特別狙撃隊S.W.A.T.シーズン2

ニュース

作品概要

危険な任務を行う高度に訓練された精鋭部隊、その名も“SWAT”。
彼らの活躍を鮮やかに描く1970年代の大ヒット傑作ドラマ、未ソフト化の貴重なシーズン2!

イントロダクション

1975~1976年にABCで放送された「特別狙撃隊S.W.A.T.」。特殊部隊である“SWAT”は、高度に訓練された 5人の精鋭メンバーで編成され、通常の警官が扱うには危険すぎるテロや凶悪犯罪などに次々と対処していく。チームメンバーは、司令塔ダニエル・“ホンドー”・ハレルソン、若く正義感溢れるジム・ストリート、ホンドーの片腕ディーク・ケイ、射手ドミニク・ルカ、そして彼らを援護するTJ・マッケイブ。様々な能力のエキスパートたちが、街の平和を守るため奮闘する。

本作は「命がけの青春/ザ・ルーキーズ」のスピンオフ作品である。 レナード・ゴールドバーグ、 アーロン・スペリングが製作総指揮を務めた「命がけの青春/ザ・ルーキーズ」は1972~1976年にABCにて放送され、南カリフォルニアで新人警官3人“ザ・ルーキーズ”が犯罪に満ちた街で奮闘する姿を描いた人気の警察ドラマ。
レナード・ゴールドバーグとアーロン・スペリングは、新人がスティーヴ・フォレスト演じる強い警官にトレーニングを受けるために警察学校に戻る、というストーリーの2時間ドラマを企画、それが「命がけの青春/ザ・ルーキーズ」のシーズン3、第20話・第21話に前後編として制作された「S.W.A.T.」と名付けられたエピソードだった。1975年2月17日に放送されたこのエピソードをABCがとても気に入り、スティーヴ・フォレストとSWATチームを軸にしたシリーズドラマを発注した。そして、「特別狙撃隊S.W.A.T.」としてシリーズ化され1975年よりABCにて放映がスタートした。
当時映画・テレビでは警官アクションものが非常に流行していたが、1960年第後半に多発した民間暴動後アメリカで注目された実在する犯罪対策組織に触発され制作された「特別狙撃隊S.W.A.T.」のように、注目を浴びまたは論争の的にもなった番組は少なく、激しい銃撃戦や残忍な描写を含んでいたにも関わらず、2年という短い放映期間のうちに成功を収め、今日に至っても根強い人気を誇っている。テーマ曲である「反逆のテーマ」(RHYTHM HERITAGE)はあまりにも有名だ。

シーズン2は、1975年2月から5月まで放送されたシーズン1からそう時間もたたずに、同年9月に放送を開始、1976年4月まで放送された。全13話だったシーズン1に比べ全22話と長い。シーズン2でもSWATの活躍を追うという点では基本的には変わらないものの、ホンドーの恋愛事情が描かれたり、最終話では黒沢明監督『羅生門』をほうふつとさせるような構成のエピソードが披露されたりと、新鮮な気持ちで楽しむことのできるシーズンとなっている。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン2 見どころ

