クリミナル・マインド ストーリー

FBIの最強プロファイラー・ユニット”BAU(行動分析課)”のメンバーが様々な凶悪犯罪に挑む犯罪捜査ミステリー最新作!

ストーリー

シーズン9

彼らを標的にストーカーのようにつきまとう“レプリケーター”と対決して辛くも勝利したBAUチームだったが、セクションチーフであったストラウスの命を奪われてしまった。チーム・リーダーである捜査官アーロン・ホッチナーは、FBI上層部からストラウスの後任として部長の座をオファーされる。現場を去るかどうかの決断に苦悩するホッチナー。

そんな中、アリゾナ州で連続殺人が発生し、チームは現地へ向かう。射殺された女性たちの遺体は全て祈るようなポーズをさせられていた。さらに、遺体の胃の中からは、何者かの歯が見つかり……。

ページトップ

シーズン1

バージニア州クワンティコにあるFBIの重要セクション、行動分析課(BAU)。彼らは無数の犯罪者たちの特徴をデータ化し、行動科学的に分析することで新たな犯罪者の行動を予測する“プロファイリング”のエキスパートが集まった、エリート集団である。

全米各地では常に異常な連続犯罪が発生しており、中でも似た手口の殺人事件を繰り返す犯罪者は“シリアル・キラー”と呼ばれる。心の闇から生まれる歪んだ欲望を、殺人という行為でみたすしかないが、その欲望はどこまでも深く、多くのシリアル・キラーは再び犯罪に手を染めていく。それを予測し、ありとあらゆる方法で阻止するのがBAUの使命だ。シリアル・キラーに手が負えなくなった全米各地の警察から、捜査協力の依頼が届けば、すぐさま専用のジェット機に乗り、彼らは全米各地に飛んでいく。

そのBAUメンバーの顔ぶれは、チームきってのベテラン・プロファイラーだが、犯罪者の心理を知り過ぎたことでかえって心に負ってしまったギデオン、チームを指揮する沈着冷静なリーダーである“ホッチ”ことホッチナー、性犯罪に詳しく繊細なハートを持つ女性捜査官エル、捜査の最前線で持ち前の行動力を発揮する体育会系のモーガン、天才的頭脳を持つが人としても捜査官としてもまだ経験不足なドクター・リード、各地の警察やマスコミとの交渉をてきぱきとさばく美人捜査官JJ、インターネットを駆使した情報収集を得意とする女性分析官、ガルシア

過去のある事件でミスをし、何人かの部下を失ったことから捜査の現場を去っていたギデオンがBAUに復帰する。しかし、まだ危うい内面を抱えているようだ。ギデオンだけでなく、異常な心を持った者がしでかす凶悪犯罪は、その捜査に臨んだ捜査官たちの心理をも、少しずつだが不安にし、傷つけ、鋭くえぐり、かきむしっていく。

BAUとシリアル・キラーたちの死闘はいつまで続くのか・・・。

ページトップ

シーズン2

フィッシャー・キング事件で犯人からの銃撃を受けたエルは、生死の境をさまようも、現場復帰する。しかしPTSDを発症し、現場で問題を起こした末、自分の罪を認めないままBAUを去っていった。その後FBIで10年のキャリアを持ち、ホッチナーと面識のあるエミリー・プレンティスが加入。しかし数々の難事件を解決してきたBAUメンバーたちの心は凶悪犯罪を捜査し犯人たちと向き合い続けるうちに少しずつ不安にさせられ、傷つけられていく……。そんな中、ギデオンは史上最悪のシリアル・キラーと言われるフランクとの対決を迎える。

ページトップ

シーズン3

数々の難事件を解決してきたBAUだったが、凶悪犯罪を捜査し犯人たちと向き合い続けるうちに、メンバーたちの心も少しずつ不安にさせられ、傷つけられていく……。そして史上最悪のシリアル・キラーといわれるフランクと対峙した時、ギデオンの心理は徹底的に破壊されてしまう。ギデオンの大学時代の大切な友人サラをも惨殺したフランクは、逮捕直前に目の前で自殺を遂げたのだった。言いようのない無力感に抜け殻となってしまったギデオン

さらにBAUに不穏な空気が。度重なる捜査の暴走やメンバーが様々な問題を抱えていることを、由々しき事態ととらえたセクション・チーフのストラウスは、ホッチナーを追い出し、チームを再編成しようとしていたのだ……。

果たしてギデオンは立ち直れるのであろうか?そしてBAUの運命は?

