SCORPION/スコーピオンシーズン4

<独占日本初放送>
7/3(火)22:00スタート!
【二カ国語版】毎週火曜22:00ほか
【字幕版】毎週火曜24:00ほか
 
<まだ間に合う!SCORPION/スコーピオン シーズン4>
【二カ国語版】
第1話~5話:8/25(土)23:00
第6話~9話:9/1(土)23:00
 

ニュース

作品概要

IQ700の天才チームが知力を尽くして難事件に挑む! 全米が夢中の痛快犯罪捜査エンターテインメント、シーズン4を独占日本初放送!!

イントロダクション

全米ネットワークCBSで2014年9月から放送を開始し、現在も高視聴率ヒットを記録している人気ドラマ「SCORPION/スコーピオン」。IQ197 の頭脳を持つ天才、凄腕の行動心理学者、機械工学の天才、天才数学者の4人組とアメリカ合衆国国土安全保障省のベテラン捜査官、そして対人能力に乏しい天才4人組の渉外係を引き受けたシングル・マザーらで構成される天才集団チーム“スコーピオン”。解決不可能に思える様々な難事件に、最新テクノロジーと頭脳を駆使して挑む彼らの活躍を描いた話題の最新犯罪捜査ミステリーだ。

CBSにて2014-2015年シーズンの新作として放送された本作は、9月22日の初回エピソードで1389万人の視聴者数を記録。その後、録画して見た視聴者、5日後の再放映分を見た視聴者、そしてインターネットを通したストリーミングで見た視聴者を加えた結果、初回エピソードを見た視聴者数の合計は当初の2倍近い2615万人を記録し話題に。その後も「SCORPION/スコーピオン」は高い視聴者数を維持してヒットを記録し、2014年10月には、2014年秋シーズンにスタートしたドラマの中でもいち早くシーズン1・フルシーズン放送が決定。全米で多くの注目を集めた。シーズン2以降も引き続き安定した視聴率をキープし、人気ドラマの仲間入りを果たしている。

ハッキングだけにとどまらず広い分野で天才的な能力を発揮するウォルター、人間の行動心理を読むことにかけては天才的なトビー、メカの天才ハッピー、人間計算機的な知能を持つ天才数学者シルヴェスターの「トータルIQ700」の4人組と、彼らを頼もしくサポートする若き母親ペイジとその息子で天才児のラルフ、そして堅物ながら男気では誰にも負けない国土安全保障省の捜査官ガロ。数々の難事件に挑む彼らチーム“スコーピオン”の活躍を描く本作は、軽快なテンポで展開するストーリーとスリリングなアクション・シーンが見どころ。自分の専門分野では超人的な才能を発揮する天才4人組だが、社会性は限りなくゼロに近く、IQ の割に“EQ”(感情IQ)は低め。そんなオタクな彼らが、社会常識をわきまえたペイジやガロに導かれながら、数々の事件を解決していく過程で人間的にも成長していく。そんな人間ドラマが楽しめるのも本作の魅力だ。

キャストには、エリス・ガベル、エディ・ケイ・トーマス、ジェイディン・ウォン、アリ・スティダムといったフレッシュな顔ぶれの新進俳優陣を起用。チームのまとめ役のシングル・マザーには「アメリカン・アイドル」や「SMASH/スマッシュ」でブレイクした歌手/女優のキャサリン・マクフィー、国土安全保障省の捜査官に映画『ターミネーター2』で知られるベテラン俳優のロバート・パトリックが扮している。またエリス・ガベル演じる主人公ウォルター・オブライエンの日本語吹替えキャストには、「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険」などアニメの話題作で主演を務め、非常に人気の高い声優・杉田智和を起用し、日本でも海外ドラマやアニメファンらを中心に多くの話題を集めている。

注)初回放送当時の情報となります

シーズン4 見どころ

歌って踊るスコーピオン

シーズン4では、地球存亡の危機の回避から、人命救助、犯罪解決、伝染病蔓延の阻止まで、相変わらずの活躍を見せるスコーピオンだが、第1話ではなんと、短いながらスコーピオンのメンバー全員が歌って踊るミュージカルのシークエンスがある。ブロードウェイを舞台にしたドラマ「SMASH/スマッシュ」に出演していたキャサリン・マクフィーの実力は証明済みだが、エリス・ガベルをはじめとした天才集団の面々、そしてロバート・パトリックまでが歌と踊りを披露するシークエンスは必見!