シーズン1に引き続き、ゲストスターは豪華な顔ぶれ。
第1話:『トパーズ』、『ダーティハリー』、『ブラニガン』などで悪役や憎まれ役などを演じて強い印象を残したジョン・ヴァーノンが、またもや悪役のシャノン役で登場。
第2話:『俺たちは天使じゃない』、『裸者と死者』などのアルド・レイがコスタ役。
第3話:『逃亡地帯』 、『荒野のスモーキー』のダイアナ・ハイランドがジョアンナ役。『明日なき追撃』、『シャーク・トレジャー』に出演、最近は「ラリーのミッドライフ★クライシス」シーズン8第7話に登場しているデヴィッド・カナリーがフィリップス役。
第4話:『左きゝの拳銃』や『イルカの日』のジョン・デナーがウッドワード役。
第5話:『スカーフェイス』や『ラッシュアワー2』など多くの作品に出演し名バイプレーヤーとして知られ、最近も「ブラックリスト」シーズン3第6話のクリスピン・クランドル卿を演じたハリス・ユーリンが、ジュリアン役を演じる。
第6話:『めぐり逢い』、『誇り高き戦場』のネヴァ・パターソンがエレン役。
第7話:『十二人の怒れる男』、『ガルシアの首』、『特高大作戦』などのロバート・ウェッバーが一味のボス・サイモン役、そしてその子分ウォード役を『荒野の七人』、『脱走特急』、『勇者のみ』などで知られるブラッド・デクスターが演じる。
第8話:『12モンキーズ』や「怪鳥人間バットマン」などに出演、「ハワイ5-0」、「ワンダーウーマン」にもゲスト出演し1966年のプライムタイム・エミー賞における助演男優部門にもノミネートされたコメディアン、フランク・ゴーシンが、リジー役で登場。
第9話:「LAW & ORDER ロー&オーダー」シーズン1、3にゲスト出演のスティーヴン・キーツがストーン役。
第11話:「新スタートレック」のキャサリン・ポラスキー役で知られるダイアナ・マルドアが、ホンドーと親しくなる女流生物学者ケイト役。
第12話:『バニシング・ポイント』や『夜の大捜査線』などに出演し、『ブルーサンダー』にもグランデリウス役で出演のアンソニー・ジェームズが放火魔のロンゾを演じる。
第13話:『日本人の勲章』、『暴力教室』などで知られ、「ミステリーゾーン」にもゲスト出演したアン・フランシスが金持ちの女性ドリス役。「セント・エルスウェア」、「TVキャスター マーフィー・ブラウン」、「タイムマシーンにお願い」など多くのテレビシリーズにゲスト出演するアラン・オッペンハイマーが医師役。そして『キャット・バルー』、『暗黒街の顔役』のマイケル・カランがフランク役。
第14話:『地球最後の日』、『殺人会社』などに出演し第34回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたスチュアート・ホイットマンが潜入捜査官ニール役。
第15話:主演したコメディ映画『裸の銃を持つ男』のヒットで知られるレスリー・ニールセンが、ビンセントの子分リッチー役。
第16話:「コンバット」や「FBI」など多くのテレビドラマに出演し、『エイリアン』や『リバー・ランズ・スルー・イット』で脇役ながらも存在感を残したトム・スケリットがメイナード役。
第17話:「パパは何でも知っている」のロバート・ヤングの長女役で知られるエリノア・ドナヒューがマージョリー役。
第19話:『クリムゾン・キモノ』、『太陽にかける橋』、『ダイハード』などに出演、第8回・第9回の紅白歌合戦にも参加し、2000年には北野武監督の『BROTHER』にも出演した日系俳優、ジェームズ繁田がチュウ警部役。
第20話:「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のフィーチ役や『スカーフェイス』の麻薬王フランク・ロペス役などで知られる名優ロバート・ロジアがジョンソン警部役。『ダーティハリー』で強烈な殺人鬼を演じたアンドリュー・ロビンソンが、犯人一味のリーダー、スティルマンを演じた。

ストーリー

「激発する凶悪犯罪。しかもそれは、強力な武器弾薬によってエスカレートの一途をたどる。犯罪者の手によって、市民生活は恐怖のどん底に叩き込まれ、時には尊い人命を奪う流血の惨事が引き起こされる。この事態に即応し、凶悪犯罪抑止のために組織された特別狙撃隊SWAT。射撃をはじめ、特殊訓練で徹底的に鍛え抜かれた少数の精鋭たち。彼らは、防弾チョッキに身を固め、狙撃銃を片手に、今日も敢然と危険な任務に出動する!」――オープニング・ナレーションより

オリンピック署管内に本拠を置き、緊急事態や凶悪犯相手の銃撃戦など、通常の警官が扱うには危険すぎる任務に従事している特殊部隊“SWAT(Special Weapons And Tactics)”。ホンドー隊長以下、ホンドーの片腕ディーク・ケイ、若く正義感溢れるジム・ストリート、射手ドミニク・ルカ、そして彼らを援護するTJ・マッケイブの5人で編成されたSWATチームは、街の平和を守るため奮闘する。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ホンドー隊長/Dan “Hondo” Harrelson (声:小林修)