ページトップ

シーズン4

ある日、FBIニューヨーク支局の責任者ケイトから旧知のホッチに協力依頼の電話が入る。事件は日中の地下鉄駅や街頭で突然男が近づき、22口径の銃で射殺するというもの。2週間で5件発生していたが、6件目の犯行で犯人が初めてタロットカードを残していった。「DCスナイパー」として知られる銃撃犯の手口の模倣だ。犯人が現場にタロットカードを残したもののマスコミには接触しないことから、捜査陣への挑戦状だろうと考えるロッシ

犯人のプロファイルが完成する。冷静沈着な複数犯、監視カメラをものともせず、FBIの動きをよく知る階級組織――つまりテロリストだ。リードは、殺人が爆破の予行練習ではないかと推理する。至急の対応が求められ、BAUのメンバーそれぞれが様々な場所へ赴くことになる。別々の黒いワゴン車に乗り込む面々。その直後、1台のワゴン車が爆発した! 乗っていたのは一体誰なのか? そしてテロリストの真の目的は…?

ページトップ

シーズン5

10年前にボストンで悪事を繰り返し、その当時ホッチも捜査にあたっていた「リーパー」と呼ばれる連続殺人犯が、活動を再開した。そしてホッチのもとにリーパーから、「追うのをやめれば襲うのをやめる」という取り引きの電話がある。ホッチがきっぱりと断ると、その夜のうちにリーパーは市バスを襲い、運転手と乗客6人を一挙に惨殺する。自分が取り引きを断ったせいだと落ち込むホッチ。それでもBAUは、ナルシストであるリーパーの性格を逆手にとりなんとか彼の逮捕に成功した。

しかし、クワンティコに戻ったBAUに衝撃の連絡が入る。リーパーが脱獄したというのだ。彼のアパートからは刑務所や裁判所の見取り図が大量に発見される。リーパーはなりを潜めていた10年間、復活後の準備を着々と進めていたのだった。そしてある夜、帰宅したホッチをリーパーが待ち構えていた。「取り引きすればよかったんだ」という言葉の直後、銃声が鳴り響く……。果たしてホッチの運命は? リーパーを再度捕えることはできるのか?

ページトップ

シーズン6

真夏のロサンゼルスでレイプ殺人が連続して発生し、BAUは現地へ飛ぶ。最初の犯行が起きたニュートン地区の担当刑事カーツバードとスパイサーが共同で捜査に当たる。「暗闇の王子」とマスコミから命名された犯人は巨大都市LAを恐怖に陥れる。

ガルシアの調べによって、この犯人が26年前から全米中を回って200件以上の犯行を重ねていたことがわかる。だが一度犯行を遂げた場所に戻ることはなく、二度目の犯行があったのはロサンゼルスが初めてだった。ロサンゼルスで前回犯行があったのは26年前。その時の犯行記録を見たモーガンは、殺されたのがスパイサーの両親だったことに気づく。

だが事件を目撃していたはずの本人はずっと、両親の死因を交通事故だと信じ込まされていた。その時の状況と今回の一連の犯行を比較したBAUは、スパイサーが熱血刑事としてマスコミに出たのを見た犯人が「ヒーローを作ったのは俺だ」とばかりに自分の手柄をアピールするため戻って来たのだということに気づく。しかし犯人のビリー・フリンはスパイサーの娘エリーと妹クリスティンを人質にして立てこもり、スパイサーは娘のために銃を捨て、モーガンの目の前でビリーに撃たれてしまう。そしてビリーはエリーを連れて逃走した……。
BAUは「暗闇の王子」ビリー・フリンの凶行を止められるのか? 幼い少女エリーの運命は?

