ロンドン指令X

幻のジェリー・アンダーソン作品!
マリオネーションとライブアクションを融合した斬新なスパイ・シリーズ

ロンドン指令X

作品概要

ジェリー・アンダーソン制作のスーパーマリオネーション。日本初放送時にカットされた部分を復元し、一部字幕で補った完全版でオンエア!

「静かな田舎町の教会。この窓に立つ、穏やかな顔つきのスタンレー神父が、実はイギリス情報部の特捜員であることは誰も気がつくまい。しかし、ひとたびロンドン本部から指令Xがとぶと、スタンレー神父と助手マシュウは秘密兵器ミニマイザーを頼りに、恐るべき国際犯罪網やスパイ組織の中に敢然と飛び込むのだ。」
-オープニングナレーションより

国際的な難事件が発生したとき、ロンドンに本部を持つ英国秘密情報部X作戦課ビショップ(BISHOP-British Intelligence Service Headquaters Operation Priest)より、スタンレー・アンウィン神父と助手のマシュウ・ハーディングに指令Xが発令される。この二人、ある田舎の教会の神父と庭師なのだが、実は腕利きの諜報部員なのだ。
スタンレー神父は、教区の故ハンバード教授から遺産として託された、物質を1/3に縮小する「ミニマイザー」なる装置を持っている。人類のためにミニマイザーを役立てて欲しいという教授の遺言から、神父は英国秘密情報部のために活用することにしたのだ。指令を受けた神父は、助手であるマシュウをミニマイザーで縮小してカバンに入れ、1917年フォードT型「ガブリエル」に乗って現場へ急行。小さくなったマシュウは敵地に潜入、隠密行動で様々な陰謀を阻止する!!

解説

ジェリー・アンダーソン制作のスーパーマリオネーション。前作「ジョー90」と同様スパイものである。本作で「スーパーカー」から続く、一連のスーパーマリオネーション作品はいったん終了し、以後「謎の円盤UFO」などのライブアクションに移行することとなるが、本作はマリオネーションとライブアクションとの融合を目指した意欲作で、神父の顔や手のアップは人形ではなく俳優スタンレー・アンウィン自身の映像が使われているといった、まさにライブアクション作品への橋渡し的存在となった。また日本では初回放送以来ほとんど再放送がなされず、スーパーチャンネルでもこれが初放送となる大変レアな作品である。

スーパー!ドラマTVでは、驚異的な美しさのデジタルリマスター、さらに日本初放送時にカットされた部分を復元し、一部字幕で補った完全版でオンエア!この形式での放送は日本初(第1話、7話、9話のみ一部字幕となります)!!

作品基本情報

原題 ロンドン指令X
THE SECRET SERVICE
データ 1969年/イギリス/COL/二カ国語/30分/全13話/スーパーマリオネーション(超人形劇)
製作総指揮 デレク・メディングス(映画『007』シリーズ『スーパーマン』『バットマン』)
スタッフ ジェリー&シルビア・アンダーソン(『サンダーバード』『スペース1999』)
バリー・グレイ(『サンダーバード』『謎の円盤UFO』)
出演 スタンレー・アンウィン
あらすじ

© Copyright ITV plc (Granada International)