SWATチームの隊長。チームの頼れる司令塔で、優秀な警官。

スティーヴ・フォレスト Steve Forrest

1925年9月29日、米テキサス州生まれ。兄は俳優ダナ・アンドリュース。18歳で軍隊に入隊し、1964年の怪我による名誉除隊、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学。映画では、『史上最大の作戦』、『ノース・ダラス40』、『スパイ・ライク・アス』等に出演。1954年には『So Big(原題)』でゴールデン・グローブ賞新人男優賞を受賞。テレビドラマの出演で最も有名な作品には、「ザ・バロン」が挙げられる。映画版『S.W.A.T.』にもカメオ出演している。私生活では1948年にクリスティーン・キャリラスと結婚し、3人の子供にも恵まれた。2013年5月18日、死去。

ディーク・ケイ/David “Deacon” Kay (声:青野武)

学生時には神学を学び、その後一流の警官となる。ホンドーと最も親しく、片腕的な存在の黒人警官。的確にホンドーを補佐する。チームのオブザーバー及び連絡担当。

ロッド・ペリー Rod Perry

1941年7月30日、米ペンシルベニア州生まれ。ペンシルベニア州立大学で物理学と科学を学ぶ。1962年よりニューヨークで歌手としてのキャリアをスタートさせ、CMにも数多く出演、『The Autobiography of Miss Jane Pittman(原題)』が初の大きなテレビ・映画作品となった。その他、『国際秘密警察・悪の城塞』、「海底の大捜査線/SWAT緊急出動せよ!」に出演し、映画版『S.W.A.T.』にもカメオ出演している。

ジム・ストリート/Jim Street (声:伊武雅之(現:伊武雅刀))

正義感溢れる若手警官。常に正解を探し求め、社会に関心を持っている。チームの偵察担当。

ロバート・ユーリック Robert Urich

1946年12月19日、米オハイオ州生まれ。高校のフットボールチームのキャプテンを務め、フットボールの奨学金でフロリダ州立大学に入学。その後俳優としてのキャリアをスタートさせ、『ダーティハリー2』、「陽気なカップル」に出演、主役のダン・タナーを演じた「ベガス」は彼の代表作となった。2002年4月16日、死去。

TJ・マッケイブ/T.J. MaCabe (声:納谷六朗)

チームの後衛・援護を行う。狙撃能力が高く、他メンバーとは異なるライフル銃を使いこなす。

ジェームズ・コールマン James Coleman

カリフォルニア州生まれ。野球選手ジム・バックスを父に持つ。1963年コロラドスプリングスにある空軍士官学校に入学、その後俳優を志す。本作のパイロット版となった「命がけの青春/ザ・ルーキーズ」内のエピソード“S.W.A.T.”に出演し、その後本作の主要キャストに抜擢される。

ドミニク・ルカ/Dominic Luca (声:曽我部和行)

忍耐力があり情熱的でロマンチックなアイルランド系イタリア人の青年。元麻薬捜査官。大都市に生まれ育ち、一風変わったユーモアを持ち合わせている。チームの射手。

マーク・シェラ Mark Shera

1949年7月10日、米ニュージャージー州生まれ。ボストン大学で劇場芸術を専攻し1971年卒業。「Nicky's World(原題)」のパイロット作品での演技が注目され、「刑事コジャック」にゲスト出演を果たす。その後「ガンスモーク」にもゲスト出演し、そこで同じく「特別狙撃隊S.W.A.T.」に出演のロバート・ユーリックと兄弟役を演じている。

作品基本情報

原題:S.W.A.T.
データ:シーズン2・1975年~1976年/アメリカ/日本語吹替え/60分/シーズン2・全22話/SD作品
製作総指揮:レナード・ゴールドバーグ、 アーロン・スペリング
出演:スティーヴ・フォレスト、ジェームズ・コールマン、ロバート・ユーリック、ロッド・ペリー、マーク・シェラ