ハッピー&トビーの“ベビー・プロジェクト”

シーズン3でめでたく結婚した“クインティス”ことハッピーとトビーだが、シーズン4では、里子に出されて幸せな家庭で育てられなかった事を寂しく思っていたハッピーが、トビーとの間に子供を作ろうと決心する。これが、フツーのドラマだったら順調にハッピーが妊娠して出産して……となるのだろうが、予定通りに事が進んだためしが無いのが「SCORPION/スコーピオン」。ハッピーとトビーの“ベビー・プロジェクト”をめぐる騒動もシーズン4の見どころのひとつになっている。

ラルフ、初恋を経験する

成長するにつれ、スコーピオンの任務遂行の手伝いをする事が増えているラルフだが、シーズン4では、市会議員を務めることになったシルヴェスターの高校生インターン、パティに恋心を抱く。スコーピオンの一員として活躍する時は大人顔負けの頭脳パワーを発揮するラルフだが、パティを前にすると途端にぎこちない普通の13歳の男の子になってしまうところが実に可愛くて、母親のペイジでなくても温かく見守ってやりたくなる。

新キャラクター、フローレンス登場

平常運転中のスコーピオンの本部に異様な臭いが漂ってくる。空調を通して臭いの元を放ったのは隣に引っ越してきた化学者フローレンス・“フロー”・ティプトン。スコーピオンが出した騒音にウンザリして仕返しをしたというフローに、スコーピオンのメンバーたちは好印象を持たないが、まもなく、化学者としての彼女の知識と能力を買って、任務の遂行に協力してもらうことになる。優秀な化学者で根は善良な人物なのだが、ウォルター同様、EQ(感情IQ)が低いゆえ、社交能力に欠けるフローが、スコーピオンとどのように関わっていくのかも、シーズン4は注目すべきサブプロットになっている。

マーク・コリンズ再び登場!

シーズン2でトビーを監禁、その周りにデンタルフロスを張り巡らし、切れれば落下した酸の瓶がトビーを死に至らしめるという仕組みまで作ったマーク・コリンズ。彼はスコーピオンの元メンバーでウォルターの次に頭がいいという優秀な男だったが、この事件の後は連邦刑務所に収監されていた。そんなマークがシーズン4で再び登場。刑務所でのケアにより更生したというコリンズは、北極海で起きた地震により天然メタンガスが漏れ出したと主張、場所を知る自分を連れて行かなければメタンガスの流出は止められず、地球温暖化が急激に進んでしまい地球が滅びることになると言う。結局スコーピオンの活躍により地球滅亡は免れたものの、コリンズを発端として新たな問題が勃発する…。

ストーリー

めでたくゴールインしたトビーとハッピーの結婚式の余韻に浸る間もなく、スコーピオンたちは新たな仕事のためにタヒチに向かうが、途中で飛行機事故に遭って無人島に漂着してしまう。様々な脱出作戦を立てては失敗を繰り返すが、最後には持ち前の知恵と機転を活かして全員で無事生還。やっと2人きりになれたウォルターとペイジは一夜を共にする。翌朝、目を覚ましたペイジに「気分はどう?」と聞かれたウォルターは突然、自分を含めたスコーピオンのメンバーたちが歌って踊るミュージカルを夢想する。ウォルターを現実に引き戻したのは刑務所からの電話だった。