ページトップ

シーズン7

バージニア州クワンティコにあるFBIの重要セクション、行動分析課(BAU・・・Behavioral Analysis Unit)。彼らは無数の犯罪者たちの特徴をデータ化し、行動科学的に分析することで新たな犯罪者の行動を予測する“プロファイリング”のエキスパートが集まった、エリート集団である。全米各地では常に異常な連続犯罪が発生しており、中でも似た手口の殺人事件を繰り返す犯罪者は“シリアル・キラー”と呼ばれる。彼らの犯罪を予測し、ありとあらゆる方法で阻止するのがBAUの使命だ。シリアル・キラーに手が負えなくなった全米各地の警察から、捜査協力の依頼が届けば、すぐさま専用のジェット機に乗り、彼らは全米各地に飛んでいく。

そのBAUメンバーの顔ぶれは、チームを指揮する沈着冷静なリーダーである“ホッチ”ことホッチナー、語学に長ける有能な女性捜査官プレンティス、捜査の最前線で持ち前の行動力を発揮する体育会系のモーガン、天才的頭脳を持つドクター・リード、各地の警察やマスコミとの交渉をてきぱきとさばく美人捜査官JJ、インターネットを駆使した情報収集を得意とする女性分析官ガルシア、そしてBAU創立メンバーである伝説のプロファイラー、ロッシである。

BAUチームの捜査官プレンティスがFBIに入省する前、ローレン・レイノルズという武器商人になりすまし、テロリストのイアン・ドイルに接近、潜入捜査を行っていたことが明らかになる。その後、逮捕されたドイルは刑務所を脱獄。ローレンの正体をプレンティスと突き止めたドイルは彼女はもちろん、BAUメンバー共々皆殺しにするという復讐を予告する。仲間を守るために自ら姿を消すプレンティス。やがてプレンティスはドイルと対面し死闘を繰り広げるが、瀕死の状態で病院に搬送される。必死で無事を祈るBAUメンバーたちだったが、JJからプレンティスの死を知らされる。

逃亡した容疑者ドイルの行方を追っていたモーガンガルシアは、ドイルが息子デクランに接触すると予測して、保護されているデクランの行方を突き止める。急いでかけつけたものの、デクランは既に何者かに連れ去られていた。隠れ家で逮捕されたドイルは一貫して容疑を否認し、捜査は難航。そんな時、ホッチが強力な助っ人を連れてくる・・・。

ページトップ

シーズン8

バージニア州クワンティコにあるFBIの重要セクション、行動分析課(BAU・・・Behavioral Analysis Unit)。彼らは無数の犯罪者たちの特徴をデータ化し、行動科学的に分析することで新たな犯罪者の行動を予測する“プロファイリング”のエキスパートが集まった、エリート集団である。全米各地では常に異常な連続犯罪が発生しており、中でも似た手口の殺人事件を繰り返す犯罪者は“シリアル・キラー”と呼ばれる。彼らの犯罪を予測し、ありとあらゆる方法で阻止するのがBAUの使命だ。シリアル・キラーに手が負えなくなった全米各地の警察から、捜査協力の依頼が届けば、すぐさま専用のジェット機に乗り、彼らは全米各地に飛んでいく。

そのBAUメンバーの顔ぶれは、チームを指揮する沈着冷静なリーダーである“ホッチ”ことホッチナー、語学に長ける有能な女性捜査官プレンティス、捜査の最前線で持ち前の行動力を発揮する体育会系のモーガン、天才的頭脳を持つドクター・リード、各地の警察やマスコミとの交渉をてきぱきとさばく美人捜査官JJ、インターネットを駆使した情報収集を得意とする女性分析官ガルシア、そしてBAU創立メンバーである伝説のプロファイラー、ロッシである。

