天国からのささやき」も成功を収め、米ミステリー・ドラマ界はリアル路線とファンタジー路線が共存する状態だった。
そんな中、それら両方のよさをすくい上げたのが「メンタリスト」だ。主人公ジェーンは元霊能占い師とあって一見サイキック捜査ものだが、彼が犯人探しのために証拠を見つめ、人々から証言を導き出していくプロセスは、非常にリアル。現実的な方法で人の心の闇に迫る“マインド・ミステリー”として、本作は説得力満点だ。

「ウォーク・オブ・フェーム」に仲間入り!主演サイモン・ベイカーの魅力

甘いマスク、知的でシニカルなユーモアセンスと抜群の推理力を持つ“癒やしセクシー”のミステリー・ヒーロー、ジェーンを好演するのは、映画『プラダを着た悪魔』、『マージン・コール』やTV「堕ちた弁護士~ニック・フォーリン~」のサイモン・ベイカー。2010年12月には、アメリカTVドラマ史上破格のギャランティでシリーズの契約更新がされ話題になったベイカーだが、シーズンを追うごとにその実力とスター性を発揮し、注目の的。そして2013年2月には、映画やTV界への貢献者を称えるハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の仲間入りを果たし、スターとしての地位を確立した。本作ではたびたびエピソード監督も務めている。

ストーリー

メンタリスト -
それは人の心を読み暗示にかける者
思考と行動を操作する者のことである

米カリフォルニア州を管轄とし、各地で凶悪犯罪の捜査にあたるCBI(California Bureau of Investigation -カリフォルニア州捜査局)。捜査チームを率いるリズボン捜査官は、ある異色の人物をコンサルタントに招く。彼の名はパトリック・ジェーン。人気の霊能占い師(メンタリスト)としてTVなどで活躍してきたミステリアスな男だが、捜査の現場での行動もあまりに型破り。

被害者の家に勝手に上がり込んだり、事情聴取でいきなり「君が犯人か?」と尋ねたり、事情を知っていそうな者に催眠術をかけてみたりと、いずれも大胆不敵すぎるのでリズボンとその部下リグスビー、チョウ、ヴァンペルトは戸惑う。しかし、ジェーンにとってはすべてが意味がある行動だ。

捜査陣が加害者に目が行きがちな中で、被害者の周辺から事件解決の糸口を見つけ出し、関係者を挑発して相手の行動や言動を観察し、催眠術のテクニックも確実に効果を発揮する。鋭い観察眼を駆使し、人々が心のウラに隠した真実を読み取って、いつしか事件を解決に導く、前代未聞の名探偵がジェーンなのだ。
ある時ジェーンは、被害者の血で描かれたスマイルマークが現場に残されている事件に遭遇する。それは、彼の愛する家族を殺した連続殺人鬼“レッド・ジョン”と同じ手口だった……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

パトリック・ジェーン/Patrick Jane (声:郷田ほづみ)

型破りな方法でCBIの犯罪捜査に協力する元・霊能占い師。占い師だった頃にからかったのを根に持つ連続殺人鬼“レッド・ジョン”に妻と娘を殺されたという悲しい過去がある。自分がいかさまだったことを認めつつ、独自のセンスが認められてCBIに捜査コンサルタントとして招かれる。事件の関係者から真実を聞き出すのが得意な反面、銃を持たないので危険な目に遭いがち。また“レッド・ジョン”事件については冷静さを失うことも…。

サイモン・ベイカー Simon Baker

1969年7月30日、オーストラリア・タスマニア州生まれ。サーフィンや水球をして育ち、80年代から同国のTV界で俳優として活動し人気者に。1990年代に渡米し、『L.A.コンフィデンシャル』『クロスゲージ』『楽園をください』『レッド プラネット』『マリー・アントワネットの首飾り』『ランド・オブ・ザ・デッド』『ザ・リング2』『プラダを着た悪魔』などの映画で活躍。2001~2004年に全米放送されたTV「堕ちた弁護士~ニック・フォーリン~」でゴールデングローブ賞TV部門の主演男優賞にノミネート。本作ではエミー賞のドラマ・シリーズ主演男優賞にノミネートされた。新作はコメディの『Women in Trouble』(2009)、スリラーの『Not Forgotten』(2009)、マイケル・ウィンターボトムが監督し、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバと共演する映画『The Killer Inside Me』(2010)など。プライベートでは2歳年上の女優と結婚、3人の子供の父親である。

テレサ・リズボン/Teresa Lisbon (声:加納千秋)

CBIの捜査チームの責任者である上級捜査官。いつも堂々とした態度で部下たちを指揮し、容疑者確保の現場にみずから突入するといった行動力を持ちあわせる優秀なボスで、部下たちからも信頼されている。しかし、酒びたりだった父親を持ち、自分が兄弟の面倒をみていた時、母親を飲酒運転の車にひき殺されたという悲惨な過去がある。型破りなジェーンをひやひやしながら見つめる一方、いつしか男性として彼が気になる存在に!?

