カテゴリ: FAMOUS IN LOVE

FAMOUS IN LOVE「FAMOUS IN LOVE」日本語吹替声優の小宮有紗さん&潘めぐみさん オフィシャル・インタビュー

interview_01.jpg

偶然にも大作映画の主役を射止めてしまった女子大生ペイジのシンデレラ・ストーリーと、華麗ながら虚栄と野心に満ちたハリウッドで女優として成長していく姿を描くドラマ「FAMOUS IN LOVE」。ハリウッドが舞台のポスト「ゴシップガール」との呼び声が高い、今1番ホットな海外ドラマだ。さらに、日本語吹替版も小宮有紗さん、潘めぐみさん、梶裕貴さん、下野紘さん、斎藤千和さんら人気と実力を兼ね備えた豪華声優が勢ぞろい。その話題作がスーパー!ドラマTVでいよいよ11月23日(金・祝)より独占日本初放送!!

 

今回、主人公ペイジ役の小宮さんと、ペイジの親友キャシー役の潘さんに、作品やキャラクターの魅力、見どころについて語ってもらいました。

 

 

 

――ペイジを演じられての感想やキャラクターの魅力を教えてください。
interview_04.jpg

小宮さん:ペイジという女の子はどこにでもいるような普通の女子大生なんですけど、ハリウッドの超大作映画『ロックト』のヒロイン役オーディションに偶然にも受かったことでスターの道を駆け上がっていくんです。もともとはすごく真面目で勉強が大好きなので、映画撮影が忙しくて勉強ができないことで悩んだり、親友との友情と仕事のどちらを取るのかで悩んだり、恋愛でもいろんな人に出会って心が揺れ動いたりするリアルな女の子なんですよ。完全に同じ状況にはならないですけど、私もこういうお仕事をさせて頂いているので、「こういう感情、あるかも......」と近いものを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――感情移入ができるキャラクターなんですね。

小宮さん:そうですね。特に親友キャシーとのやり取りには感情移入しちゃいます。ハリウッドを舞台とした若い子たちの物語なので、ストーリーはドロドロしていくんですよね(笑)。お互い若いから、素直になれなくてこじれていっちゃう。その時の、悩みや素直に言えない気持ちには、こういうことあるなと共感しますね。相手を本心で思って言ったつもりの言葉が、相手からしたら嫌みに捉えられてしまったり。そういう勘違いで友情にヒビが入ることはありますよね。別に芸能のお仕事に限らず、高校生、大学生ぐらいの女の子たちにはあることなんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

――キャシーについてはどうですか?
interview_03.jpg

潘さん:ペイジとジェイクとキャシーは3人でルームシェアをしているんですよね。キャシーはジェイクと幼なじみで、ペイジとは大親友。それで、ペイジとジェイクの間を取り持つために助け船を出したりとか、自前の明るさで場を盛り上げたりするんですけど、収録現場での自分の立ち回りにも似ていますね。別に意識してやっているわけではないんですけど(笑)。そういう部分ではすごく共感しますね。それに、キャシーはペイジが本当に大好きなんです。だから、そこは私も演じる側として、小宮さんと今回初めて共演させて頂くんですけど、どうやったら笑ってくれるかなとか、どうやったら一緒に盛り上がってくれるかなというのを、キャシーと重ねて思っているところがありますね。私は役に引き寄せられちゃうタイプなので(笑)。収録現場でも小宮さんの隣にいるんですけど、ちょっと隙があると小宮さんを見ています(笑)。

 

小宮さん:潘さんにはすごく支えてもらっています。今回、吹替えは初挑戦だったので、第1話のアフレコの時は緊張しすぎてどうしようというくらいでしたから。

 

潘さん:いやいや、そんな支えるだなんて(笑)。そのほかに、それぞれが抱えている悩みについても、相手を大切に思っているからこそ、こらえなきゃいけない瞬間があると思うんですけど、キャシーたちはこらえきれないんですよ。

 

小宮さん:出ちゃうんですよね。

 

潘さん:そう。自分の意見も通したくて、自分の夢も叶えたいというのがあって。自分でセリフを言っていても、苦しい時があるんですよ。大切な親友のペイジに、こんな風に言いたくないのに言わなくちゃいけないみたいなシーンがあるんですけど、つらかったですね。本当は言いたくないのに、なんで言っちゃったんだろうと後悔するキャシーに自分も重ねちゃいますね。

 

 

 

――小宮さんと潘さんは初共演ということですが、お会いしたのも初めてですか?

