ベター・コール・ソウルシーズン1

ニュース

作品概要

米TV界で各賞受賞の傑作シリーズ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、
ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマを日本初放送!!

イントロダクション

全米の評論家から絶賛され、視聴者にも熱く支持された傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」で、脇役ながら大いに人気を博したキャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした前日譚ドラマ、それが「ベター・コール・ソウル」である。「ベター・コール・ソウル」では、シカゴでちっぽけな詐欺を繰り返していたチンピラ犯罪者のジミー・マッギルが、いかにして安っぽいTVコマーシャルで素性の悪そうなクライアントを多数惹きつけて商売するかたわら、犯罪界に顔を利かせて違法すれすれの仕事もいとわないで器用にこなす弁護士ソウル・グッドマンになっていったかというオリジン・ストーリーが語られていく。

「ブレイキング・バッド」から引き続いてタイトルロールのソウルの前身、ジミーを演じるのはボブ・オデンカーク。街のチンピラから犯罪者まがいの仕事も引き受ける世慣れた弁護士に転身することになる主人公の多面性を巧みに演じている。ジミーの人生に深く関わることになる元刑事マイク・エルマントラウトを演じるジョナサン・バンクスも「ブレイキング・バッド」からの続投。いぶし銀のような存在感は相変わらずである。「ブレイキング・バッド」の人気キャラクターを主役にしたTVシリーズということで、全米では視聴者の期待と注目度を集め、米AMC局で放送されたシーズン1第1話は688万人が視聴。ベーシック・ケーブル局ドラマ第1話の視聴者数で最高記録を更新するという快挙を遂げた。テレビ評論家たちもこぞって絶賛し、「ベター・コール・ソウル」は、高い評価を受けていたオリジナル・シリーズに勝るとも劣らないという稀有なステータスを確立。AMC局の看板ドラマの1つとなっている。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン1 見どころ

ソウル・グッドマンのオリジンが明かされる前日譚ドラマ

「ベター・コール・ソウル」は、「ブレイキング・バッド」シーズン2 第8話「ソウルに電話しよう!(Better Call Saul)」で初登場する弁護士ソウル・グッドマンが、本名のジミー・マッギルとして活躍していた時代のオリジン・ストーリーを描く「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマである。「ブレイキング・バッド」でのソウルは、安っぽい広告と趣味の悪いオフィスを構えて、素性の悪そうなクライアントを抱える怪しげな弁護士として活躍するかたわら、不法に得た資金を浄化したり、犯罪者同士を紹介したりする裏の稼業も営む人物だが、6年ほど前に時代設定された「ベター・コール・ソウル」では、彼がいかにしてそのような人物になったのかという経緯が語られていく。その過程で、「ブレイキング・バッド」でおなじみのキャラクターたちが再登場するのがファンにとってはたまらない醍醐味を提供してくれる。特に、「ブレイキング・バッド」でソウルのために暗躍するフィクサー、マイク・エルマントラウトは、本作では準主役的な役割を果たすようになることもあって、ソウルとマイクの出会いやマイクの過去のストーリーが詳しく語られ、シーズン1の大きな見どころの1つになっている。

視聴率、評判共に特上のドラマ

当初は本家「ブレイキング・バッド」に3話登場するのみだったというソウル・グッドマン。主役のウォルター・ホワイトやジェシー・ピンクマンに次ぐ人気を博し、彼を主人公にした作品が制作されるに至っただけに、本作に対するファンの期待は非常に大きく、米AMC局で放送されたシーズン1 第1話は688万人が視聴。ベーシック・ケーブル局ドラマ第1話の視聴者数で最高記録を更新した。テレビ評論家の間での評判も上々で、米メディアのテレビ評を総括するウェブサイト、ロトゥン・トマトズが掲載した59のレビューは、「最初の数話は『ブレイキング・バッド』の最初の数話よりも上手くできているかもしれない」などといった、全てポジティブなものだった。一般のテレビ視聴者の94%からも「良かった」という感想が寄せられている。放送開始した2015年からエミー賞をはじめとする多数のテレビ賞にノミネートされ、第1話は全米脚本家組合賞で脚本賞を受賞した。

興味がそそられるストーリー・テリング手法

時系列に沿って話を進行させずに事が起きた時間を前後させてサスペンスを盛り上げる手法は「ブレイキング・バッド」でも頻繁に用いられていたが、本作でも、「ブレイキング・バッド」の脚本を手がけた脚本家チームが集結。ソウル・グッドマンになる前のジミーがシカゴで詐欺行為をしていた時代や、弁護士になる前に兄の法律事務所で郵便室係を務めていた時代などを、現在時と交錯させて、ソウル=ジミーの過去を少しずつ明らかにしていくことによって、よりいっそう見る者の興味をそそるストーリー・テリングに成功している。

