ダメージシーズン1

ニュース

作品概要

カリスマ弁護士パティの陰謀と、新米弁護士エレンが抱く疑念。そして世界的企業を相手取る巨額の賠償請求。 様々な思惑が絡み合い、現在と過去が交錯する。
衝撃の真実に目が離せない、グレン・クローズ主演のフラッシュバック・サスペンス。

シーズン1 見どころ

現在と過去が交錯するフラッシュバック・サスペンス

シーズン毎、最初に結末を見せ、過去と現在を行ったり来たりしながら謎を明かしていくスタイルが斬新なドラマ、「ダメージ」。最大の特徴であるこの時系列トリックによって、見るものは話に引き込まれていく。さらに結末を見ているからこそ物語の展開を予想してしまう視聴者を、見事に裏切るどんでん返しも大きな見どころ。シーズン1第1話の脚本を担当した トッド・A・ケスラー、グレン・ケスラー、ダニエル・ゼルマンは、エミー賞ドラマシリーズ部門脚本賞にノミネートされた。この3人は本作の製作総指揮も務めており、トッド・A・ケスラーとグレン・ケスラー兄弟は、NETFLIXオリジナル作品の「ブラッドライン」でもダニエル・ゼルマンとチームで製作を行っている。

各賞受賞! 実力派キャストが勢ぞろい!!

目的の為なら手段を問わない冷徹なカリスマ弁護士パティを見事演じたグレン・クローズは、この作品でエミー賞主演女優賞に4回もノミネートされ、そのうち2回受賞した。そしてゴールデン・グローブ賞にも3回ノミネートされ、そのうち1回受賞。シーズン1においては、エミー賞とゴールデン・グローブ賞のW受賞となった。
さらにシーズン1では、エミー賞助演男優賞をレイ役ジェリコ・イヴァネクが受賞し、エレン役ローズ・バーン、アーサー役テッド・ダンソンがエミー賞やゴールデン・グローブ賞の助演女優・男優賞にノミネートされるなど、脇を固める俳優たちもその実力を認められている。
キャスティング自体の評価も高い。2008年のエミー賞ではキャスティング担当のジュリー・タッカー、アビー・カウフマン、ロス・メイヤーソンらがドラマ部門キャスティング賞を受賞した。

ストーリー

朝のニューヨーク。高級マンションから下着姿の血まみれの女性が現れ、警察に保護される。彼女の名はエレン・パーソンズ。ヒューズ法律事務所で働く新人弁護士である彼女の自宅では、婚約者デービッドが惨殺体となって発見される。なぜ彼女は血まみれだったのか、なぜ婚約者が無惨な姿で殺されていたのか。大きな謎を残したまま、物語は6か月前へとさかのぼる――。

事件の6か月前、ロースクールを卒業したエレンは、夢にまで見たカリスマ弁護士パティ・ヒューズの法律事務所に採用される。パティは資産家であるアーサー・フロビシャーを相手に巨額な賠償金が絡んだ集団訴訟の真っ最中であり、エレンは新人ながらその集団訴訟に抜擢される。仕事でもめきめきと頭角を現し、恋人デービッドとの婚約も決まり、順風満帆の人生を送るエレン。しかし、フロビシャーとデービッドの姉ケイティに何らかの関係があると知ったことから、エレンの人生は大きく変わり始める……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

パティ/Patty Hewes (声:大西多摩恵)

ニューヨーク・マンハッタンに法律事務所を構える、カリスマ女性弁護士。たとえ家族や友人を危険な目に遭わせるようなことがあったとしても、裁判に勝つためならば、手段を選ばないで闘う。感情の起伏が激しく、周囲を振り回すこともしばしば。冷酷な権力者を相手にした、大きな訴訟を担当。家族は再婚した夫フィルと息子のマイケル。

グレン・クローズ Glenn Close

1947年3月19日、米コネチカット州生まれ。ウィリアム・アンド・メアリー大学で演劇を専攻。卒業後はニューヨークに渡り、ブロードウェイで活躍。1982年、『ガープの世界』で映画デビューをすると、初出演の映画でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。続いて『再会の時』と『ナチュラル』で、またもアカデミー賞助演女優賞にノミネート。1987年には『危険な情事』でストーカー役を演じ、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされた。『アルバート氏の人生』で6度目のアカデミー賞ノミネートを果たした、銀幕の名女優。本作「ダメージ」ではエミー賞とゴールデン・グローブ賞をW受賞。ブロードウェイではトニー賞に3度輝いた。2017年には『ワンダフル!ウエディング ~結婚できる人できない人~ 』に出演するなど、活躍し続けている。

エレン/Ellen Parsons (声:甲斐田裕子)

ロースクールを卒業したばかりの新米弁護士で、ヒューズ法律事務所に就職する。就職して早々に、不正な株価操作をして従業員を破産させた億万長者のアーサーの、大きな裁判の担当を任され、不安と緊張の日々を送る。純粋な性格で、恋人デービッドとの婚約も決まり、私生活も順調。しかし、彼女の順風満帆な生活は、変わっていく……。

