MACGYVER/マクガイバーシーズン2

<独占日本初放送>
8/8(水)22:00スタート!
【二カ国語版】毎週水曜22:00ほか
【字幕版】毎週水曜24:00ほか
【吹替・解説放送版】毎週火曜10:30
 
<キャッチアップ>
【二カ国語版】第16話~19話:12/15(土)23:00
 
 

ニュース

作品概要

80年代の人気ドラマ「冒険野郎マクガイバー」が復活!
科学の知識と機転を利かせ、あらゆるミッションを遂行していく主人公マクガイバーの活躍を描いた全米大人気の痛快アクション超大作、シーズン2を独占日本初放送!!

イントロダクション

80年代に一世を風靡した痛快アクション・ドラマ「冒険野郎マクガイバー」が復活! 豊富な科学知識と驚くべき機転で難局を切り抜け極秘任務を遂行していくヒーロー、マクガイバーが25 年ぶりの時を経て新たなミッション、新たな冒険に乗り出す──。
「冒険野郎マクガイバー」のリメイクである「MACGYVER/マクガイバー」は全米CBSネットワークにて2016年9月から放送が開始されると、第1話で視聴者数1411万人※という好調な滑り出しを見せ、シーズン1の終了前に早くもシーズン2の制作が決定。幅広い層の視聴者をつかんで全米で大きな注目と話題を集めている大型アクション・ドラマだ。
アメリカ合衆国政府の秘密組織フェニックス財団の諜報員であるマクガイバーは、元軍人で相棒のジャックや天才ハッカーのライリー、フェニックス財団の仲間入りをした親友のボーザーと共に、国内外を問わず一筋縄ではいかない難事件を持ち前のシャープな頭脳と天才的発想で鮮やかに解決していく。

暴力反対主義のユニークなヒーロー、マクガイバーには、映画『X-MEN』シリーズのミュータント、ハボックことアレックス・サマーズ役で知られる若手スター、ルーカス・ティルが抜擢され、理知的な雰囲気を漂わせながらも、少年っぽさの残る甘いルックスがチャーミングな“新マクガイバー”を好演している。マクガイバーを支える相棒のジャックにはTV「CSI: 科学捜査班」のニック・ストークス役でおなじみのジョージ・イーズが扮し、デルタフォース上がりの肉体派というマクガイバーとは対照的なキャラクターながらも彼と相性の良いバディぶりを披露している。また、マクガイバーの親友でルームメイトのボーザーにTV「ラッシュアワー」のジャスティン・ハイアーズ、ハッキングの天才ライリーにTV「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のトリスティン・メイズ、マクガイバーらの上司で厳しいながらも情の厚いマチルダ・“マティ”・ウェバーには「NCIS ネイビー犯罪捜査班」に登場した免疫学者キャロル・ウィルソンを演じたメレディス・イートンが扮している。また、今シーズンからオーストラリア出身のイサベル・ルーカスが、元CIAエージェント、サマンサ・ケイジとしてキャストに参加。スレンダーなボディながら、マクガイバーやジャックと共にシャープなアクションを披露する。

注)初回放送当時の情報となります
※ライブ視聴と録画視聴の合計視聴者数

シーズン2 見どころ

秘密組織に新メンバーが仲間入り

シーズン2は、中近東で捕獲され処刑寸前になっていた米海軍特殊部隊員を救い出すミッションに挑むエピソードから始まるが、そのミッションをフェニックス財団に持ち込んだCIA工作員として登場するのがサマンサ・ケイジである。組織の指揮系統に従わずに隊員救出作戦を実行に移したかどでCIAから任を解かれてしまうケイジを、マクガイバーらの上司、マティがリクルート。ケイジはマクガイバーたちのチームに仲間入りをする。ケイジを演じているのは、「ザ・パシフィック」や「エメラルドシティ」などの出演作があるオーストラリア人女優、イサベル・ルーカス。マクガイバー役のルーカス・ティルと並ぶと非常に絵になる「美しすぎるアクション・ヒロイン」を好演している。

脅威的存在であり続ける敵役マードック

マクガイバーの宿敵であるプロの殺し屋マードックは、オリジナルの「冒険野郎マクガイバー」にも登場していたキャラクター。シーズン1第8話「コークスクリュー」に登場し、逮捕・投獄されたものの最終話で脱獄に成功。今回のシーズン2では、悪党ぶりがさらにアップして、マクガイバーと彼のチームを蛇のような執念深さでつけ狙う。マードック役のデヴィッド・ダストマルチャンは、マードックを演じることについて次のように語っている。「マードックがどんな人間かというストーリーにはすごく興味をそそられる。とても複雑かつドラマチックだからね。だからこそ探求し続ける余地がすごくあるんだ……。私生活でのマードックと殺し屋としてのマードックの間には防護壁のようなものがあって、それが彼の人格とサバイバルの鍵になっていると僕は解釈している」素晴らしいヒーローの陰には必ず素晴らしい悪役の存在ありきなのである。

エージェントとして成長するボーザー

マクガイバーのルームメイトで映画監督を目指す青年として登場したボーザーだが、シーズン1で特殊メイクの技術を買われてフェニックス財団に雇われる。最初はラボ勤務が中心だったが、マクガイバーらと共に作戦現場に出向くことも増えてきたボーザーに、マティはエージェントとしてのトレーニングを受けるよう指示。クリエイティブで機転が利くが、身体能力が高いわけではなく抜けたところもあるボーザーが、一人前のエージェントに成長していく過程はシーズン2の見どころのひとつとなっている。

ゲスト出演陣にも注目!

