海底大戦争 スティングレイ 完全版 ストーリー

「サンダーバード」のジェリー・アンダーソンがおくるスーパーマリオネーションの初期傑作!

ストーリー

2065年、世界の平和を守る機関として、世界海洋安全機構WASP(ワスプ-World Aquanaut Security Patrol)が設立された。拠点となるマリンビル基地は、敵の攻撃を察知するとすぐに防御体制へと変換されるハイテクビルである。そのWASPの最新技術によって生み出されたのが原子力潜水艦スティングレイ(「アカエイ」の意)だ。海中を600ノット、海上を400ノットで航行し、T.N.T.爆弾1000トンのパワーを有するスティング・ミサイルを装備、全世界のどんな海域にも出動できるスーパーメカである。
乗り込むのは冷静沈着なトロイ・テンペスト艦長と陽気な“フォンズ”ことジョージ・リー・シェリダン副長。WASPマリンビル基地の司令官サムとその娘でオペレーターのアトランタからの指令を受け出動するのだ。未知の海底世界では、海底魔王タイタン率いる海底王国タイタニカが、潜航艇フグトラ号を使って攻撃を仕掛けてくる。タイタニカから救出した、海底国ダンマリニアの美女マリーナも仲間に加わり、スティングレイは今日も大海原に乗り出していく。

ページトップ

© Copyright ITV plc (Granada International)