潘さん:実は、この作品の吹替えが決まる1年前ぐらい前に、食事会の場で会っているんですよ。

 

小宮さん:たまたま共通の知り合いの監督さんがいらっしゃって、その関係で。

 

潘さん:だから、あの時にこのお仕事が運命的に決まっていて、あそこで会わせてもらえたんじゃないかなと思うような気がしますね。お互いにその時のことを覚えていたので、運命的なものをすごく感じています。

 

 

 

 

――好きなシーンやオススメのシーンはありますか?

小宮さん:シーズン1の中盤で、ペイジがある大切なものをキャシーに渡して、それが返ってこないというエピソードがあるんです。でも、それはキャシーがすごく問題を抱えていたからなんです。それで、ペイジが、もっと早くそれを言ってくれれば良かったのにという風に許すシーンがあるんですよ。そこは2人の友情が本当に見えて、アフレコでもそう思いながら臨んだので、私としては心に残っている大切なシーンですね。

 

潘さん:私もそのシーンですね。ペイジとキャシーは一緒に支え合って、盛り上げ合って、ずっと楽しく過ごしてきたと思うんですよ。だけど、こんなにも衝突して、ケンカして言い合ったことってきっとこの2人の中で初めての出来事だったんじゃないかな。それには、ペイジやキャシーの夢が関わっていて、友情を優先すべきか、夢を追い続けるべきかで悩むんですけど、そこにキャシーは自分の抱えている問題もあるんですよ。

 

小宮さん:キャシーは女性の登場人物の中で、1番重たいキャラクターかもしれませんよね。

 

 

 

 

――序盤の展開だけでも、キャシーにはいろいろと重たさを匂わせるシーンが出てきますね。

潘さん:あんなに明るい子なのに、想像できないバックボーンがあったりとか。 小宮さん:だからこそ、普段、明るく過ごしているところが、ちょっと痛々しく感じてしまう瞬間もありますよね。ペイジもキャシーのことが大好きなので、ちょっとケンカしただけで心がすごく揺らぐんですよ。それが『ロックト』のお芝居の現場でも出ちゃうんですけど、それってリアルだなと。素人の子が急にトップスターになるわけですから、気持ちが追いついていかないというところがあるんですよね。そういうリアルな心情の描かれ方とかが、本当に共感して頂けると思います。

 

 

 

 

――ペイジが劇中で見せるカジュアルからラグジュアリーブランドまでのファッションの見事な着こなしや、ヘアスタイル、メイクもドラマの見どころですが、ご覧になっていかがでしたか?

小宮さん:私は女性のおうとつがあるラインが素敵だと思っていて、特に海外の方ってすごく素敵じゃないですか。そういうヒップから足にかけてのラインが好きなので、彼女たちのシュッとしたデニム姿とか、おへそを出すようなお洋服を着ているのはカッコイイと思うし、それを堂々と着られるスタイルを持っているというのに憧れますね。ペイジとキャシーがコインランドリーで歌っているシーンがあるんですけど、横から見たペイジのお尻がキュッとなっていてもうカワイイんですよ(笑)。そういうところが毎回気になってます(笑)。

 

潘さん:気になるよね。本当にボン、キュッ、ボンだよね(笑)。

 

小宮さん:変ないやらしさがなくて、健康的でカッコイイんですよね。

 

潘さん:憧れるよね。体のラインもそうなんですけど、ニーナのデコルテがすごくきれい(笑)。ファッションって、“いつまでも女性らしさを忘れない”という思いだと思うんですよ。素敵なお洋服を着た素敵な女性にまた会えると思うと、その人とまた仕事がしたいと思うじゃないですか。そういう意味でも衣装って日頃から大事だなと本作から感じました。だから、この作品を見ていると洋服選びをすごく改めさせられます(笑)。

 

 

 

――――洋服の選び方にどんな違いがでてきましたか?