BAUを去ったプレンティスの後任として、アレックス・ブレイクが着任してくる。24歳でFBIにスカウトされた秀才で、リードと同じく博士号を持ち大学教授でもあるブレイクだったが、過去に炭疽菌事件の誤認逮捕で矢面に立たされ、出世コースから失脚。やっとの思いでBAUに加わったらしい。

そんな中、BAUチームは新たな事件の捜査に乗り出す。刑務所で発作を起こした受刑者を搬送中の救急車が事故を起こし、運転手と救命士が死亡、受刑者は刑務官を殺して逃走した。殺された刑務官の口が糸で縫い付けられていたことから、彼が8年前の未解決連続殺人事件の犯人「サイレンサー」であることが判明する。2004年に女性を3人殺したあと、サイレンサーの犯行は途絶えていたが、実は交通違反で逮捕されて黙秘を通し続けていたのだった。本名も身元も未だに分からない。しかも殺された刑務官の口の中には、「向こう側から見る」という意味不明の言葉が記された紙片が入っていた……。

ページトップ

©Touchstone Television./© ABC Studios

ページトップ

プライバシーマーク

[HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン] © 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [EYEWITNESS/目撃者] © 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [フォーリング スカイズ] TM & © 2013-2014 Turner Entertainment Networks, Inc. A Time Warner Company. All Rights Reserved. [新スタートレック HD版] TM & © 2017 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [地球防衛軍テラホークス] © 1983/1984 Anderson Burr Pictures Ltd | Licensed by Anderson Entertainment Ltd [LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班] © 2001-2006/2008-2010 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. © 2007 NBC Studios, Inc. and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. [LAW & ORDER: UK] © 2008-2010 Universal Studios. All rights Reserved. © 2011-2014 Universal City Studios Productions LLLP. All rights reserved. [THE BRIDGE/ブリッジ] © 2011 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2013 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved/ © 2015 FILMLANCE INTERNATIONAL AB All rights reserved [GRIMM/グリム] © 2012-2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved. [ブラックリスト] © 2013-2017 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved. [ベター・コール・ソウル] © 2015 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved. [ザ・プレイヤー 究極のゲーム] © 2015 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [ザ・レジェンド・オブ・パイレーツ] © 2017 NBCUniversal Media, LLC® [ブラックリスト リデンプション] © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. [スペース1999 HD完全版] © ITC Entertainment Group Limited 1974 [スーパーカー デジタルリマスター版] © MCMLX A.P. films limited [刑事トム・ソーン] © Sleepyhead Limited / 7282711 Canada Inc. 2010
© Scaredycat Limited / 7282931 Canada Inc. 2010 [MURDER IN THE FIRST/第1級殺人] © TNT Originals, Inc. [アクエリアス 刑事サム・ホディアック] © Tomorrow ITV Studios LLC 2014-2015 [スーパーナチュラル] [ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則] © Warner Bros. Entertainment Inc. [アフェア 情事の行方 [R15+相当]] ©2017 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved. [MACGYVER/マクガイバー] [NCIS: LA 極秘潜入捜査班] [SCORPION/スコーピオン] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved. [NCIS ネイビー犯罪捜査班] [NCIS: ニューオーリンズ] [エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY] ©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved./©MMXVII CBS Studios Inc. All Rights Reserved. [クリミナル・マインド] ©Touchstone Television./© ABC Studios [ケース・センシティブ 静かなる殺人] 「ケース・センシティブ 静かなる殺人:歪んだ愛」 © 2011 Hat Trick Productions Ltd
「ケース・センシティブ 静かなる殺人:不協和音」 ©Hat Trick Productions Ltd 2012 [ブレイキング・バッド] シーズン1~シーズン5:© 2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.