MACGYVER/マクガイバー

ニュース

作品概要

80年代の人気ドラマ「冒険野郎マクガイバー」が復活!
科学の知識と機転を利かせ、あらゆるミッションを遂行していく主人公マクガイバーの活躍を描いた、全米大人気の痛快アクション超大作を独占日本初放送!

イントロダクション

80年代に一世を風靡した痛快アクション・ドラマ「冒険野郎マクガイバー」が復活! 豊富な科学知識と驚くべき機転で難局を切り抜け極秘任務を遂行していくヒーロー、マクガイバーが25年ぶりの時を経て新たなミッション、新たな冒険に乗り出す──。 

「冒険野郎マクガイバー」のリブート版である「MACGYVER/マクガイバー」は全米CBSネットワークにて2016年9月から放送が開始されると、第1話で視聴者数1411万人※という好調な滑り出しを見せ、シーズン1の終了前に早くもシーズン2の制作が決定。幅広い層の視聴者をつかんで全米で大きな注目と話題を集めている最新大型アクション・ドラマだ。

アメリカ合衆国政府の秘密組織の諜報員であるマクガイバーは、元軍人で相棒のジャックや天才ハッカーのライリーと共に、国内外を問わず一筋縄ではいかない難事件を持ち前のシャープな頭脳と天才的発想で鮮やかに解決していく。

暴力反対主義のユニークなヒーロー、マクガイバーには、映画『X-MEN』シリーズのミュータント、ハボックことアレックス・サマーズ役で知られる若手スター、ルーカス・ティルが抜擢され、理知的な雰囲気を漂わせながらも、少年っぽさの残る甘いルックスがチャーミングな“新マクガイバー”を好演している。マクガイバーを支える相棒のジャックにはTV「CSI: 科学捜査班」のニック・ストークス役でおなじみのジョージ・イーズが扮し、デルタフォース上がりの肉体派というマクガイバーとは対照的なキャラクターながらも彼と相性の良いバディぶりを披露している。また、マクガイバーの親友でルームメイトのボーザーにTV「ラッシュアワー」のジャスティン・ハイアーズ、ハッキングの天才ライリーにTV「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のトリスティン・メイズ、マクガイバーの上司ソーントンにTV「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のサンドリーヌ・ホルトが扮し、華を添えている。


注)初回放送当時の情報となります
※ライブ視聴と録画視聴の合計視聴者数

見どころ

銃器には頼らない! 頭脳で戦う理系ニューヒーローが秘密組織で大活躍

80年代に暴力反対主義の個性的なヒーローとして登場した「冒険野郎マクガイバー」の主人公は、銃を使うことを好まずスイスアーミー・ナイフを愛用、相手が銃器で攻撃してきても科学の知識で対抗する姿が視聴者の大きな支持を得ていた。そんなオリジナル版の精神をそのまま受け継いだ本作は、いまや銃を使うのが当たり前となっている犯罪捜査ドラマやスパイ・アクションとは一線を画す作品となっており、従来のファンは懐かしさを、ミレニアム世代の視聴者は新鮮味を覚える最新大型アクション・ドラマとして話題を呼んでいる。あくまで平和を信条として戦うマクガイバーが、いま人々が求める魅力的なヒーローとして再び注目されているのだ。

その場にある物でDIYサバイバル! マクガイバーの独創的発想に注目

オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」で視聴者がワクワクしながら見ていたのは、マクガイバーがダクトテープやクリップ、ガムやチョコレートなど身に付けていた物、肥料や消火器、鉄の棒やアルミ箔といったその場で調達した物を使って即席の武器やあっと驚く装置を作り上げ、見事に危機を脱し事件を解決していくシーン。本作もオリジナル版同様、マクガイバーが独創的発想と創意工夫で即座に高度なDIY を繰り広げるシーンが見ものとなっている。しかも、今回のマクガイバーはアメリカの名門大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)で学んだという設定になっており、その物理や化学をはじめとする科学的知識は歩く百科事典並み。加えてサウスイースタン・ルイジアナ大学の物理学教授レット・アランがテクニカル・アドバイザーとして脚本をサポートしており、石膏の粉末を使って手形認証を突破する、肥料から即席爆弾を作るなど、劇中に登場する様々な科学的テクニックがより分かりやすくリアルに描写されている。

陸・海・空で繰り広げられる派手なアクションが炸裂!