電話をかけてきたのは、スコーピオンの元メンバーでトビーに対する殺人未遂で刑を受けているマーク・コリンズ。コリンズは、環境パターンを追跡してきた結果、最近起きた地震でノルウェーの氷塊に大きなヒビが入り、そこからメタンガスが大量に漏れ、放っておくと人類の半分が死ぬという“絶滅イベント”になることが予想されると言う。自分も任務に参加させることを条件に情報を提供するというコリンズの要求を渋々受け入れたスコーピオンたちは、一路ノルウェーに飛ぶが、現地では予想外のハプニングに次々と見舞われ……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

ウォルター・オブライエン/Walter O'Brien (声:杉田智和)

IQ197の天才。アイルランド生まれ。11歳の時にスペースシャトルの設計図を自室の壁に貼りたいがためにNASAのコンピューターにハッキングしたことをきっかけに、アメリカ合衆国国土安全保障省の特別捜査官ケイブ・ガロに協力した過去あり。その後、自分と同じような天才の仲間を集めて会社“スコーピオン”を結成。ガロから再び数々の難事件を解決すべく協力を依頼され、スコーピオンのリーダーとして活躍する。超人的な頭脳と危険を顧みない行動力の持ち主だが、人間関係を構築する能力は限りなくゼロに近い。密かに想いを寄せていたペイジにやっと自分の気持ちを打ち明けることに成功して、ペイジと相思相愛の仲になるが、あまりに価値観が違いすぎる2人ゆえ、ギクシャクすることも多く……。

エリス・ガベル Elyes Gabel

1983年5月8日、英ロンドン生まれ。演劇学校在籍中にイギリス/カナダのシットコム「I Love Mummy(原題)」のミイラ、ファラオ・ナフ役にキャストされ、学校を中退して俳優デビュー。イギリスのTVドラマを中心に「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」や「ゲーム・オブ・スローンズ」「ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言」などに出演。映画では『ワールド・ウォーZ』や『インターステラー』『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』などの出演作がある。インド人や中東系、ラテン系にキャストされることの多いエキゾチックなルックスは、本人曰く「インド系の血が少しばかり入った多人種」の素性を持つからだとか。

ペイジ・ディニーン/Paige Dineen (声:小林沙苗)

息子ラルフを女手一つで育てているシングル・マザー。ウォルターらスコーピオンのメンバーたちと出会った時はウエイトレスをしていたが、スコーピオンに加わってコミュニケーションが下手なウォルターたちをサポートする渉外係的な役割を務めることに。ラルフがかつての自分のような天才少年であることに気づいたウォルターが、ラルフを自分の息子のように可愛がっていることに感謝と戸惑いの混じった感情を抱くと同時に、ウォルターに惹かれている自分に気づく。お互いに惹かれ合っているのにイニシアティブを取らないウォルターにヤキモキさせられるも、やっと素直に気持ちを打ち明けたウォルターを優しく受け入れるが……。

キャサリン・マクフィー Katharine McPhee

1984年3月25日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。ボイストレーナーを母親に持ち、子供時代から歌のレッスンを受け、ミュージカルに出演。2005年、母と姉がボイスコーチを務めていた「アメリカン・アイドル」に出場し、準優勝を果たす。2006年より歌手活動を開始し、その後女優デビュー。TVドラマ「SMASH/スマッシュ」では、ブロードウェイ・スターを目指す新人女優役を演じた。

ケイブ・ガロ/Cabe Gallo (声:谷昌樹)