シーズン2もシーズン1に引き続き、注目のゲスト俳優が出演している。ライリーの父親エルウッドを演じるのは、ウィリアム・ボールドウィン。4人のボールドウィン俳優兄弟の3番目にあたるウィリアムは、TV「ゴシップガール」のウィリアム・ヴァンダーウッドセン役や「ダーティ・セクシー・マネー」のパトリック・ダーリング役などで海外ドラマファンにもおなじみの俳優だ。他には、オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」でジャック・ダルトン役を演じたブルース・マッギルや、「ハイスクール・ミュージカル」のアシュリー・ティスデール、「One Tree Hill」のダニエラ・アロンソなどが出演している。

声優・歌手・俳優と多彩な才能で魅了する宮野真守がマクガイバー役で米ドラマ初主演!!

日本語吹替版でマクガイバー役をつとめるのはアニメ「DEATH NOTE」、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などで主演を務め、俳優・歌手としても活動する人気声優、宮野真守。アメリカドラマの主演吹替えは本作が初となる彼が、その豊かな表現力でウィットに富んだセリフやモノローグの多いマクガイバー役を生き生きと演じ、日本語吹替版を魅力的なものにしている。その他、マクガイバーの相棒ジャック役に土田大、天才女性ハッカーのライリー役に永宝千晶、マクガイバーの親友ボーザー役に安田裕など、実力派&フレッシュな人気声優陣が集結!

オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」のマクガイバー役声優・石丸博也のナレーションによる吹替・解説放送版もあわせてオンエア!

本作については、目の不自由な方々に対して副音声による解説を行い、番組内容をお伝えする“吹替・解説放送版”もあわせてオンエア。キャストのセリフなどだけでは表現しきれないト書き的な情景描写等を、ナレーターが補完的に説明して伝えていく、本作の“吹替・解説放送版”のナレーターをつとめるのは、オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」のマクガイバー役や、ジャッキー・チェンの吹替でもおなじみのベテラン声優・石丸博也。オリジナル版のマクガイバー=石丸博也と、リメイク版の新マクガイバー=宮野真守、2人の声を同時に楽しめる吹替・解説放送版を見られるのはスーパー!ドラマTVだけ!

日米で大人気を博したオリジナル版 「冒険野郎マクガイバー」

全米で1985~1992年まで全7シーズンが放送され、人気を博した痛快アドベンチャー・シリーズ「冒険野郎マクガイバー」。日本でもTV放送されると熱狂的なファンを生み、主人公のマクガイバーが愛用するスイスアーミー・ナイフを購入する人が続出した。マクガイバーを演じたリチャード・ディーン・アンダーソンは、後にロングランSFシリーズ「スターゲイト SG-1」でも主演をつとめた。

ストーリー

アンガス・マクガイバー(愛称マック)は表向きはシンクタンクを装う秘密組織フェニックス財団で働くエージェント。軍務経験もある元CIAエージェントの相棒、ジャック・ダルトンと、脱獄した宿敵マードックの行方を追ってキューバまで出向くが、マードックは既に隠し金を取って逃げた後だった。

マクガイバーの親友でフェニックス財団のチームメイトでもあるボーザーは、マードックの手先によって負傷させられたが無事リハビリまで済ませていた。ロサンゼルスに戻ったマクガイバーは、ジャックと共にボーザーを迎えに行く。IT分析官ライリーとも合流し、一同は本部に向かうが、そこで上司のマティにCIAのエージェント、サマンサ・ケイジを紹介される。ケイジは、テロリスト・グループに囚われている米海軍特殊部隊の二等海尉を救出するために、フェニックス財団の協力を要請しに来たのだった。ケイジの要請を引き受けたマクガイバーらは、中東に飛び、二等海尉の救出作戦を開始。ライリーとボーザーは上空からの監視役を引き受け、マクガイバーとジャック、それにケイジは、イスタンブールに侵入。テロリストたちの根城を目指すが……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

アンガス・マクガイバー/Angus MacGyver (声:宮野真守)

アメリカ合衆国政府の秘密組織フェニックス財団のエージェント。マサチューセッツ工科大学中退。不発弾処理専門家として米軍に3年間勤務した後、諜報機関にリクルートされ、ジャック・ダルトンとパートナーを組んで仕事をするようになる。平和主義者で銃を携帯することを拒否。代わりにスイスアーミー・ナイフを持ち歩き、周囲にある種々雑多な物を使って即席の武器や装置を作り上げる。自分では高所恐怖症と称しているが、任務のためなら飛行機やヘリコプターからぶら下がることもいとわない。10歳の時に自分のところから立ち去った父親に再会すべく、居所を探し続けている。愛称は「マック」。

