ニュース

海外ドラマ最新レポート Vol.165 「アフェア 情事のゆくえ」のドミニク・ウェスト 大人のオトコがはまるもの

affair_yr3_#27(3-5)_AFF-epi305-0565.Ri.jpg

アフェア 情事のゆくえ」で主役のノア・ソロウェイを演じる英俳優ドミニク・ウェスト。出世作「THE WIRE/ザ・ワイヤー」の頃から、どこか哀愁を漂わせる中年男を演じ、女性ファンの心を酔わしてきた。

 

近年では「レ・ミゼラブル」から2020年放送予定の「Stateless」まで特にTVシリーズでの出演が続くドミニクだが、大人のオトコは仕事以外のあるものにも情熱を注いでいた。

 
ドミニクがはまっているのは、ワイン。しかも飲んだり収集するだけでは飽きたらず、地元・英国で自らワイン醸造にチャレンジするという。
 
英紙の取材に答えたドミニクは「気候変動がもたらす変化の中で唯一良かったことだろうね。英国でスパークリングワインができるのだから」とノリノリの答え。
 
気候変動により欧州の気温も上昇、これまでワインに適したブドウ栽培には不向きといわれた英国でも栽培が可能になった。ワインブームも手伝って、英国でのワインの生産が活発になってきているというのだ。
 
「チッパンハイム(ロンドンから西側の街)にワイナリーを建てて、そこでワイン造りを始めるつもりだ。(同じエリアの)ウィルトシャーやコッツウォルズでも造られているし、ウェールズのスパークリングワインも出来が良いと聞いた。副業にワイン造りをやってみようと思うんだ」
 
リサーチはすでに終了、ワイナリーの候補地も見つけている。ドミニクにとって、これは趣味ではなく、副業、つまり第二の仕事なのだ。
 
そんなドミニクに最適の仕事が廻ってきた。「The Wine Show ー極上のワインに魅せられてー」シーズン3への出演だ。
 
同番組は世界中のワイナリーを紹介するグルメショー。ワイン専門家の他にドミニクと同じ英俳優のマシュー・リス、マシュー・グード、ジェームズ・ピュアフォイが出演、演技とはまた違った顔を見せていることでも話題となっている。
 
ドミニクは同番組への出演について、「これまで出演した中で最高の仕事!」と大はしゃぎ。「その仕事の内容が、ポルトガルに旅して最上級のワインを楽しむっていうんだ。断る理由が見つからないよ」と張り切っている。
 
自身のワイナリーでは英国で人気のスパークリングワインを造りたいのだとか。TV番組で知識を深め、ドミニクは一体どんなワインを造り上げるのやら。女性ファンの身も心もすっかり酔わせるワインになるのは間違いなさそうだ。
 
 
<「metro.news」 10月30日>