映画ファンを喜ばせる名画オマージュの数々

少年時代には往年の名画を見まくって友人と2人で8mm映画を制作したという映画少年だったヴィンス・ギリガンが製作総指揮を務めていることもあってか、本作には、過去の名作映画が引き合いに出されることが多い。シーズン1で、言及された映画には『ネットワーク』、『オール・ザット・ジャズ』、『シャイニング』、『スパルタカス』、『エリン・ブロコビッチ』、『アラビアのロレンス』などがある。中でも『オール・ザット・ジャズ』については、ロイ・シャイダー演じる主役の振付師ジョー・ギデオンが毎朝、繰り返すルーティンや「さあ、ショータイムだ!」という台詞、さらにサウンドトラックに使われていたアントニオ・ヴィヴァルディの「弦楽のための協奏曲ト長調<アラ・ルスティカ>」まで真似る凝りようで、ジミーが毎日繰り返す退屈な法廷業務をモンタージュで表現したシーンは秀逸。映画ファンなら拍手を送りたくなる出来になっている。

主役のオデンカークをはじめとするベテラン出演陣たち

「ブレイキング・バッド」に引き続いてジミー・マッギルだった時代のソウル・グッドマン役を演じるのはボブ・オデンカーク。「ブレイキング・バッド」、「ベター・コール・ソウル」にて多数のテレビ賞にノミネートされ、テレビ批評家協会賞の主演男優賞を受賞。元々は、コメディ・ライター兼コメディアンとしてキャリアをスタートしたオデンカークだが、「ブレイキング・バッド」と本作のソウル/ジミー役で広く知られるように。「ブレイキング・バッド」では脇役的存在だったが、「ベター・コール・ソウル」では準主役に“格上げ”された形になっているマイク・エルマントラウトを演じるジョナサン・バンクスも、オデンカーク同様、多数のテレビ賞にノミネートを果たしている。他には、ジミーの兄で弁護士のチャック・マッギルにベテラン俳優マイケル・マッキーン、ジミーの元同僚で友人の弁護士キム・ウェクスラーにレイ・シーホーン、チャックの法律事務所の共同経営者ハワード・ハムリンにパトリック・ファビアン、「ブレイキング・バッド」に登場したドラッグ・ディーラー、トゥコ・サラマンカの手下ナチョ・バルガにマイケル・マンドが扮している。

ストーリー

ネブラスカ州のショッピングモール。ソウル・グッドマンはシナモンロールのチェーン店のマネージャーとしてひっそりと暮らしていた。粉雪の舞い散るある晩、ソウルは酒を飲みながら弁護士をしていた時代の自分のコマーシャルに見入る。時をさかのぼること2002年、ソウルはアルバカーキで本名のジミー・マッギルとして公選弁護人の仕事をしていた。手間暇かけて小悪人たちを弁護しても700ドルの報酬しか得られないことにウンザリしていたジミーのところに、郡の金を横領した疑いをかけられている会計係クレイグ・ケトルマンの代理人の仕事が入りそうになる。

裁判所の駐車係のマイクに駐車料金が足りないことを指摘されると、3ドルの不足分を支払うことすら拒否するほど金に困っているジミーは、ネイルサロン奥の薄暗い小部屋を事務所兼住まいにしているため、ケトルマン夫妻と落ち合う場所に地元のコーヒーショップを指定。ケトルマン夫妻との面会にこぎつけるが、いかにも貧乏くさいジミーの雰囲気が気にくわなかった夫妻は、代わりに大手弁護士事務所ハムリン・ハムリン・マッギル(HHM)を雇うことにする。HHMはジミーの兄チャック・マッギルがハワード・ハムリンと共同経営していた事務所だったが、ある過敏症で家に引きこもっているチャックの扱い方に腹を立てていたジミーは、ケトルマン夫妻に自分を雇わせるために一計を講じることにするが……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ジミー・マッギル/Jimmy "Saul Goodman" McGill (声:安原義人)

ニューメキシコ州アルバカーキで開業している弁護士。報酬の少ない公選弁護人の仕事がほとんどであるため常に金に困っており、ネイルサロンの奥の薄暗い小部屋を事務所兼居住場所にしている。学は無いが、世慣れていて勘が良いのが取り柄。調子が良くて軽薄に見える時もあるが、誠実で情にもろい一面も持ち合わせている。映画ファンであるらしく、映画の中の台詞を引用するのが好きである。