ルーカス・ティル Lucas Till

1990年8月10日、米テキサス州フォートフッド生まれ。10歳の時にコマーシャルや広告への出演を始め、映画『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』でマイリー・サイラスの恋人役を演じ、その後、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のハボックことアレックス・サマーズ役に大抜擢されブレイクを果たす。かつてテイラー・スウィフトのミュージック・ビデオにも出演し、テイラーとの交際でも注目を集めた。

ジャック・ダルトン/Jack Dalton (声:土田大)

マクガイバーと行動を共にする相棒のエージェント。かつて対テロ作戦を遂行する米陸軍特殊部隊デルタフォースに在籍していた。そのためマクガイバーとは対照的に銃撃戦には慣れており、チームの中では用心棒的な存在として頼られている。マクガイバーとはこれまで何度も一緒にピンチを乗り越えてきた戦友であり、互いに四六時中軽口を叩き合っている気の置けない仲間である。元恋人の娘でフェニックス財団に加わったライリーに対し父親風を吹かせて煙たがられている。

ジョージ・イーズ George Eads

1967年3月1日、米テキサス州フォートワース生まれ。1994年、映画『Dust to Dust(原題)』で俳優デビュー。1996年にTV「サバンナ」に出演した際は第1話で死ぬ役を演じたが、非常に人気があったため回想シーンで何度も登場した挙句、双子が居たという設定でカムバックしたという逸話が残っている。その後、TV「CSI: 科学捜査班」のニック・ストークス役で人気を博し、テレビ・スターのステータスを確かなものにした。

ライリー・デイヴィス/Riley Davis (声:永宝千晶)

天才ハッカー。違法ハッキングで服役していたが、過去に母親がジャックと交際していたことがあり、ジャックの紹介でマクガイバーのチームに引き抜かれ、IT分析官として極秘ミッションに加わることになる。小柄でキュートなルックスだが世渡り上手でタフな女性。マクガイバーのルームメイト、ボーザーとは良き友人同士になり、仕事でペアを組むと息のあったところを見せる。

トリスティン・メイズ Tristin Mays

1990年6月10日、米ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。1996年に子役としてデビュー。その後は子役・ティーン・スターとしてTV「エイリアス」や「プライベート ~女子寮連続殺人事件」などにゲスト出演。「ヴァンパイア・ダイアリーズ」ではサラ・ネルソンを好演した。

ウィルト・ボーザー/Wilt Bozer (声:安田裕)

マクガイバーの幼なじみでルームメイト。マクガイバーがフェニックス財団のエージェントとは夢にも思わず、同僚のジャックもライリーもマクガイバーと一緒にシンクタンクで働いているものと思っていたが、マクガイバーの宿敵マードックとの遭遇で、真実を知る。映画監督を目指していたが、特殊メイクの腕をかわれてフェニックス財団のメンバーに仲間入りを果たす。

ジャスティン・ハイアーズ Justin Hires

1985年6月24日、米フロリダ州セントピーターズバーグ生まれ。2005年に映画デビュー。米CBSで2016年に放送されたTV「ラッシュアワー」では主演をつとめた。その他の出演作には『ストンプ・ザ・ヤード』や『21ジャンプストリート』などがある。

マチルダ・“マティ”・ウェバー/Matilda "Matty" Webber (声:小宮和枝)

裏切り者だったことが発覚して逮捕されたソーントンに代わってフェニックス財団のリーダーに就任。所属していたCIAではジャックの上司だったこともあり、ジャックは頭が上がらない。有能かつタフで、部下の仕事には容赦無い評価を下す一方、実は思いやりと気配りも忘れない人情派。

メレディス・イートン Meredith Eaton

1974年8月26日、米ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。臨床心理学の修士号を持つ。主な出演作には「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」などがある。

サマンサ・ケイジ/Samantha Cage (声:山賀晴代)

オーストラリア出身。優秀なCIA工作員だったが、指揮系統に従わずに捕虜になっていた海軍特殊部隊員の救出作戦を実行。そのためにCIAを解雇されるものの、そのガッツと能力を高く評価したマティによって、フェニックス財団のメンバーとしてリクルートされる。

イザベル・ルーカス Isabel Lucas

1985年1月29日、オーストラリア・メルボルン生まれ。オーストラリアのメロドラマ「Home and Away(原題)」でデビュー。「エメラルドシティ」や映画『トランスフォーマー/リベンジ』などに出演。

作品基本情報

原題:MACGYVER
データ:シーズン2・2017~2018年/アメリカ/二カ国語&字幕&日本語吹替・解説放送/60分/シーズン2・全23話/HD作品
製作総指揮:ピーター・M・レンコフ、リー・デヴィッド・ズロトフ、ヘンリー・ウィンクラー
出演:ルーカス・ティル、ジョージ・イーズ、イザベル・ルーカス、トリスティン・メイズ