頭脳を駆使するだけでなく、ここぞという時には命の危険も顧みず体を張ってミッションを成し遂げるマクガイバー。彼が銃を使わず手作りの装置を多用しているからといって、アクションがスケールダウンすることはない。それどころか他のドラマでは味わえないような新鮮な驚きと爽快感が待ち受ける、大規模なアクション・シーンが冒頭からテンポよく展開する。飛行機にぶらさがる迫力のスタント、お手製の爆弾を投げながら逃げる壮絶なカーチェイス、離れた地点からある物を使って弾薬箱に火をつけていく危険な爆破シーンなど、どのエピソードも手に汗握るアクション・シーンが満載で、毎回視聴者を飽きさせない。

ヒーローを支える最強のチームメイトと陽気なルームメイト

マクガイバーとともに秘密組織のメンバーとして活躍するのが、マクガイバーとは対照的に米陸軍特殊部隊デルタフォース出身で実戦経験も豊富な肉体派エージェント、ジャック・ダルトン。そして、元服役囚といういわくつきの天才女性ハッカー、ライリー・デイヴィス。また、自身も元エージェントとして現場経験を持つパトリシア・ソーントンがマクガイバーたちの上司として登場する。このように、オリジナル版ではマクガイバーの悪友だったジャック・ダルトンが組織の相棒となり、上司が男性のピーター・ソーントンから女性に変更され、仲間として新たにITに強い女性が加わっているのが、現代的にバージョンアップされたところ。さらに、コミックリリーフとしてマクガイバーのルームメイト、ボーザーというキャラクターが新たに登場、マクガイバーと彼との愉快なやりとりが視聴者をリラックスさせ劇中のアクセントとなっている。

マクガイバー役は『X-MEN』シリーズの若手俳優、ルーカス・ティル

マクガイバーのキャスティングはオリジナル版のリチャード・ディーン・アンダーソン(シーズン1放送開始時35歳)よりも若返り、当時26歳のルーカス・ティルが抜擢された。彼は映画『X-MEN』シリーズの重要キャラクターのひとり、ミュータントのハボックことアレックス・サマーズ役で知られる期待の若手スター。理知的な雰囲気を漂わせつつも少年っぽさを残した金髪の甘いルックス、鍛えられたセクシーな肉体で新たなマクガイバー像を好演しており、幅広いファンをつかんでいる。また、相棒ジャック役は「CSI: 科学捜査班」でニック・ストークスを演じていたジョージ・イーズ、ルームメイトのボーザー役はTV版の「ラッシュアワー」にジェームズ・カーター役で主演したジャスティン・ハイアーズ。さらに、ハッキングの天才ライリー役は「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のトリスティン・メイズ、上司ソーントン役は「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のサンドリーヌ・ホルトと、海外ドラマでおなじみのキャストが勢ぞろい。芸達者な俳優らがそれぞれ個性を出したキャラクターを好演していることで、緊迫したアクションだけでなくユーモアと人情味のあるヒューマン・ドラマも大いに楽しめる。

声優・歌手・俳優と多彩な才能で魅了する宮野真守がマクガイバー役で米ドラマ初主演!!

日本語吹替版でマクガイバー役をつとめるのはアニメ「DEATH NOTE」、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などで主演を務め、俳優・歌手としても活動する人気声優、宮野真守。アメリカドラマの主演吹替えは本作が初となる彼が、その豊かな表現力でウィットに富んだセリフやモノローグの多いマクガイバー役を生き生きと演じ、日本語吹替版を魅力的なものにしている。その他、マクガイバーの相棒ジャック役に土田大、天才女性ハッカーのライリー役に永宝千晶、マクガイバーの親友ボーザー役に安田裕など、実力派&フレッシュな人気声優陣が集結!

オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」のマクガイバー役声優・石丸博也のナレーションによる吹替・解説放送版もあわせてオンエア!

本作については、目の不自由な方々に対して副音声による解説を行い、番組内容をお伝えする“吹替・解説放送版”もあわせてオンエア。キャストのセリフなどだけでは表現しきれないト書き的な情景描写等を、ナレーターが補完的に説明して伝えていく、本作の“吹替・解説放送版”のナレーターをつとめるのは、オリジナル版「冒険野郎マクガイバー」のマクガイバー役や、ジャッキー・チェンの吹替でもおなじみのベテラン声優・石丸博也。オリジナル版のマクガイバー=石丸博也と、リメイク版の新マクガイバー=宮野真守、2人の声を同時に楽しめる吹替・解説放送版を見られるのはスーパー!ドラマTVだけ!

日米で大人気を博したオリジナル版 「冒険野郎マクガイバー」

全米で1985~1992年まで全7シーズンが放送され、人気を博した痛快アドベンチャー・シリーズ「冒険野郎マクガイバー」。日本でもTV放送されると熱狂的なファンを生み、主人公のマクガイバーが愛用するスイスアーミー・ナイフを購入する人が続出した。マクガイバーを演じたリチャード・ディーン・アンダーソンは、後にロングランSFシリーズ「スターゲイト SG-1」でも主演をつとめた。

「冒険野郎マクガイバー」
動画配信サービス「スーパー!ドラマ クラシック」にて好評配信中!