潘さん:これは母(※声優の潘恵子さん)の受け売りなんですけど、“センスがいいよね”という言葉の「センス」には、「配慮」という意味があるんですって。センスがいいということは配慮ができていることなんですよね。例えば、私たち声優だとマイクの前に立つから後ろ姿を見られがちなので、背中にシワが出にくいものを着ようかなとかですね。だから、そういったところに配慮するようになりました。お仕事とお洋服はかけ離れているようですけど実は関係があって、大切だなと思っています。

 

 

 

――小宮さんは海外ドラマの吹替え初挑戦ですが、収録現場に参加した時や、吹替えに挑戦した時の感想を教えてください。

小宮さん:最初、このお話を頂いた時に何が起きたかあんまり理解できてなくて(笑)。その時は受け入れたんですけど、台本を頂いて他の吹替キャストのみなさんのお名前を拝見したら、そうそうたる方々だったので、「なぜ私が?」と思いました(笑)。でも、やるしかないと覚悟を決めたんですけど、やっぱり不安でしたね。台本の書き方も、今までやってきた映像やアニメの台本とも違って、見たことがない記号がたくさんあるんですよ。音楽が流れ始まる時の「(M)」記号とか、複数キャラクターのセリフがかぶるときの記号とか。それで、吹替え経験のある声優さんにアドバイスを頂いたりしたんですけど、本当に不安でした。

 

 

 

――潘さんも何かアドバイスをしましたか?

潘さん:小宮さんは収録前にちゃんと自分でチェックされてきていますし、技術的なアドバイスは他の先輩たちにお任せして、私は役柄的にも親しい間柄の役なので技術以外の面でお話をしています。ちょっと今話したほうがいいかなとか、ちょっとお腹がすいたようだったら、「これ食べなよ」とか(笑)。そういう面では、一緒に寄り添うことしかできなかったですけど。

 

小宮さん:でも、アフレコの初日から潘さんがたくさん話しかけて下さったおかげで緊張が解けて、なんとか収録に臨めました。

 

潘さん:このインタビューの時点でアフレコは9話まで進んだんですけど、少し慣れてきた?

 

小宮さん:どうなんでしょう。台本を頂くと、収録日の朝もチェックしないと怖いので、早起きしてチェックしています(笑)。慣れてきていますかね?

 

潘さん:でも、収録はスムーズだよね。

 

小宮さん:それは収録現場にいるみなさんが本当にお優しいからですよ。失敗して何回もやり直しとかになっても、普段なら焦ってしまうんですけど、みなさんがアドバイスを下さってニコニコと見守って下さっているおかげで、落ち着いて集中することができます。

 

 

 

――収録現場では、どんな話題で盛り上がっているんですか?

小宮さん:舞台に出演される方の舞台のお話とか、私がゲストで出演した番組を見ていられた方がいて、そのお話しとか。なんかほのぼのとした感じですね。

 

潘さん:なんか家族みたいだよね(笑)。

 

小宮さん:この番組自体はすごくドロドロして重たい内容もあるんですけど、現場の空気はすごく温かいですね。

 

潘さん:うん。和気あいあいとしているよね。ディレクターの方も場の空気も大切にしてくださる素晴らしい方で、その方のホッコリした挨拶から今日が始まるという感じなんですよ。それから、ディレクターの方から「あのシーンどうでした、みなさん?」と聞かれることもあるんです。そういう時は、「あれはないでしょ」「いや、あんなことする?」「どうしてあんなこと言っちゃうんだろう」と、みんなで感想を語り合ったりしますね。毎週楽しみな収録現場です。

 

小宮さん:楽しいですよね。初めての海外ドラマ吹替えの収録現場が、ここで良かったなと本当に思っています。こんなにたくさんしゃべる役もなかなかないですし、それだけですごく勉強になりますし。とにかく、みなさんがすごく素敵な方たちなのが本当にラッキーでした。