アメリカ合衆国国土安全保障省特別捜査官。まだ少年だったウォルターの類い稀なる才能を見抜き、国土安全保障省で働いてもらうべく、アイルランドからアメリカへ連れてくる。かつて人道的な目的を持つはずだったプロジェクトがイラク市民を死なせたことにショックを受け自分のもとを去ったウォルターの消息を、その後も密かにフォロー。空港のソフトウェアにエラーが発生し旅客機墜落の危機が発生した際、ウォルター率いる天才集団スコーピオンに協力を依頼して無事解決したことをきっかけに、スコーピオンのハンドラーとなる。ウォルターたちとは資質的にも世代的にもかけ離れてはいるが強い絆で結ばれていて、スコーピオンが政府の役人や外部の人間と対立した時などは彼らの肩を持って頼もしい後ろ盾となる。恋人になったアリーには心底惚れ込んでいるが、年齢差を気にしている様子。

ロバート・パトリック Robert Patrick

1958年11月5日、米ジョージア州マリエッタ生まれ。大学時代は陸上やフットボールの選手として活躍するが、演劇に興味を持ち大学を中退。26歳の時にロサンゼルスに移り、バーテンダーなどをしながら端役で低予算映画に出演し始める。『ダイ・ハード2』でテロリストの1人を演じた後、『ターミネーター2』で変幻自在のターミネーター、T-1000を演じてブレイクを果たす。映画出演作は『デンジャラス・ラン』や『テラビシアにかける橋』など多数。TV では「X ファイル」や「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」へのレギュラー出演のほか、「ザ・ソプラノズ」「CHUCK/チャック」「ラスト・リゾート 孤高の戦艦」などにゲスト出演している。

トビー・カーティス/Toby Curtis (声:福田賢二)

凄腕の天才行動心理学者。相手のちょっとした表情や身体の動作で考えていることを見抜くことのできる才能の持ち主。かつてその才能を利用してギャンブルで学費を払おうとしたが、高利貸しとのトラブルに巻き込まれてウォルターに救ってもらった恩義がある。ギャンブル中毒が原因で婚約者に去られた過去があるらしい。片思いのハッピーを口説き続けて紆余曲折があったものの、めでたくゴールイン。任務遂行中に起きたハプニングのせいで結婚式予定日に会場に行きそこねてしまうが、機転を利かせたペイジのおかげでスコーピオンたち行きつけのダイナーで無事、結婚式を挙げる。

エディ・ケイ・トーマス Eddie Kaye Thomas

1980年10月31日、米ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。7歳の時に舞台子役俳優としてデビュー。ティーンの時には「アンネの日記」の舞台劇化作品でナタリー・ポートマンと共演したことも。1994年、カナダのホラー・ファンタジー・ドラマ「Are You Afraid of the Dark?(原題)」でTV初出演し、その後は「フェリシティの青春」や「LAW & ORDER」などのドラマにゲスト出演。映画の出演作には『アメリカン・パイ』シリーズや『夏休みのレモネード』などがある。

ハッピー・クイン/Happy Quinn (声:田村聖子)

機械工学の天才。精密なコンピューター機器から、車のメカ、錠前まで、扱えない機械はない。あり合わせのものから事件の捜査に役立つ道具をスピーディに組み立ててしまうことも得意。幼い時に養子に出され、理解され愛されながら育てられた経験がなく、他人を信用して心を開くことができない頑なな性格を持っている。言うことは概して辛口だが、ペイジの息子ラルフには優しく接する。しつこく口説かれても冷たくあしらってきたトビーに対し、何度も窮地を助けられたりしているうちに、次第に心を開くようになって遂にスコーピオンの仲間たちからも公認される恋人関係に発展。トビーにプロポーズされた際、ウォルターのグリーンカード取得のために擬装結婚していた事がバレて一悶着するが、最終的に全て丸く収まり、晴れてトビーと結婚する。

ジェイディン・ウォン Jadyn Wong

カナダ・アルバータ州で、香港からの移民である両親の間に生まれる。カルガリー大学で経営学を専攻するが、アメリカ/カナダ共同製作のミニシリーズ「ブロークン・トレイル 遥かなる旅路」のジー・ムーン役にキャストされたため大学を中退し、女優としてデビュー。「バトルスター・ギャラクティカ」のスピンオフ「CAPRICA(原題)」や、デビッド・クローネンバーグ監督の『コズモポリス』など、アメリカ、カナダ両国のTV ドラマ・映画に出演している。