ロビン・タニー Robin Tunney

1972年6月19日、米イリノイ州シカゴ生まれ。19歳からLAに住んで女優になり、2本の映画『エンパイア レコード』『ザ・クラフト』で注目を集める。その後も『エンド・オブ・デイズ』『バーティカル・リミット』『パパラッチ』『ハリウッドランド』『ライフ・ドア 黄昏のウォール街』(DVD発売)など多くの映画に出演。TVでは「Dr.HOUSE(シーズン1)」にゲスト出演し、「プリズン・ブレイク」のシーズン1・2でベロニカ・ドノバンを演じた。現在の夫は2人目で、映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』の監督・脚本家であるアンドリュー・ドミニク。ポーカーが得意で、TV番組で善戦したことがある。

ウェイン・リグスビー/Wayne Rigsby (声:江川央生)

CBIで最も放火事件に詳しい捜査官。後輩である新人捜査官グレースに好意を抱き、何かと彼女をサポートしようと心がける。しかし捜査官同士の恋愛はご法度なのが原則で、グレースとの関係を前進させていいものかどうか苦悩する。そして他の同僚と同様、ジェーンが何か問題を起こしやしないか、少し心配のタネ。CBIではチョウが一番打ち解けあえる同僚だ。

オーウェン・イオマン Owain Yeoman

1978年7月2日、英ウェールズ生まれ。同国で演技を学んだ後、映画『トロイ』で小さな役を演じて俳優デビュー。TV「バーナビー警部」にゲスト出演し、映画「ビール・フェスタ 無修正版~世界対抗・一気飲み選手権」(DVD発売)に出演。TV「キッチン・コンフィデンシャル」でスティーヴン役に扮した。TV「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ(シーズン1)」ではT-888型ターミネーター“クロマティ”(初代)を演じ、第1話のみの出演ながら強烈な印象を残す。TVシリーズ「The Nine」「Generation Kill」にも出演している。英国版「The Office」でドーン役を演じた女優ルーシー・デーヴィスと06年に結婚した。

キンブル・チョウ/Kimball Cho (声:喜山茂雄)

CBIのアジア系捜査官。物語が進むうちに、チームで最もジェーンとパートナーを組むことが多い立場に。同僚のリグスビーとも仲がいいが、ジェーンに頼まれ、彼のために証拠を探してやるなど、ジェーンに対して協力的。しかし、それでもジェーンの型破りな行動についていけないことが多い。チームで最も地に足がついたクールなキャラクターで、ジェーンの行動をブラックユーモアで解釈してやり流すことも。CBIに入る前は軍人だった頃がある。

ティム・カン Tim Kang

1973年3月16日、米カリフォルニア州サンフランシスコ生まれの韓国系俳優。ハーバード大学やカリフォルニア州立大学バークリー校で演技を学んだ。TV界中心の活動で、「サード・ウォッチ(シーズン5・6)」で日系のヨシハラ刑事を演じ、「ザ・ソプラノズ(シーズン4)」「LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班(シーズン2)」「ゴースト~天国からのささやき(シーズン2)」「名探偵モンク(シーズン6)」「ザ・ユニット(シーズン3)」、米国リメイク版“The Office”(本未放送)などにゲスト出演。映画『フォーガットン』『ランボー 最後の戦場』にも出演している。最新作は2009年のインディーズ映画“Mr. Sadman”。

グレース・ヴァンペルト/Grace Van Pelt (声:斉藤佑圭)

CBIで最も若手である女性捜査官。美人で性格はとにかく真面目。敬けんなキリスト教信者であると共に、この世にサイキックのような存在がいることも信じていて、現在そういう存在に徹底して否定的な態度をとるジェーンとは時折り衝突することも。同僚のリグスビーと好意を抱き合うようになるが、同僚とそういう関係になっていいのかどうか苦悩するようになっていく。

アマンダ・リゲッティ Amanda Righetti

1983年4月4日、米ユタ州生まれのラスベガス郊外育ち。プロデューサーとして数多くのCMや短編映画に携わり、女優としてTV「NORTH SHORE ノース・ショア」にテッサ・ルイス役で出演し、TV「The OC(シーズン1・2)」でヘイリー・ニコールに扮した。他、2009年リメイク版の映画「13日の金曜日」では、TV「スーパーナチュラル」サム役ジャレッド・パダレッキと共演、TV「アントラージュ★オレたちのハリウッド(シーズン3)」にゲスト出演、TVムービー『異常犯罪捜査官 倒錯の館』(ビデオ発売)、DVD用映画『TATARI タタリ/呪いの館』に出演。米国の雑誌で「今最もセクシーな1人」に選ばれたことも。映画監督ジョーダン・アランが夫。

作品基本情報

原題:THE MENTALIST
データ:シーズン1・2008~2009年/アメリカ/二カ国語/60分/シーズン1・全23話/HD作品
原案・製作総指揮:ブルーノ・ヘラー
出演:サイモン・ベイカー、ロビン・タニー、オーウェン・イオマン、ティム・カン、アマンダ・リゲッティ