 

 

 

 

 

――作品的には「あのキャラクターは最低だよね」みたいな女子トークもされたりしていそうですね(笑)。

小宮さん:してます! そういう時は、ジェイクとレイナーの話題が多いです(笑)。「ジェイク、ちょっとどうなの?」みたいに(笑)。

 

潘さん:「ジョーダン、言っちゃうんだ!」みたいなね(笑)。言わなきゃ分かんなかったのにとかあるよね。

 

小宮さん:バカですよねー。

 

潘さん:本当にバカだよね(笑)。

 

小宮さん:今日の収録でもそんなシーンがあったんですけど、そういうシーンになると、みんながリハーサルで笑いだすんですよね(笑)。

 

潘さん:リハーサルだと、みんながアドリブでわざとオーバーな演技をするんですよ(笑)。

 

小宮さん:みんなが付け足してくるから本当に面白いですよね。

 

潘さん:本当に楽しい現場だよね。

 

 

 

 

――いろいろなイケメンが登場しますが、女性声優陣で人気のあるキャラクターは誰ですか?

小宮さん:「ジェイク、レイナー、ジョーダンの3人の中から」とはよく聞かれるんですけど、実は私たちはアランという『ロックト』の製作会社の社長が好きなんですよ。

 

潘さん:でも、それはアランを吹き替えている、てらそままさきさん効果みたいなのがあって(笑)。

 

小宮さん:そうなんですよ。絶対にそう(笑)。日本語吹替版は、声を当てる役者さんの魅力もありますからね。ニーナの魏涼子さん、アレクシスの斎藤千和さんもそうですよね。その中で、てらそまさんは本当にパパですよね。

 

潘さん:お父さんですよ。でも、パパ感があるなんて言ったら、てらそまさんはガッカリされるかもしれないですけど(笑)。収録現場でも、本当に温かく見守って下さるんです。

 

小宮さん:安心感がすごくあるのでアランは好きですね。それと、映画製作助手のアダム。

 

潘さん:アダムはキャシーの相手役になるんですけど、本当にイイ男と言ったらアダムだよね。

 

小宮さん:役柄的にイイ男と言ったらアダムですよ。キャシーとかにもすごく気を使って、あえて答えは言わないけど正解をちゃんと導き出すように話してくれたりとかしますよね。キャシーやペイジたちより年上みたいですよね。見た目はヒゲもじゃなんですけど、中身がイケメンなんですよ。

 

潘さん:すごくソフトな感じで、思いやりがあるよね。

 

小宮さん:行動や言動がジェントルマンですよね。

 

潘さん:そう。自分がやりたいことじゃなくて、相手がどう思うかというのを考えていて、すごくイイ男だなって思う。

 

小宮さん:ジェイクやレイナーって、わりと自分本位というか(笑)。どうしても自分の欲に負けちゃうんですよ。それは若いからなんでしょうけど。そうなると年上になるんですよね。年上のアランには包み込む感じがあるんですけど、でも、それはてらそまさんだからかも(笑)。

 

 

 

――収録現場では、てらそまさんが大人気ということですね(笑)。

潘さん:身近におられますからね(笑)。

 

 

 

――最後に、番組をご覧になるみなさんにメッセージをお願いいたします。

interview_02.jpg

潘さん:普段の私たちの世界からすると、夢のような世界ではあるんですけど、実際に起きる問題の事情はすごく日常的なので、恋、友情、家族の問題にしても身近に感じる作品です。どれもみんな純粋な思いでやっているというのが1番にあって…。だから、決してネガティブなことだけじゃなく、そうした純粋な気持ちのもとでこのドラマが起こっているんじゃないかと思っています。みなさんの好きな捉え方をして頂いて、いろいろと言いながら楽しんで頂けたらと思います

 

小宮さん:1話でも見逃してしまうと置いて行かれてしまうぐらい話しの展開が早いので、ぜひお見逃しなく。そして、ペイジたちの本当にリアルな人間模様と苦悩、恋愛関係をぜひ楽しんで、ハラハラドキドキしながら見て頂けたら嬉しいです。