ストーリー

アンガス・マクガイバー(愛称マック)は秘密組織で働くエージェント。友人のボーザーと同居しているが、彼の前ではシンクタンクに勤務しているふりをしており、日々、危険な極秘ミッションを遂行している。そんな彼の相棒を務めているのが、軍務経験もある元CIAエージェントのジャック・ダルトン。ある日、上司のパトリシア・ソーントンの指示のもと、ジャックと分析官で恋人のニッキと共にある金庫室への潜入を試みていたマクガイバーは、生物兵器と見られる容器の回収任務に何とか成功するものの、突如謎の男にその兵器を奪われニッキと共に撃たれてしまう。

それから3か月後。かろうじて命は助かったマクガイバーだったが、ニッキを亡くし心に深い傷を負っていた。そんな中、奪われた生物兵器によってグリーンランドの研究者が殺され、ソーントンはその犯人の正体を突き止め兵器を回収するべく、マクガイバーとジャックを諜報部へ呼び戻す。ニッキのコンピューターから事件の手掛かりを探るため、ジャックの知り合いのハッカーで、現在は刑務所に収監されているライリー・デイヴィスの力を借り、正体不明の犯人が兵器を使ってある取引をかわす予定であることを突き止める。

さっそく取引の現場を押さえようとサンフランシスコに向かったマクガイバーたちだったが、そこで信じられない光景を目にすることに……。

各話あらすじ

放送時間

キャスト

アンガス・マクガイバー/Angus MacGyver (声:宮野真守)

アメリカ合衆国政府の秘密組織のエージェント。愛称マック。マサチューセッツ工科大学中退。不発弾処理専門家として米軍に3年間勤務した後、諜報機関にリクルートされ、ジャック・ダルトンとパートナーを組んで仕事をするようになる。平和主義者で銃を携帯することを拒否。代わりに愛用のアーミーナイフを常に持ち歩き、豊富な科学知識と持ち前の独創的な発想力で周囲にある種々雑多なものを使って即席の武器をこしらえたり、危機を脱出する装置を作り上げたりする特技がある。

ルーカス・ティル Lucas Till

1990年8月10日、米テキサス州フォートフッド生まれ。10歳の時にコマーシャルや広告への出演を始め、映画『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』でマイリー・サイラスの恋人役を演じ、その後、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のハボックことアレックス・サマーズ役に大抜擢されブレイクを果たす。かつてテイラー・スウィフトのミュージック・ビデオにも出演し、テイラーとの交際でも注目を集めた。

ジャック・ダルトン/Jack Dalton (声:土田大)

マクガイバーのパートナー。元CIAで対テロ作戦を遂行するアメリカ陸軍の特殊部隊デルタフォース出身。マクガイバーとは違い銃を携行し、銃撃の腕もあるバリバリの肉体派で、マクガイバーのチームにとっては用心棒的存在。

ジョージ・イーズ George Eads

1967年3月1日、米テキサス州フォートワース生まれ。1994年、映画『Dust to Dust(原題)』で俳優デビュー。1997年にTV「サバンナ」に出演した際は第1話で死ぬ役を演じたが、非常に人気があったため回想シーンで何度も登場した挙句、双子が居たという設定でカムバックしたという逸話が残っている。その後、TV「CSI: 科学捜査班」のニック・ストークス役で人気を博し、テレビ・スターのステイタスを確かなものにした。

ライリー・デイヴィス/Riley Davis (声:永宝千晶)

ハッキングの罪で服役中だったが、奪われた生物兵器を回収する任務で天才ハッカーの人材を必要としたマクガイバーたちのチームに引き抜かれることに。小柄で可愛らしいルックスとは裏腹にタフで世慣れたところがある。

トリスティン・メイズ Tristin Mays

1990年6月10日、米ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。1996年に子役としてデビュー。その後は子役・ティーン・スターとしてTV「エイリアス」や「プライベート ~女子寮連続殺人事件」などにゲスト出演。「ヴァンパイア・ダイアリーズ」ではサラ・ネルソンを好演した。

ウィルト・ボーザー/Wilt Bozer (声:安田裕)

マクガイバーの子供時代からの親友でルームメイト。映画監督になるのが夢で、アルバイトの仕事をしながら特殊メイクマスク作りの腕を磨いたりしている。料理にもこだわりを持っており、その腕前もなかなか。マクガイバーの仕事の正体を知らずシンクタンクで働いていると思っている。

ジャスティン・ハイアーズ Justin Hires

1985年6月24日、米フロリダ州セントビーターズバーグ生まれ。2005年に映画デビュー。米CBSで2016年に放送されたTV「ラッシュアワー」では主演をつとめた。その他の出演作には『ストンプ・ザ・ヤード』や『21ジャンプストリート』などがある。

パトリシア・ソーントン/Patricia Thornton (声:日野由利加)

マクガイバーが所属する組織の上司。かつては現場のエージェントとして活躍した経験を持つ。理性派のリーダーで、あらかじめ計画された作戦から逸れて行動しがちなマクガイバーとジャックのコンビの手綱を締める役割を果たすことも多い。

サンドリーヌ・ホルト Sandrine Holt

1972年11月19日、英ロンドン生まれ。父親は広東系中国人で母親はフランス人。5歳の時に家族と共にカナダに移住。1989年にカナダのTVシリーズ「Friday's Curse(原題)」で女優デビューする前は178cmの長身を活かしてモデルとしても活躍していた。TV「メンタリスト」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などゲスト出演は多数。フランス語に堪能。