ローズ・バーン Rose Bryne

1979年7月24日、豪シドニー生まれ。豪映画『Dallas Doll(原題)』にて映画デビュー。以降オーストラリアのテレビ番組などに出演していたが、1999年から映画にも頻繁に出演するようになった。2002年には『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に出演。その後『マリー・アントワネット』や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、『ANNIE/アニー』など多くの映画・ドラマで活躍。2018年には『ピーターラビット』でヒロイン役を好演した。趣味はヨガ、水泳、サイクリング、クロスワード、読書。

アーサー/Arthur Frobisher (声:小川真司)

パワフルな実業家。元社員に、倒産直前の会社に投資させておきながら、自分は持ち株を売り払って不正な株価操作を行い、従業員は破産させたものの、自分は巨額の富を得た。パティとエレンがその民事訴訟を担当。弁護士のレイのことを信用している。

テッド・ダンソン Ted Danson

1947年12月29日、米カリフォルニア州生まれ。父親は考古学者。スタンフォード大学から、カーネギー・メロン大学に転校。学生時代に演劇に興味を持つ。1980年に『オニオン・フィールド』で映画デビュー。「Cheers(原題)」では、エミー賞コメディ部門主演男優賞に11回ノミネートされ、1990年と1993年に2回受賞歴がある。ゴールデン・グローブ賞も2度受賞。代表作は「Cheers(原題)」と『スリーメン&リトルレディ』。さらに2011~2015年には「CSI:科学捜査班」シリーズ、2016年からは「グッド・プレイス」にも出演し、近年も活躍を続けている。環境問題の活動家としても知られる。

トム/Tom Shayes (声:大滝寛)

ヒューズ弁護士事務所のエースで、右腕的な存在。エレンから信頼されている。1度事務所を辞めたように見えたが、実は影でパティと仕事を行っていた。今回、アーサーの事件で事務所に戻ってくる。

テイト・ドノヴァン Tate Donovan

1963年9月25日、米ニュージャージー州生まれ。USC時代には、ジョージ・クルーニーらと仲が良かった。主にテレビドラマで活躍。1997年には、ディズニー映画『ヘラクレス』で声優を務めた。人気ドラマ「アリー my Love」や「フレンズ」、「The OC」などにゲスト出演。「ゴシップガール」のシーズン4・5や「Glee」のシーズン2・3、そして本作「ダメージ」のシーズン2・3・5では監督業もこなした。2016年には映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に出演。私生活では、ジェニファー・アニストンやサンドラ・ブロックと交際していた。

レイ/Ray Fiske (声:田原アルノ)

アーサーが抱える一流弁護士。法廷では、弁護士として長年パティと競ってきた。頭脳明晰だが、冷酷な性格の持ち主。

ジェリコ・イヴァネク Zeljko Ivanek

1957年8月15日、スロヴェニア生まれ。2012年の『アルゴ』、『セブン・サイコパス』や2017年『スリー・ビルボード』での活躍が注目されている。弁護士や政治家の役を務めることが多く、マーティン・マクドナーとタッグを組むことも多い。トニー賞に3度ノミネートされた。「LAW & ORDER」シリーズや、「BONES」、「メンタリスト」などの人気ドラマにも多くゲスト出演し、テレビでも活躍している。

デービッド/David Connor (声:竹若拓磨)

エレンの恋人で、インターン中の医師。心が広く、表裏のない性格の持ち主。エレンと幸せな日々を送っていたが、パティの事務所に就職し、事件に巻き込まれていくエレンを心配している。そんな時、デービッドの身にも危険が……!?

ノア・ビーン Noah Bean

1978年8月20日、米マサチューセッツ州生まれ。妻は女優のリンジー・フォンセカ。ボストン大学他2つの学校で演劇を学んだ後、ニューヨークに移り、舞台で活躍。ジョーダン・ハリソンのピューリッツァー賞にノミネートされた『プライムたちの夜』などに出演し、舞台役者としてのキャリアを積む。同時に「NIKITA/ニキータ」に出演したり、「ワンス・アポン・ア・タイム」、「エレメンタリー ホームズ&ワトソンin NY シーズン4」などにゲスト出演したりと、ドラマでの活躍も目立つ。

ケイティ/Katie Connor (声:八十川真由野)

デービッドの姉で、エレンの親友。アーサーの事件と何らかの関係があり、身に危険が迫る。エレンに協力するが、事件にどんどん巻き込まれていき、傷ついていく。中絶や薬物中毒など、暗い過去を持つ。

アナスタシア・グリフィス Anastasia Griffith

1978年3月23日、仏パリ生まれ。ブリストル大学で美術史を学び、卒業後ロンドンの演劇学校で演劇を学ぶ。2004年に映画『アルフィー』に出演。「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」や「ワンス・アポン・ア・タイム」、「ブラックリスト」などのTVシリーズにゲスト出演。本作のケイティ役で注目を集める。

作品基本情報

原題:DAMAGES
データ:シーズン1・2007年/アメリカ/吹替/60分/シーズン1・全13話/HD作品
製作総指揮:トッド・A・ケスラー、グレン・ケスラー、ダニエル・ゼルマン
出演:グレン・クローズ、ローズ・バーン、テッド・ダンソン、テイト・ドノヴァン、ジェリコ・イヴァネク、ノア・ビーン、アナスタシア・グリフィス