シルヴェスター・ドッド/Sylvester Dodd (声:原田晃)

人間計算機的な知能を持つ天才数学者。自分の才能を活かしてトビーと一緒に銀行強盗をはたらいていたが、ウォルターと知り合ってスコーピオンの仲間になる。強迫神経症で潔癖性。危険なことは極力避けようと努め、スコーピオンの任務が少しでも危なそうに見えるとパニック気味になるが、知力を競うゲーム番組に出演するなど、根っからのオタクぶりを発揮することも。愛し合うようになって結婚したウォルターの姉メーガンが多発性硬化症で亡くなった事に落ち込むが、スコーピオンのチームメイトたちに励まされて立ち直っていく。取り壊されそうになったお気に入りの本屋を救おうとしたことをきっかけにウエスト・アルタデニアの市長選に立候補するが……。

アリ・スティダム Ari Stidham

1992年8月22日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。俳優としてだけでなく、脚本家、監督、そしてミュージシャンとしても活躍中。仕事の合間には即興劇やスタンダップ・コメディもこなす。減量キャンプに参加するティーンたちを描いたTVドラマ「Huge(原題)」にレギュラー出演したほか、「Glee」や「マイク&モリー マシュマロ系しあわせ日記」などの番組にゲスト出演している。

ラルフ・ディニーン/Ralph Dineen (声:岡純子)

ペイジの息子。10歳にして、ハーバード大やMIT(マサチューセッツ工科大)などの名門大学に入学を許されるほどの知能を持つ天才児。空港のコンピューターが故障して旅客機が墜落する危機に陥った事件で、スコーピオンに出会う。同年齢の子供たちよりもスコーピオンのメンバーたちとの方が話が合ったりする。成長するにつれ、スコーピオンの任務に関わる事が増えて他のメンバーたちからも頼りにされるように……。

ライリー・B・スミス Riley B. Smith

2005年9月2日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。3歳の時にジェニファー・ロペス主演の映画『カレには言えない私のケイカク』で俳優デビュー。その後は「ザ・ミドル~中流家族のフツーの幸せ」などのコメディ・シリーズやTVコマーシャルに出演。

フローレンス・ティプトン/Florence Tipton (声:小島幸子)

シーズン4第7話より登場の新キャラクター。スコーピオンの隣に引っ越してきてラボを設置することになった化学者。越してきた直後にスコーピオンの立てる音がうるさく近所迷惑だったため共同の通気孔に硫黄ミストを流すという、スコーピオンメンバーに負けず劣らずの社会性の低さを発揮する。しかし、過去にはいじめられていたこともあるようで、似た者同士のようなところもあるメンバーとはすぐに打ち解け、行動を共にしていくように。

ティナ・マジョリーノ Tina Majorino

1985年2月7日、米カリフォルニア州生まれ。9歳の時に『男が女を愛するとき』で映画デビュー。その後も子役として重要な役をこなし、『コリーナ、コリーナ』、『ウォーターワールド』などで注目を集める。一旦休業したのち、2004年『ナポレオン・ダイナマイト』で復帰。その後はドラマに多く出演し、「ヴェロニカ・マーズ」、「ビッグ・ラブ」、「グレイズ・アナトミー」などでゲスト出演している。言葉を覚える前から歌を歌っていたといい、7歳の時からオペラを習っている。兄ケビンと共に“The AM Project”というバンドを結成したこともある。

作品基本情報

原題: SCORPION
データ:シーズン4・2017~2018年/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/シーズン4・全22話/HD作品
企画:ニック・サントーラ
製作総指揮:スクーター・ブラウン、ヘザー・カディン、ジャスティン・リン
出演:エリス・ガベル、ロバート・パトリック、キャサリン・マクフィー、エディ・ケイ・トーマス