刑事スタスキー&ハッチシーズン1

ニュース

作品概要

走れ! 赤い稲妻。タフなスタスキーとインテリなハッチという正反対のコンビが凶悪事件を解決に導く!
アーロン・スペリング製作総指揮、黄金のヤングアクションドラマ。

シーズン1 見どころ

「地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル」の製作総指揮など、豪華な製作陣に注目!

製作総指揮を務めるアーロン・スペリングと、レナード・ゴールドバーグは、名作「地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル」の製作総指揮も共に手掛けた経験を持つ大物プロデューサー。特にアーロン・スペリングは、「ビバリーヒルズ高校白書」や「ビバリーヒルズ青春白書」、「メルローズ・プレイス」などの人気作の製作総指揮として有名。さらに、脚本には、『インサイダー』や『キングダム/見えざる敵』、『ハンコック』や『マイアミ・バイス』などの製作を務めたマイケル・マン、「宇宙大作戦/スタートレック」製作のフレッド・フリーバーガーなどが名を連ねる。音楽を担当したラロ・シフリンは、『燃えよドラゴン』や『M:i:III』など、100を超える楽曲を映画やテレビシリーズに提供してきた音楽家だ。ハリウッドを代表する大物プロデューサーたちが力を入れて贈る本作から、目が離せない!

2004年には映画版も公開され、主役2人がカメオ出演!

70年代に放送され、絶大な人気を博した本作は、2004年に、『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』主演で知られるベン・スティラー製作総指揮・主演のもと、映画にもリメイクされている。名優ベン・スティラーがスタスキー役を務め、相手のハッチ役にはこれまた名優のオーウェン・ウィルソンが選ばれた。ラストシーンには、ドラマ版主演のデビッド・ソウルとポール・マイケル・グレーザーも登場し、映画を盛り上げた。また、ドラマ版で人気を博したスタスキーの愛車レッド・フォード・トリノも登場し、ファッションや音楽も70年代風を徹底的に再現した。

アワード

1978年、ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)ノミネート
1976年、ピープルズ・チョイス・アワード(新テレビドラマ部門)受賞
1977年、ピープルズ・チョイス・アワード(テレビドラマ部門)受賞

ストーリー

「走れ、赤い稲妻。走れ、スタスキー刑事。走れ、ハッチ刑事。極悪な犯罪に敢然と立ち向かう若い2人の刑事。ジーパンとスニーカーの中にリボルバーを隠し、ホットとクールの内に捜査への情熱を秘める。黄金のヤングアクションドラマ、刑事スタスキー&ハッチ。ハッチ刑事、デビッド・ソウル。スタスキー刑事、ポール・マイケル・グレイザー。情報屋、アントニオ・ファーガス。ドビー主任、バーニー・ハミルトン」―オープニング・ナレーションより

ブルックリンで育ち、都会っ子のスタスキーと、物腰柔らかく知的なハッチは、カリフォルニア州ベイ・シティの安全を守る完璧な刑事コンビ。情報提供者のハギー・ベア「ヒョロ松」と、彼らのボスであるドビー主任「クマさん」、愛車のレッド・フォード・グラン・トリノの助けを借りながら、事件を解決していく。2人が管轄するベイ・シティは犯罪が横行しており、スタスキーとハッチは、巨大なギャングや大物薬物ディーラー、売春婦やその斡旋をする者、冷血な暗殺者や警官殺しの犯人、強大な権力を持つ人種差別主義者や、時には生活のために犯罪に手を染めざるを得なかった人々など、数多の犯罪者を相手にする。事件解決には、彼ら2人の全く異なる視点や見解が欠かせない。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ハッチ/Ken "Hutch" Hutchinson (声:高岡健二)

ブロンドヘアで青い目がアイコニック。離婚歴があり、ミネソタ出身のカリフォルニア州ベイ・シティ刑事。少し内気でおとなしいが、インテリで教養がある。

デビッド・ソウル David Soul

1943年8月28日米イリノイ州生まれ。牧師で歴史学の大学教授だった父のもとに育つ。『ジョニーは戦場へ行った 』で本格的に映画デビュー。『ダーティハリー2』や「実録!UFO大接近/消えた412ジェット機隊」などに出演。音楽の道を夢見て学問から離れ、ニューヨークに移る。本作「刑事スタスキー&ハッチ」の日本版エンディング曲の「やすらぎの季節」は大ヒットを記録した。

スタスキー/Dave Starsky (声:下條アトム)

カリフォルニア州ベイ・シティの刑事。暗いブルネットヘアが印象的な、ブルックリンから移ってきた退役軍人。都会っ子で熱情的な性格の持ち主。たまに子供のように不機嫌になるときがある。

ポール・マイケル・グレーザー Paul Michael Glaser

1943年3月25日米マサチューセッツ州生まれ。ニューオーリンズのテュレーン大学で、演劇と英語学を専攻。その後ボストン大学では、演劇と監督の修士号を取得。1967~1968年にニューヨークのオフブロードウェイでジョゼフ・パップの「ハムレット」に出演し、舞台デビューを果たす。1971年に『屋根の上のバイオリン弾き』で映画デビュー。本作でエピソードの製作業に携わったことから、以降監督業に転身。1987年には、アーノルド・シュワルツネッガー主演の『バトルランナー』の監督を務めた。ゲスト出演作には、「メンタリスト」や「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」などがある。

ドビー主任「クマさん」/Captain Harold Dobey (声:金井大)

スタスキーとハッチのボス。無愛想だが、まじめでフェアな性格。

バーニー・ハミルトン Bernie Hamilton

1928年6月12日米カリフォルニア州生まれ。生まれも育ちもロサンゼルス。大人の役として初めて出演した映画は、1950年公開の『ジャッキー・ロビンソン物語』で、ロビンソンの親友を演じた。ほかには、『俺の墓標は立てるな』や『カルメン』などに出演。テレビ出演は本作「刑事スタスキー&ハッチ」が初めて。その後もテレビ俳優としてのキャリアを積む。

ハギー・ベア「ヒョロ松」/Huggy Bear (声:富山敬)

スタスキーとハッチの秘密の情報屋。世慣れしており、話し方はいかにもアフリカンアメリカンといった口ぶり。派手な服装をしている。バーを経営しており、はじめは“ハギー・ベア”、そして後に“ザ・ピッツ”という名前になった。

アントニオ・ファーガス Antonio Fargas

1946年8月14日米ニューヨーク州生まれ。長身でパチパチ動く目が印象的な、アフリカンアメリカンを代表する俳優で、演技においてカリスマ的才能を持つ。ブロードウェイで初めて大きな役を得た作品は「The Great White Hope(原題)」。その後も出演者全員が黒人の舞台などにも出演。初の映画出演作は『クール・ワールド』(1963年)。その後『黒いジャガー』や『カー・ウォッシュ』などに出演。カリフォルニアでは、「コスビー・ショー」でテレビデビューを飾った。

作品基本情報

原題:STARSKY and HUTCH
データ:シーズン1・1975~1976年/アメリカ/日本語吹替/60分/シーズン1・全22話/SD作品
企画:ウィリアム・ブリン
製作総指揮:アーロン・スペリング、レナード・ゴールドバーグ
出演:デビッド・ソウル、ポール・マイケル・グレーザー、バーニー・ハミルトン、アントニオ・ファーガス