ボブ・オデンカーク Bob Odenkirk

1962年10月22日、米イリノイ州生まれ。大学在学中にラジオ局のコメディ番組の脚本を書き始める。1987年、「サタデー・ナイト・ライブ」にライターとして雇われ、キャストとしても出演。その後もコメディ番組のライターとして活躍するかたわら、「ラリーのミッドライフ★クライシス」や「ママと恋に落ちるまで」など多数のコメディ・シリーズにゲスト出演し、その後、「ブレイキング・バッド」のソウル・グッドマン役で大ブレイク。同役は多大なる人気を博し、本作の制作に至る。他の出演作にはTV「FARGO/ファーゴ」、映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などがある。

マイク・エルマントラウト/Mike Ehrmantraut (声:有本欽隆)

ジミーが通う裁判所の駐車場係。元フィラデルフィア市警察勤務の刑事で口数は少ないが、発言はすべて核心を突いている。眼光が鋭く、相手に一目を置かせる迫力がある。ジミーとは最初、駐車料金のことで対立するが、行方不明になったクライアントを探すジミーに的確なアドバイスをして以来、互いに何となく親しみを覚えるようになる。

ジョナサン・バンクス Jonathan Banks

1947年1月31日、米ワシントンD.C.生まれ。インディアナ大学在学中はクラスメイトだったケヴィン・クラインと舞台劇「三文オペラ」の上演に参画したが、ミュージカル「ヘアー」の移動公演マネージャーになるために大学を中退。その後、舞台出演を経て、1976年にTV映画「The Macahans(原題)」でTV俳優デビュー。『48時間』、『グレムリン』などの映画の脇役を務めた後、「WITHOUT A TRACE」や「ER緊急救命室」をはじめとする多くのドラマにゲスト出演している。「ブレイキング・バッド」の当たり役マイク・エルマントラウト役でエミー賞助演男優賞にノミネートされた。

チャック・マッギル/Chuck McGill (声:羽佐間道夫)

ジミーの兄で、大手弁護士事務所、ハムリン・ハムリン・マッギル(HHM)の共同経営者。法曹界でも名の知れた辣腕弁護士だったが、とある過敏症のせいで家に引きこもるようになってしまう。電気を完全に遮断した自宅から一歩も外に出ようとしないため、弟のジミーが食料や日用品の買出しなどの面倒をみている。

マイケル・マッキーン Michael McKean

1947年10月17日、米ニューヨーク州生まれ。カーネギーメロン大学在学中に知り合ったデヴィッド・L・ランダーらと卒業後にコメディ・グループ、ザ・クレディビリティ・ギャップを結成。1976年、ゲイリー・マーシャル製作総指揮によるTV「ラバーン&シャーリー」でランダーと共に出演してブレイクを果たす。ミュージシャンとしての才能を活かした『スパイナル・タップ』や『みんなのうた』などのコメディ映画や、「ラリーのミッドライフ★クライシス」や「LAW & ORDER」などのTVシリーズにゲスト出演し、印象的なキャラクターを演じている。

キム・ウェクスラー/Kim Wexler (声:朴 璐美)

ジミーの友人で、ハムリン・ハムリン・マッギル(HHM)所属の弁護士。不遇なジミーを気の毒に思い、何かと力になってやろうとする。

レイ・シーホーン Rhea Seehorn

1972年5月12日、米バージニア州生まれ。アートを専攻したバージニア州立ジョージ・メイソン大学で、演劇に興味を持つ。1990年代終わり頃から短編映画や低予算映画への出演を始める。ゲスト出演作には「クローザー」や「リーガル・バディーズ フランクリン & バッシュ」などのTVシリーズがある。幼い頃に日本の厚木に住んでいたことがあり、当時大好きだったアイドルはピンク・レディー。

ハワード・ハムリン/Howard Hamlin (声:井上和彦)

ハムリン・ハムリン・マッギル(HHM)の共同経営者。常に高級なスーツを隙なく着こなし、いかにもエリートな雰囲気を漂わせている。なぜかジミーには辛く当たるため、ジミーに敵視されている。

パトリック・ファビアン Patrick Fabian

1964年12月7日、米ペンシルベニア州生まれ。ペンシルベニア州立大学で演劇を専攻し、さらにカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で修士号を取得。1992年の俳優デビュー後、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」や「クリミナル・マインド」、「SCORPION/スコーピオン」、「GRIMM/グリム」などにゲスト出演を果たしている。

ナチョ・バルガ/Nacho Varga (声:青山 穣)

非情で凶暴なドラッグ・ディーラー、トゥコ・サラマンカの手下の1人。トゥコより冷静で実務的である。

マイケル・マンド Michael Mando

1981年7月13日カナダ生まれ。モントリオール大学で国際関係学を専攻するが、ドーソン・カレッジで演劇専攻に変えて優秀な成績で卒業。カナダのミニシリーズ「ラスト・クルセイダーズ」で俳優デビュー後、カナダのテレビドラマを中心に活躍。BBCアメリカがカナダで撮影したドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」ではヒロインの元彼ヴィック役を演じ、注目を集めた。